ゲリラ豪雨はどうして起こるの?その前の準備と注意点!


梅雨時期や台風シーズンと言えば、大雨!

しかし、今では、いつでもどこでも、
全国各地にゲリラ豪雨が発生しています。

ゲリラ豪雨を防げないとしても、ゲリラ豪雨から、身を守ることはできます。

ゲリラ豪雨の仕組みや、発生条件注意点などを、頭の片隅に置き、
もしもの時に備えましょう。

今からでもやっておける事は、雨の降らない今のうちに準備しましょう。

スポンサードリンク

積乱雲と入道雲は違うの?

「積乱雲」と「入道雲」は、基本的には同じです。

入道雲は積乱雲の一種で、積乱雲が作られていく過程で現れます。

「入道雲」は、よく晴れた日に見られる大きな雲で、
雷光や、雷鳴を伴います。

高さは10000メートル以上。

入道雲の中には、雷までは出来ずに、夕立を降らせて、
積乱雲にならずに消えていくものも、たくさんあるようです。

「積乱雲」は空に垂直方向に発達した雲で、
大気の状態が不安定な場合に発生しやすい雲です。

また、雷と短時間に大量の雨を伴います。

雲の高さは10キロメートルを超えて、
成層圏まで達する事もあるようです。

積乱雲(雷雲)によって急に激しい雨が降り、
降った雨が低い場所へ一気に流れ込むため、
総雨量は少なくても、数十分で甚大な被害が発生することがあります。

これが、ゲリラ豪雨と呼ばれています。


   

ゲリラ豪雨はどうして起こるの?

最近では、よく聞くようになった、ゲリラ豪雨。

言葉だけでも、怖そうなのに、
実際もたくさんの被害をもたらしています。

では、ゲリラ豪雨は、どうして起こるのでしょうか?

日差しで地面が熱せられて地表近くの空気の温度が上がったり、
暖かい空気と寒気がぶつかったりすると、上昇気流が起きる。

と、よく天気予報で耳にします。

これが、大気の不安定な状態という事です。

この、大気の不安定な状態により突発的に起こる局地的な大雨のことを言います。

急に発達した積乱雲がゲリラ豪雨の原因です。

ではなぜ?このゲリラ豪雨がたくさんの被害をもたらすのでしょう。

田舎や、山間部では、土壌の部分がたくさんのあるので、
たくさん雨が降っても、浸透し、道が浸水することはないです。

しかし、都市部を中心に地面をアスファルトやコンクリートなどで舗装したことで、
たくさん雨が降ると、雨水は行き場を失い、道が浸水してしまいます。

特に都市部になるほど、その傾向が多いです。

しかし、都市部も、最近
透水性舗装(路面に降った雨水を舗装内の隙間から地中へ還元する舗装構造)
機能を持ったアスファルトになっているようです。

ゲリラ豪雨と集中豪雨は違うの?

天気予報でよく聞く「集中豪雨」と「ゲリラ豪雨」。

どちらも豪雨なのですが、違いはあるのでしょうか?

「集中豪雨(しゅうちゅうごうう)」とは、局地的で短時間の強い雨、
つまり限られた地域に対して短時間に多量の雨が降ること

同じような場所で数時間にわたり強く降り、
100mmから数百mmの雨量をもたらす雨

「ゲリラ豪雨(ゲリラごうう)」とは、正式な気象用語ではないのですが、
集中豪雨の一種。

大気の不安定により突発的で、
天気予報による正確な予測が困難な局地的大雨

急に強く降り、数十分の短時間に狭い範囲に数十mm程度の雨量をもたらす雨

「集中豪雨」と比較して、さらに狭い範囲で、短時間に降る豪雨

「集中豪雨」も「ゲリラ豪雨」短時間に強く降る雨の事のようです。

ゲリラ豪雨が、近づいてくると注意すること

「ゲリラ豪雨」が近づいてくると分かるものなのでしょうか?

「ゲリラ豪雨」が近づいてくるサインというものがあります。

①真っ黒い雲が近づき、周囲が急に暗くなる。
②雷鳴が聞こえたり、雷光が見えたりする。
③冷たい風が吹き出す。
④大粒の雨や「ひょう」が降り出す。

などの特徴があります。

これらを感じたら素早く非難することをおすすめします。

積乱雲による集中豪雨はぜいぜい30分程度で弱まる可能性が高いので、
安全なビルの中に避難してゲリラ豪雨が過ぎるのを待つといいのですが、

最近では、「50年に一度の豪雨」といわれる雨が降ります。

それくらいになると、排水能力を超えてしまうため、
道路も冠水していきます。

では、「50年に一度の豪雨」が発生すると、どんなことが起こるのでしょう。

・川の増水で中州に取り残される。
・地下街・地下鉄駅に雨水が流れ込む。
・道路の浸水や冠水

など、いろいろあります。

気をつけることは、
浸水する可能性のある低地から離れること。

地下や地下街から出て安全なビルの2階以上に避難すること。

また、車が浸かっている映像もよく目にします。
車も冠水がひどくなると動かなくなることを知っておきましょう。

中でも川はとても危険です。

自分のいるところに雨が降ってなくても、上流で大雨になっていれば、
すぐに増水してしまいます。

今では、一定の水量になると、下流に、センサーで伝える川もあるようですが、
全てではありません。

自分たちで、気をつけることが大切です。

ゲリラ豪雨が発生する場合は、

落雷、竜巻、突風、降雹なども同時に発生する可能性があるので
合わせて注意が必要です。

ゲリラ豪雨が、来る前に出来る事

ゲリラ豪雨が、来てからでは、非難するしか手はないです。

それまでに出来ることはしておきましょう。

まずは、簡単なことから。

雨どいや側溝の清掃

少しの雨だと、詰まることもないのですが、
これが、大雨となると、話は別です。

たちまち、冠水して、道にあふれてしまいます。

そうならないためにも、梅雨になる前に掃除をしておきましょう。

今では、全世帯に配られているハザードマップ

自分の住んでいるところだけでも、
どのくらいの雨量で、浸水の可能性があるかは、知っておきましょう。

最近ではゲリラ豪雨を予測するスマートフォン向けアプリも登場しています。

予想雨量のデータから豪雨を察知し、
約1時間後の浸水の深さや範囲を25メートル四方ごとに予測し、
地図に示してくれます。

10分ごとに更新もしてくれます。

このようなアプリもフルに活用して豪雨に備えておきましょう。

まとめ

いかがでしたか?

突然やって来る、自然災害に備えて、逃げ道の確保も大切です。

暗くなったから、やって来ることもあるので、
今のうちに、一度通っておくといいでしょう。

我が家は、坂の上の小学校まで、徒歩で約1分。
途中に小さい溝有り。

ハザードマップでは、浸水しないようなのですが、大雨の時の雨量は、
気にしています。

皆さんも、その時が来てから慌てないように、今のうちから、
心の準備だけはしておきましょう。

スポンサードリンク

 
  関連コンテンツ  

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ