赤ちゃんのあせも対策で薬は使える?薬を使わない治し方とは?


暑くなってくると増えてくるのが夏の肌トラブル。
冬の乾燥に伴うトラブルとは違い、汗にまつわるものが多いです。

大人も汗の季節になると何かと痒かったりしますよね。
お肌がデリケートな赤ちゃんは常に肌トラブルに晒されているんです。

赤ちゃんの夏にはつきものの「あせも」。
ここではその原因予防法対策をまとめてみました!

スポンサードリンク


 

赤ちゃんのあせもができる原因は?

赤ちゃんにあせもが出来やすい原因をご存知ですか?

まず赤ちゃんは暑いなと感じた時に、自分で衣類の調節や
室温の調節も出来ませんし、それを大人に訴えることが出来ません。
ですから、大人に比べて体温があがりやすくなっています。

そして赤ちゃんには生まれたときから、
既に大人と同じ数の汗腺があります。

小さな面積の体にたくさんの汗腺がひしめいているんです。

更に、赤ちゃんの体はまだ未熟で自分の体温を調節する機能がきちんと
働かないことがあります。

だから体温を下げる方法を汗をかくことだけに頼ることになります。

ですから大人よりずっとたくさんの汗をかいてしまうんですね。

その大量の汗が、ときに汗腺を詰まらせてしまい、
そこに炎症がおきるのが「あせも」なんです。

9-1

あせもの予防法は?

あせも予防の一番の方法は、

汗をたくさんかかせないことや
かいてもすぐに流してあげることです。

室内にいるときは出来るだけ温度や湿気をコントロールして
あげるのがいいですね。

適温は25~28度ぐらいです。

汗をかいた時は、その都度さっとシャワーで流してあげると
あせもを予防することが出来ます。

またシャワーが無理な時は絞ったガーゼなどで
ぬぐってあげるだけでも効果があります。

ただその時は決してこすったりせず、
ポンポンと押し拭きをしてあげてくださいね。

また着せる服にも工夫が必要です。
風通しがよく、また汗をよく吸い取る素材や形を選んでください。

脇の周りにあせもが出やすいタイプの子はノースリーブより
半そでの方が向いています。

背中に入れておいて汗をかいたら、抜き取るタイプの
汗取りパッドなども使いやすいと思います。

抱っこや授乳の時に、ママと密着する部分も非常に汗をかきやすいですので
ガーゼを挟んであげるなどの工夫をしてあげるといいですね。

赤ちゃんにあせもができてしまったら薬は使える?

9-2

あせもが出来てしまったら市販のお薬を使ってあげるのも手です。

夏には薬局にたくさんのあせも対策のお薬が並びます。

基本的に赤ちゃん用のお薬は低刺激のものが多いです。

少し使ってみて、その子の肌に合うようなら使ってみてもいいでしょう。

昔はあせも対策の定番だったのが、ベビーパウダーです。

最近では汗腺を余計に詰まらせる原因になると言われていて
あまり使われなくなっています。

ですが市販のお薬が肌に合わないようであったり
痒そうにするようであれば、
皮膚科や小児科で相談することをおすすめします。

掻いてしまったところが傷になり、そこから別の肌トラブルへ
発展することも少なくないからです。

とびひなどになってしまうと、赤ちゃんもママも大変ですので
気をつけましょう。

薬を使わない治し方は?

あせもは軽度であれば、お肌を清潔に保つことで
自然に治すことも出来ます。

こまめなシャワー汗拭き室温や湿度のコントロール
汗をかかせない工夫、汗を吸いやすい衣類などの見直しを
徹底することが大切です。

チャイルドシートやベビーカーなども汗をかきやすい環境ですので
夏用のグッズなどを利用して少しでも涼しくすごせるように
してあげるのもいいですね。

お薬であせもを治しても、また汗をかいて放っておけば
すぐに再発します。

予防のためにもあせもを治すためにも
こまめな汗ケアはとっても大事です。

9-3

まとめ

赤ちゃんのあせもはなかなか避けようがありません。

夜だけでなく、朝起きてすぐにシャワーや
遊びから帰ってきたらシャワーをしてあげる習慣をつけると
比較的、酷くならずに済むことが多いようです。

風通しがよく、汗をよく吸う綿の肌着なども
最近はいろいろなメーカーが出していますので
利用するといいでしょう。

お薬を使わなくても改善する場合も多いです。

しかし、かゆみがある場合はすぐにお薬を使うことが
結果的にトラブルを早く小さく収めることが出来ます。

いざという時のお薬は用意しておくといいかもしれませんね。

夏はあせもだけでなく、虫さされや日焼けなどの
トラブルも増えてきます。

しっかりと赤ちゃんのお肌を守って楽しい夏を過ごしましょう!

スポンサードリンク

 
  関連コンテンツ  

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ