散歩とウオーキングの適した時間帯と消費カロリー


最近、季節も良くなったので、散歩を開始しました。

もちろん、雨の日はお休みです。

田んぼの真ん中を主人と、語らいながら歩いています。

夏になると、夕涼みがてら、歩く予定です。

仕事はしていますが、50歳を過ぎると、中年太り・更年期太りで
体重が増えていくばかりです。

そこで、健康目的、願わくばダイエットにもなればなぁ・・・

ウォーキングもよく言われますが、少ししんどそうなイメージ。

そこで、散歩ウォーキング、適した時間帯違いについて、
調べてみました。

スポンサードリンク

散歩ひ適した時間

散歩とは、気晴らしや健康などのために、ぶらぶらと歩くことであると、
ウィキペディア(Wikipedia)に載っています。

散歩は、ぶらぶら歩き、
目的は、なにか言いますと、ズバリ、気分転換という事でしょうか。

しかし、

散歩は下半身の筋肉を鍛えると共に、
目に飛び込んでくる風景や風や音やにおいなどが刺激になって
脳を活性化する良い運動といえます。

散歩の効果としては、

下半身の筋肉の刺激する
脳の活性化になる
五感の感性向上になっている

  

私は夕方に散歩をしているのですが、散歩をしている人と、よくすれ違います。

夕方は、散歩に向いているの?

最も散歩に向いている時間は朝!!

朝の散歩は、朝日のセロトニンを浴びて健康になる。

時間をある程度決めて散歩することで、体内時計が整い生活にリズムが出る。

代謝があがり、その日の消費カロリーもあがりやすくなる。

自律神経も無理なくスイッチが切り替えられて、やる気が出る。

  

など、朝の散歩で、このような効果が、あるようです。

しかし、健康を保つという点では、
いつ散歩をしてもあまり変わらないと思います。

とはいえ、夏の炎天下では、かえって、体を壊してしまうこともあります。

自分の生活リズムを崩さないように散歩を取り入れるのが一番です。

どれくらいの時間散歩すればいいの?

年齢によっても個人差がありますが、
疲れを残さず、無理なく続けられる時間としては、30分程度といわれています。

20~30分歩くと、血液や酸素の循環も良くなるので理想的ですね。

1日1万歩くらい歩くと良いと言われますが、
いきなり1万歩かえって疲れてしまいます。

自分に無理のないペースですることに意味があります。

万歩計もありますので、それを活用して、どのくらい歩けば丁度いいかを、
知らべてみるのもいいでしょう。

なるべく、景色のいいコースを自分で、探しながら、散歩すると、
散歩も楽しくなりそうです。

気に入れば、そのコースを自分の散歩コースの基本として、
時には、少し変えながら、散歩してもいいかも。

健康ために歩くウオーキング

ウオーキングは、散歩、歩くことによって健康増進を目的とした運動であると、
ウィキペディア(Wikipedia)に載っています。

ウォーキングは、スバリ健康ために歩く。

ウォーキングとしての歩き方は、ちょっと早歩きとなり、
軽く汗ばむくらい程度までの歩行運動が健康維持の歩き方のようです。

最終的な目的は、有酸素運動によって、
体内に蓄えられている体脂肪を燃焼させることなので、

ウォーキングでの有酸素運動としての効果を出すには、
20分以上続けることが必要です。

健康増進を目的とした運動であるので、姿勢も大切です。

姿勢を正し、真っすぐ立つ

肘を90度近くに曲げ、意識的に前後に振る

という事を頭の片隅において、ウォーキングしましょう。

最もウォーキングに向いている時間はあるの?

ウォーキングは、目的によって、効果の高い時間帯が違います。

健康維持が目的なら、
一日で体温が最も高くなる夕方の時間帯

ダイエットを目的とする場合は、血糖値が低い朝食前

  

に、ウォーキングするのが、効果が高いようです。

しかしこれ以外は、効果が無いという事は、ないです。

また、夏場は気温が下がる早朝や夕方、冬場は太陽の出ている時間にするのが、
身体の負担も少なくて、おすすめです。

しかし、おすすめ出来ない時間帯もあります。

夜寝る1~2時間前・・・寝つけなくなることがあります。

起きて1時間・・・起床後すぐにウォーキングする人は、いないと思いますが、
1時間ぐらいは、体を動かしましょう。

食後1時間以内・・・消化不良をおこします。

  

この時間帯はなるべく避けるようにしましょう。

散歩とウォーキング消費カロリーに違いはあるの

20分の散歩とウォーキングの消費カロリー大差ないようです。

健康面からすると、実は散歩でも十分脂肪燃焼します。

それどれの歩き方の1分間の消費カロリーです。

ブラブラ歩く(散歩):1分間に約2.7kcal
普通に歩く(平常歩):1分間に約3.3kcal
大またでサッサッと歩く(速歩):1分間に約4.2kcal

  

散歩の時間を約1.5倍多く歩くとウォーキング的な大またでサッサッと歩く(速歩)と
同じ消費カロリーになることがわかるとおもいます。

時間のある人は、散歩でも、十分なカロリー消費につながるという事です。

まとめ

いかがでしたか?

ウォーキングはちょっと・・・と思っていた人も、散歩はどうでしょう。

消費カロリーまあまり変わらないようですし。

これからは、100歳まで長生きするのではと言われています。

それまで、健康でいたいものです。

鳥のさえずりや、田んぼの移り変わりを見て、
楽しみながら、散歩をするのも、いいものですよ。

スポンサードリンク

 
  関連コンテンツ  

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ