短時間で出来る縄跳びダイエットのやり方と注意点


夏に近づくと、ダイエットしなくちゃ!!と思う人多いですよね。

実は、私もその一人。

でも、暑いし時間もないし・・・

いやいや時間は作るものよ。とよく言われるのですが、なかなか出来ません。

そこで、縄跳びダイエットがおすすめです。

子供の頃に一度は、したことのある縄跳び。

時間もそんなにかからないし、子供の縄跳びを借りてできます。

そんなに難しくないし、ダイエット出来るなら、試してみよう。

やり方注意点に気を付けながら、無理をしないように。

スポンサードリンク

縄跳びダイエットとは?

『1日10分で脂肪燃焼できる、縄跳びダイエット』

縄跳びは全身運動で、体脂肪燃焼効果のある有酸素運動です。

普通の前跳びだけでも軽いランニングやウォーキングの
1.3~2倍もの効果があるといわれています。

縄跳びは、ランニング:約8km/h・水泳(クロール):約2.7km/hと
同じ運動をした時の消費カロリーと同じです。

消費カロリーは体重50kgの成人女性が10分間跳んだ場合で60~70kcal

縄跳びダイエットに使用するなわとびは、

100円ショップでも購入可能ですし、
本格的なものを使用したい場合はボクサー仕様の縄でも良いです。

100円ショップではだいたい100グラム位、
ボクサー仕様のものだと300グラム以上の重さになります。

はじめは、100円ショップのものから始めると、いいかもしれません。

縄跳びダイエットのやり方

縄跳びも購入したところで、いよいよ始めたいと思います。

はじめから、たくさんすると、後々続かなく、なってしまいます。

以下のことを参考に始めましょう。

・顎を少し引き、目線は正面を見て跳びましょう。

・1分間に60回程度を目安に2分間跳び続け、30秒休憩×3~5セット

・1回の時間は10~20分が適切です。
 無理のないよう、ご自身の体力に合わせてセット数を決めましょう。

・はじめは1日おきでも構いませんが、
 慣れてきたら毎日継続して行うことを目標にします。

  

徐々に体力がついてきたら、
続けて20~30分跳ぶようにしていくのがベストのようです。

また、慣れてくると、

足を揃えてジャンプするのではなく
片脚ずつ交互に1歩か2歩ずつ飛んでみると、運動量が更に高まり
効果的な縄跳びダイエットになります。

ウォーキングやジョギングと違い、景色がずっと変わらないので、
音楽などを聴きながら気分良く飛び続けるのも継続させるコツです。

「エアなわとび」でも効果は同様に得られるようです。

縄跳びダイエットどこに効く

なわとびを跳ぶことで全身の筋肉を使い、
特にふくらはぎやももなど、下半身の筋肉が使われます。

ジャンプすることによって下半身引き締めに効果大です。

また、縄を回す動きで腕や肩を引き締める効果もあります。

女性の特に気になる下半身に効果的と言うのは、
断然やる気が沸いてきます。

年齢を重ねると、二の腕もプルンプルンだし・・・

また、
脚からお尻にかけての大きな筋肉が鍛えられることで基礎代謝がアップし、
やせ体質になることができます。

なわとびを継続的に行うことで心肺機能が向上し、
血流や代謝がアップ、体脂肪が燃焼されやすい体に変わっていきます。

縄跳びダイエット注意点

飛び跳ねることで、
膝や腰に負荷がかかります。

なわとびの前後にはストレッチを行うなど、
準備運動とクールダウンを必ずするようにしましょう。

縄跳びダイエットをするときに気を付ける事。

あまり高く跳ばないこと。

背中を丸めたり、後ろ体重になったりしないようにする。

インターバルをきちんと取る。

クッション性の高いスニーカーを履くようにする。

  

それと同時に、する場所にも注意しましょう。

固いコンクリートの上よりも芝生や土の上で行うほうが、
足腰に掛かる負担が軽減されます。

室内・公道・人の多い場所では、
危険であったり周囲の住民に迷惑であったりします。

女性の場合は、バストをある程度固定しないで縄跳びをすると、
バストラインが崩れる&バストの下垂といったトラブルを招く可能性もあります。

バスト崩れを防止し、
バスト固定のためにスポーツブラを着用するように心がけましょう。

まとめ

いかがでしたか?

まずは、100均の縄跳びから始めて、続きそうならば、いい縄跳びに。

なかなか痩せない下半身に効くとなれば、試したくなりますよね。

この夏は、少しスリムな自分とご対面出来るかも。

スポンサードリンク

 
  関連コンテンツ  

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ