赤ちゃんの爪切りのタイミングはいつから?嫌がる場合の切り方は?


柔らかくてふわふわした生まれたばかりの赤ちゃんでも、
大人と同じように爪は伸びてきます。

では、いつから爪切りを始めたら良いのでしょうか。

赤ちゃんですから爪も指も小さくて、気をつけないと傷つけてしまいそうですよね。

安全に爪を切ることのできる、赤ちゃん用の爪切りにはどんなものがあるのでしょう。

爪を切るときに赤ちゃんが嫌がって切らせてくれない、
なんてこともあるかもしれません。

それでは、赤ちゃんの柔らかな爪を安全に切るための方法を調べてみましょう。

スポンサードリンク

赤ちゃんの爪切りのタイミングはいつから?

赤ちゃんは、お母さんのお腹から出てきたときにはちゃんと爪も生えています。

ただ、爪を切ったほうが良いほど伸びているかどうかは、
その子によって違うようですね。

新生児のお母さんたちの体験談によれば、
生まれてすぐの頃から爪が伸びている子もいれば、
退院してから伸び始めたという赤ちゃんも。

ですから赤ちゃんの爪切りのタイミングとしては、
ちょっと爪が伸びているなと思ったら切ってあげれば良いのではないでしょうか。

1週間に1度は爪の具合をチェックして、
爪の白いところが2ミリ以上伸びていたら切ってあげましょう。

赤ちゃんの手を動かないようにしっかり持って、
赤ちゃん用の爪切りで白い部分をカットします。

深爪にならないように、指から出ている部分を切るようなつもりで
爪切りを動かすと良いかもしれません。

白いところを1ミリほど残して切ったら、
角がないように丸く仕上げておくと安心ですね。

全部切り終えたら触ってみて、引っかかりがないか確かめることもお忘れなく。

赤ちゃんの爪切り道具の種類や選び方は?

赤ちゃんの指は小さくて爪も柔らかですから、赤ちゃん専用の爪切りがあります。

その種類は大きく分けて3種類、はさみタイプてこタイプやすりタイプです。

それでは、それぞれの特徴を見てみましょう。

・はさみタイプ

小さなはさみの形をした爪切りで、刃先が小さく丸くなっています。

大きく開かない構造なので、
赤ちゃんが急に動いたときに指を傷つける心配が少ないのです。

・てこタイプ

大人の爪切りと同じ形をしたものですが、
赤ちゃんサイズで深爪しにくい作りになっています。

このタイプは1歳くらいから、爪に厚みが出てきた頃から使うと良いかもしれません。

・やすりタイプ

ガラス製のやすりですと衛生的ですし、研磨効果が変わらず長く使うことができます。

深爪や指に傷を作る心配なくお手入れできるのが、やすりタイプの良いところですね。

赤ちゃん用の爪切りにもいろいろありますが、
何より切ってあげるお母さんが使いやすいものを選ぶのが一番なのではないでしょうか。

赤ちゃんが爪切りを嫌がる場合の切り方は?

新生児は手を握っていることが多いですし、つかむ力もなかなかのものです。

無理やり開いて爪を切るのもなかなか大変ですよね。

赤ちゃんの爪切りはタイミングスピードが大事。

赤ちゃんの気をそらすことができるテレビなどを見せたり、
お母さんがミルクを飲ませている間にお父さんが切ったり工夫をしてみましょう。

お母さんが赤ちゃんに話しかけたり、
歌を歌ったりしながら切ってあげるのもいいかもしれません。

赤ちゃんが動いて切り難い時は、
大きなタオルやフリースなどで赤ちゃんの体全体を包んでしまうと落ち着くようですよ。

赤ちゃんが寝ているときに切るという手もありますが、
急に動くこともあるので気をつけて下さいね。

また一度に全部切ろうとせずに、
赤ちゃんがぐずり始めて切るのが難しくなったら、
残りは次の機会にしてもいいのではないでしょうか。

最後に

いかがでしたか?

初めての赤ちゃんは、何をするにも、難しいものです。

まだ歩けないような赤ちゃんでも、
見ているとバタバタと手足をよく動かしているものです。

手を持ち上げて指で自分の顔をちょこちょこ触っていたり。

そんなときに爪が伸びていると、
可愛いお顔に傷をつけてしまうかもしれませんよね。

指をぎゅっと握っていたら、手を傷つけることだってあるかもしれません。

爪で傷を作ったり爪が引っかかって指を痛めたりしないためにも、
赤ちゃんの爪切りは大事なんですね。

スポンサードリンク

 
  関連コンテンツ  

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ