同窓会案内状の返信の書き方!出席と欠席の場合の例文は?


皆さんは同窓会出席する有無の手紙など、
招待状が届いたことはありますでしょうか。

懐かしい学生時代の方々が久しぶりに集まる同窓会ですが、
その招待状は必ず届くものとは限りません。

もしかしたら今は日本に在住していなくて連絡が取れない人や、
連絡先が変わってしまって連絡が取れないという方もいらっしゃるかもしれません。

ですから招待状が届いた時は、
どのように反応したらいいのかということ
非常に迷うところでもあるのではないでしょうか。

今回はそんな同窓会における招待状が届いた場合、
どう対処すればいいのか
について記事を書いていきたいと思います。

参加の有無はどのように表明したらいいのかについて
書いていきますので、ぜひ参考にしてみてください。

スポンサードリンク

同窓会案内状の返信の書き方!(出席の場合)

同窓会の招待状が届いた場合、どのような返信をすればいいのでしょうか。

それは出席の場合と欠席の場合で異なってきます。

まずは出席の場合について見ていきましょう。

同窓会に出席する場合には、何かしらの返信をしなくてはなりません。

参加するにしろしないにしろこれは礼儀です。

それでは参加を表明するにあたっては
どのような書き方をしたら良いのでしょうか。

書き方のコツとしては、
参加することができることへの感謝の気持ちをまずは表すことが大事です。

これは主催者や開催者に対しての礼儀になります。

次に参加することをしっかり文にしましょう。

長々と文章を書き連ねて、
本当に伝えたい内容がほんの少しだけなどの場合、
その意思が伝わらないことも考えられます。

文章はなるべく短く簡潔に、しかし丁寧なものを心がけると良いでしょう。

同窓会に出席の場合の例文は?

ハガキなどではなく、今はメールなどで届くことも
多くなってきたのではないでしょうか?

メールや電話での連絡の場合、
押り返しこちらから連絡する必要があるでしょう。

そんな時なんと返信したら良いのでしょうか。

例文を紹介します。

「この度は同窓会への参加の招待ありがとうございます。

昔の仲間ともすっかり疎遠になってしまっていて、
この度は久々に会える機会を設けていただけたこと感謝いたします。

私の意思としましては参加を表明するものであります。

またみんなの様子を伺うことができると思うと、今から楽しみであります。

宜しくお願い致します。」

  

このような文が望ましいかもしれませんね。

久しぶりに会う同級生ならば尚更丁寧な言葉遣いを心がけ、
大人としての対応をするべきでしょう。

しかし最近でも会っている人へ向けての場合、
もう少しルーズな表現でもいいかもしれませんね。

どちらにせよ、
参加することができて楽しみだということを伝えることができると良いでしょう。

冒頭部分では、世間話や季節の話題なんかに触れてもいいかもしれません。

同窓会案内状の返信の書き方!(欠席の場合)

それでは同窓会への欠席の場合の書き方はどのようにしたら良いのでしょうか。

まずは参加しないことをしっかり伝えることです。

本当はすごく参加したかったのだけれども、
参加することが叶いそうもないということを、しっかり書いて伝えましょう。

これまた長々と文章を書いていると、
肝心の断る文がどこなのか相手に伝わりにくくなってしまいます。

そうなることもマナー的に失礼に値するので、
しっかりと伝えるようにしましょう。

あとは断る理由をしっかり書くことです、

どうして参加することができないのか、
それをしっかり明記しておくことが大事でしょう。

これらを守ることができれば、
相手も参加できないことを理解してくれ、
また次の機会があるときに誘ってもらえるかもしれません。

同窓会に欠席の場合の例文は?

それでは招待を断る際の例文はどのようなものでしょうか。

例えば次のような場合です。

「久しぶりに会うことができる機会を設けていただきありがたく思います。

しかしそんな機会を設けていただけたのですが、
今回は残念ながら参加をすることができません。

というのも?であるからです。

申し訳ありませんが今回は参加を辞退させていただきます。

またお誘っていただける機会がありましたら
ぜひご招待していただきたいと思います。

よろしくお願いします。」

  

このような感じだとどうでしょうか。

その際は参加できないということをしっかり表明することが大事です。

しっかり主催者に意思を伝えましょう。

まとめ

いかがだったでしょうか。

参加を表明する場合の、
参加しないことを言うときの書き方や例文を紹介してきました。

同窓会に誘われたときに参加しないというの
はかなり断りづらいものではあるでしょう。

しかししっかり誠意を持って伝えれば相手も分かってくれることでしょう。

参加を表明して久しぶりに会うことができる人もいるでしょうし、
会えるとなるとやっぱり楽しみですよね。

返信する文の内容は細かい部分をしっかり意識して伝えることが何より大事です。

同窓会の案内状が届くだけでも嬉しいことですよね。

スポンサードリンク

 
  関連コンテンツ  

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ