日傘を選ぶ時何を重視する?遮光率orUVカット率


気候が良くなってくると、外出する機会も多くなってきます。

そこで、気になるのが紫外線。

紫外線のピークはGWからだと言われています。

帽子を被ったたり、日焼け止めを塗ったりと対策をねります。

今では、日傘が手放せなくなりました。

会社の駐車場から、会社までも、日傘をさしています。

日傘をさしていると、日影になって、涼しく思うのですが、
私の日傘で、大丈夫?

という事で、今回は日傘選び方について、調べてみました。

スポンサードリンク

日除けを重視する方に遮光日傘

日なたと日影では、感じる暑さが全く違います。

日傘をさすと、日影が出来るので、少し涼しく感じませんか?

それが遮光です。カーテンにもありますよね。

日傘で言う遮光率は、
私たちの目に見える太陽の光を、どのくらい遮断するかと言う割合の事です。

遮光率も99%・99.9%・100%のものがあります。

もちろん、100%に越したことはないのですが、
そうなると、お値段も高くなってきます。

妥協するなら、99.9%をおすすめします。

傘も消耗品の為、使えば使うほど、効果も薄れてきます。

理想を言えば、2~3年買い換えるのがベストのようです。

日除けを重視する方には、おすすめです。

シミ防止にはUVカット加工の日傘

日焼けはもちろんのこと、シミも防止したい・・・

そうなると、UVカット率になります。

UVカット率は、遮光率とは違い、紫外線ですので、
私たちの目で見ることは出来ません。

日焼けの原因となる紫外線を遮る割合も、遮光率と同様に
数値が高いほど紫外線を通しにくいという事になります。

一般の日傘でも、90%程度の紫外線をカットできます。

90%と聞けば、「いいんじゃない。」と思う人も多いと思います。

しかし、シミやそばかすの元になる紫外線をもっと防げないだろうか?

最近は、紫外線を防ぐために、
傘の生地には「UVカット加工」されたものがあるようです。

これだと、白でも、UVカット率は99%以上のようです。

また、紫外線を防ぐ効果が高い素材としては、
ポリエステルなどの化学繊維が挙げられます。

生地は、しっかりした厚地のものの方が、効果的です。

どの色を選べばいい

雨傘のように、色とりどりとは、いきませんが、
ある程度の、色はあるように思います。

黒は、太陽の光をよく吸収するので、暑いイメージです。

反対に白はさわやかな、涼しそうなイメージ(私の勝手なイメージです。)

では、日傘は、どの色を選ぶとよいのでしょう?

生地にUVカット加工が施されていれば色は、何色でも、変わりはないようです。

しかし、太陽からの照り付けだけでなく、
地面からの照り返しにも気を付けなければいけません。

なので、日傘の表面だけでなく、
裏面の素材もチェックして選ぶようにしましょう。

傘の内側では照り返してきた紫外線をさらに反射してしまうので、
顔に、紫外線を浴びることになってしまいます。

これでは、日傘をさす意味が、半分になりかねません。

そこで、

日光(紫外線)を反射する白色。
日光(紫外線)を吸収する黒色。

を、うまく組み合わせた、

外側が白っぽい色、内側は黒の日傘を選んでみてはいかがでしょう。

一番のおすすめは?

・遮光率100%

・UVカット加工されたポリエステル生地のしっかりした厚地

・色は外側が白っぽい色、内側は黒

  

この条件が揃えば怖いものなしという所でしょうか。

まとめ

いかがでしたか?

少しは、日傘をさして、「外出しよう」と思ってくだされば幸いです。

日傘の寿命は2~3年が目安のようです。

買い換えようという方は、ぜひ、参考にして下さい。

私も日傘をチェックしてみようと思います。

スポンサードリンク

 
  関連コンテンツ  

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ