東京五輪聖火ランナー募集と兵庫県のルート発表


*6月11日更新

先日、オルンピックのチケットの申し込みが始まり、
みんなが、殺到して大変なことになっていました。

我が家も、二人分申し込みはしました。

さて、半世紀以上の時を経てやって来る聖火。

「記念に走ってみたいな」なんて人も多いのではないでしょうか?

自分の家の近くならなおの事。

しかし、条件はあります。

聖火ランナー応募出来る条件応募方法

自分の住んでいる兵庫県のルートも知らべてみました。

スポンサードリンク

聖火ランナー応募チャンスは5回

各都道府県とスポンサー企業4社が一般公募を始めます。

日本コカ・コーラ・トヨタ自動車・日本生命保険・NTTの4社です。

日本コカ・コーラ6月17日後の3社6月24日から募集を開始します。

都道府県実行委員会7月1日からです。

応募締め切りは8月31日まで。

都道府県一つとスポンサー企業4社に各1回ずつ応募できます。

ということは、最大5回まで、応募できるわけです。

日本コカ・コーラ:6月17日~8月31日

トヨタ自動車:6月24日~8月31日
日本生命保険:6月24日~8月31日
NTT    :6月24日~8月31日

各都道府県:7月1日~8月31日

  

しかし、運良く複数当選したらどうしよう。なんて、考えていませんか?

心配ご無用。

複数の応募先で選出されることはなく、
走行できるのは1人1回のみとなっているようです。

募集要項の詳細は今後、各応募先が発表するようです。

決定の連絡は、12月以降に届きます。

大会組織委員会は「地域で活動している人を中心に選定する。」としています。

日本コカ・コーラの応募方法決定

日本コカ・コーラは同社のスマートフォン用アプリを使って応募できるキャンペーンを始めます。

対象商品を購入し、スマホのアプリを使ってポイントを貯めると応募できます。

条件は申込み時に12歳以上。

走りたい都道府県や志望理由が必要です。

  

友人同士で最大10人のグループでトーチを受け渡しながら走る「グループランナー」の公募も
始まります。(そんなのあったんだ)

参加を希望するランナーで、33種類の「チャレンジ」の中から、好きなものを選ぶ。

動画で撮影。

ツイッターに投稿。

  

東京五輪に実施される33競技にちなんだ33種類で、

水泳なら、
「おでこにペットボトルを乗せて、仲間で並んで背泳ぎ」だそうです。

成功・失敗は関係なく、投稿の本数に制限はないようです。

グループで何かをするのもいいですね。記念になるし・・・

これで当選すれば最高!!

聖火ランナー応募のポイント

まず、聖火ランナー公募に応募できる条件があります。

・2008年4月1日以前に誕生

・国籍、性別は問わない

・職場・学校・居住歴など、当該都道府県にゆかりがあること。

・参加は無料。交通費、宿泊費は自己負担

・必要なら介助者のサポートを受けられる

・政治的、宗教的なメッセージを発信する目的での応募は不可

・議員などの公職に就く人または、候補者、政治団体主宰者も不可

  

*来年3月1日時点で18歳未満の場合は、保護者の同意が必要。

いつからどんなところを走る

ランナーは全国で約1万人

3月26日福島県のサッカー施設「Jヴィレッジ」をスタート

復興へと歩みを進める被災地や世界遺産などの観光名所を巡ります。

主には、富岡製糸場(群馬県)・白馬ジャンプ競技場(長野県)
百舌鳥・古市古墳群(大阪府)・首里城(沖縄県)熊本城(熊本県)・錦帯橋(山口県)
平和記念公園(広島県)・鳥取砂丘(鳥取県)・姫路城(兵庫県)平安神宮(京都府)
民族共生象徴空間(北海道)・奇跡の一本松(岩手県)・南三陸さんさん商店街(宮城県)
富士山(静岡・山梨県)

岩手、宮城。福島の東北3県は、東日本大震災で被害を受けた海岸部を通過します。

熊本県は熊本地震で、大きな被害の出た益城町などが、ルートにくまれています。

スポーツに関わる場所も多く、

広島県は故坂井義則氏の出身地、三次市を、
大阪府はラグビーの聖地花園ラグビー場を、
関東圏では、茨城県鹿嶋市など、五輪会場の近くをランナーが駆け抜けます。

島根県の隠岐諸島・新潟県の佐渡島・長崎県の五島列島
といった離島も聖火は巡ります。

121日間で47都道府県の857市区町村を巡り、
7月24日の開会式で、新国立競技場の聖火台に点火します。

兵庫県内のルートは?

さて、わが町兵庫県は、どこを通るのでしょう?

日にちは5月24日~25日の二日間です。

ルートは決まっています。

1日目(5月24日)
豊岡市の六方河川防災ステーション立野拠点からスタートし、市役所市民広場

朝来市・・・竹田城跡~JR竹田駅

宍粟市・・・音水湖カヌー競技場~引原ダム

加東市・・・北播磨県民局社総合庁舎~市役所

小野市・・・市役所~新陸上競技場

加古川市・・・県加古川総合庁舎~鶴林寺

姫路市・・・大手前公園~姫路城三の丸広場が最終となります。

2日目(5月25日)
神戸市の県庁からスタートし、「BE KOBE]モニュメント前(メリケンパーク)

明石市・・・天文科学館~大蔵海岸公園

南あわじ市・・・西淡中学校~慶野松原ビーチバレーコート

西宮市・・・甲子園球場周辺~浜甲子園運動公園

尼崎市・・・市記念公園陸上競技場~尼崎城址公園

三田市・・・郷の音ホール~神戸電鉄三田本町駅周辺

丹波篠山市・・・篠山中学校~篠山城跡三の丸広場が最終となります。

一人の聖火ランナーが走る距離時間約200メートル、2分ほど。

1日当たりの聖火ランナー数は、80~90人が目安。

2日間で、旧五国(摂津・播磨・但馬・丹波・淡路)の計14市を通ります。

ランナーが走る道路などの詳細は12月に発表予定です。

まとめ

いかがでしたか?

次はいつ訪れるかわからない聖火ランナー。

今のうちに少し体力を付けて、挑戦してみようかな?

家の近くを走るみたいなので、応援に行くのもいいかも

オリンピックまでの楽しみが一つ増えました。

スポンサードリンク

 
  関連コンテンツ  

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ