物損事故の違反点数は?次回のゴールド免許はどうなるの?


車を運転しているとず心配になるのは、
もしも事故を起こしてしまったらどうしようということですよね。

そうならないために安全運転を心がけることはもちろんのことですが、

もし事故を起こしてしまったら、慌てるのは仕方がないことでしょう。

しかし対処法はしっかり学んでおいて、
なるべくことを荒立てず、穏便に済ませたいところですよね。

そのために今回は物損事故をテーマに理解していただこうかと思います。

物損事故を起こしてしまった場合、点数は減点されるのか、

どう対処すればいいのか、それらについて話していきたいと思います。

重要な事ですのでしっかりメモするなり頭の中に入れておき、

いざという時困らないようにしまよう。

スポンサードリンク

物損事故の違反点数は何点?

物損事故により違反点数が何点かを知る前に、

まずは物損事故の定義について見ていきましょう。

道路交通法の交通事故の定義では、人の死傷が無く

器物の損壊のみでの事故の場合を物損事故と言います。

このような物損事故では刑事処分や行政処分がありません。

誰か人を巻き込んでいる事故ではありませんので。

物損事故は基本的に違反点数罰金はありません。

しかし壊したものに対する損害賠償金はあります。

自動車保険の中で任意保険に入っていなければ、

修理代を支払わなければなりません。

ここで任意保険について念のため説明しておきますと、

自動車保険の中で自賠責保険と任意保険とがある中で、

強制的に加入させられる自賠責保険では、

補償しきれない部分を補うものが任意保険になります。

物損事故を起こすと次回のゴールド免許はどうなるの?

物損事故は、事故であることは間違いないありません。

しかし誰か人を巻き込んでいる訳ではないため、
刑事処分や行政処分はありません。

すると事故として記録されず、
ゴールド免許の無事故無違反には影響しないのです。

もし物損事故を起こしてしまった際は、

まず何よりも周りの人を巻き込んでいないことを確認し、

次に自身の身の安全を確認しましょう。

それでもって110番に連絡をし、

事故状況を説明してその場を収めることに努めましょう。

自身の加入する保険会社に連絡をするのはそれからでも十分です。

警察の記録した情報や相手側の証言などにより、

示談交渉をしていくわけですが、

その間にも終わった後にも減点されるということはありません。

免許は継続して無事故無違反の扱いとなり
ゴールド免許ということになります。

ゴールド免許の条件の無事故無違反とは?

先程物損事故では刑事処分、

行政処分がなされることはないと述べましたが、

刑事処分とは、懲役や罰金のことで、

行政処分とは免許停止、免許取り消しなどのことです。

物損事故では違反点数が加算されることはありませんので
無事故無違反には影響しません。

ゴールド免許の取得条件としては、5年間人身事故がないことと、

5年間加点対象になる交通違反がないことが挙げられます。

この5年間とは、
免許の有効期限年の誕生日から41日前の日以前の5年間のことを指します。

少しややこしいですね。

有効期限年の誕生日よりもずっと前に遡った5年間、

つまり有効期限年の誕生日から
41日前までの5年間が無事故無違反ならばゴールド免許でいられるということです。

まとめ

いかがでしたか?

ゴールド免許でいるためには
5年間の無事故無違反を守らなければならないということでした。

これは結構難しいことでもあります。

小さな減点でも一瞬にしてゴールド免許で無くなってしまうため、

車の運転には常に細心の注意を払っておく必要があります。

物損事故の場合は減点の対象にはならないからと言って、

事故を起こしていい理由にはならないのだということも
しっかり頭に入れておきましょう。

それとゴールド免許を維持しなければならないという強い固執感によって、
余計運転に力が入ったりもしないように注意もするべきでしょう。

それで事故を起こしてしまったら本末転倒です。

減点は良くないことですが、注意されるからこそ理解できることもあるかもしれない、
ということを頭の片隅にでもおいておくと良いでしょう。

スポンサードリンク

 
  関連コンテンツ  

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ