リンスとコンディショナーとトリートメントの違いは?


髪のお手入れにシャンプーとリンスは当たり前になっていますよね。

シャンプーだけだとゴワゴワになってしまう髪が、
シャンプーの後にリンスをつけることで指通り滑らかに。

ところでリンスと同じようなものにコンディショナーがありますが、
この二つはいったい何が違うのでしょう。

両方ともにシャンプーの後で使うものですが、
リンスコンディショナー違いについて調べて見ました。

スポンサードリンク

リンスとは?

リンスとは、言葉をそのまま翻訳すれば
「すすぐこと」という意味になります。

確かにリンスはシャンプーの後のすすぎに使いますよね。

「リンス」という呼び名で通っていますが、
正確にはシャンプーの後で使うものはヘアリンスです。

油分で毛髪をコーティングするのがリンスの役目。

リンスの成分であるジメチコンなどの油分や
陽イオン系界面活性剤が髪の表面に付いて髪を滑らかにします。

髪のすべりが良くなると、キューティクルが傷みにくくなるのです。

キューティクルとは毛髪の表面を覆っている部分のこと。

このキューティクルが外の刺激から毛髪を守り、
たんぱく質や水分が失われないようにして髪にツヤを与えています。

髪の根元から毛先に向かって魚のウロコのように重なり合っていますが、
一枚が非常に薄いので剥がれやすく傷みやすいのです。

リンスをすることでキューティクルが守られれば、
髪はパサつかず滑らかになりますよね。


   

コンディショナーとは?

コンディショナーもリンスと同じように
髪の表面に油分を与えてコーティングする薬剤です。

このコンディショナー、実はリンスと区別する明確な定義はないようなのです。

メーカーによってはリンスをコンディショナーと呼ぶところもあるようで。

つまりリンスもコンディショナーもほとんど同じもの。

コンディショナー(状態を整えるもの)という名称から考えると、
髪の状態を整えるというところがリンスより強調されているのではないでしょうか。

美容関係の方によれば、

リンスにトリートメントの効果を少し加えて、
髪の表面のカバーだけでなく内部にも栄養分を与えるものを
コンディショナーと呼んでいるようです。


   

トリートメントとは?

トリートメント治療、処置という意味です。

痛んだ髪を治す目的で使うのがトリートメント。

トリートメントは髪に染み込んで
髪の中から傷みを治療してくれるものです。

主な成分としてカチオン界面活性剤とコンディショニング剤、
毛髪保護成分が配合されています。

髪質の改善、髪内部の修復、手触り感などは、
これらの成分の配合具合によって決められるようです。

トリートメントをつけた後に少し時間をおくのは、
薬剤を髪の中まで十分に染み渡らせるためなのですね。

リンスとコンディショナーとトリートメントの違いを簡単に説明

大きな違いはリンスとコンディショナーが髪の外側から保護するもの、
トリートメントが髪の中から傷みを治すものです。

リンスとコンディショナーの違いははっきりしていませんが、

リンスはシャンプー後の髪をすすぎやすくするもの、
コンディショナーは髪の痛みを防ぐ目的がリンスよりも強いもの

と区別できるのではないでしょうか。

トリートメントはコンディショナーよりも痛みの治療効果が強いもので、
髪の内部まで浸透します。

傷みの治療効果からいえば
リンス、コンディショナー、トリートメントの順で効果が大きくなるわけですね。

最後に

頭髪や頭皮を洗うために使うシャンプーには
アミノ酸系、高級アルコール系、石鹸系などがありますが、
いずれも皮脂を落とす目的で使うものです。

そのため髪の油分も必要以上に落ちてしまうので、
シャンプー後の髪はギシギシゴワゴワ指通りが悪くなります。

そのままでは髪が傷んでしまうので、
リンスやコンディショナー、トリートメントなどで
お手入れをする必要があるわけですね。

シャンプーにリンス効果も加えたリンスインシャンプーならばそのままで。

最近では表面の補修だけでなく、
髪の内部にまで浸み込んで
内部から補修するトリートメント効果のあるリンスもあるようです。

シャンプーやリンスの種類も増えてきています。

自分に合ったものを見つけるのも大変ですが、
一つあるといいですね。

スポンサードリンク

 
  関連コンテンツ  

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ