かぼちゃを冷凍保存する方法!保存期間はどれくらい?


スーパーではカットされたかぼちゃが売られています。

必要な大きさのものを求めれば良いので、
少人数の家庭にとっては助かりますよね。

けれども、切ったものは切り口が空気に触れると数日で傷んでしまいます。

ラップに包んで売られていますが、どうしても鮮度は落ちてしまうもの。

本来かぼちゃは保存性に優れていて、
丸のままでしたら常温で数ヶ月保存が可能です。

新鮮なかぼちゃを買いたいと思ったら丸ごと買うのがおすすめ、
とはいえ大家族でない限り一回で使い切ることはできませんよね。

丸ごと買ったかぼちゃを必要な分だけ切り取ったら、
残りは保存しなくてはなりません。

鮮度を保つためには冷凍保存が適していると思われますが、
ではどのように冷凍保存したら良いのでしょうか。

スポンサードリンク

かぼちゃを冷凍保存する方法とは?

かぼちゃを買ってきたら、すぐに下ごしらえ。

冷蔵庫に入れる前にまずタネとワタ取り除きましょう。

タネとワタは水分が多いので、
そのまま置いておくとこの部分から腐り始めてしまいます。

できればすぐに全部調理して食べ切ってしまうに越したことはありませんが、
余ってしまうようなら冷凍保存して鮮度が落ちるのを遅らせましょう。

かぼちゃの冷凍保存には生のまま冷凍する方法と、
茹でてから冷凍する方法があります。

生のまま保存するときは、タネとワタを取ったかぼちゃを
キッチンペーパーなどで拭いて、水気を取っておきましょう。

生のかぼちゃは水分が多いので、
そのまま冷凍しておくと解凍したときにベチャベチャになってしまうのです。

水気を取ったら使いやすい大きさにカットして、
一回に使う分ずつラップに包んで
冷凍保存用のビニールバッグに入れて冷凍庫に保存します。

茹でてから保存する場合は、
かぼちゃの皮をむいてタネとワタを取り除いたら、小さくカットして水から茹でます。

耐熱容器に入れてラップをかけ、レンジで加熱して柔らかくしてもオッケーです。

柔らかくなったらペースト状に潰しましょう。

潰したかぼちゃを一回分ずつにまとめたら、ラップで包んで平らに伸ばします。

これも冷凍保存用のビニール袋に入れて冷凍庫に保存しましょう。

作りすぎて余ったかぼちゃの煮物など、
調理済みのものも冷凍保存することができます。

ただし、あまり柔らかく煮てしまうと解凍したときに水っぽくなってしまうので、
冷凍保存する場合は少し固めに煮たものをお勧めします。

この場合は、タッパーなどの密閉容器に入れて冷凍庫に保存しましょう。

かぼちゃの冷凍保存期間はどれくらい?

冷凍保存すれば長期保存が可能とはいえ、やはり消費期限はあるものです。

かぼちゃは、生のままでも加熱したものでも
1~2ヶ月冷凍保存が可能と言われています。

けれども、あまり長い間冷凍庫に入れっぱなしにしておくと
他の食品の臭いが移ることもありますし、やはり鮮度は落ちていくもの。

冷凍保存しているからと安心せずに、
できるだけ早めに消費するに越したことはありません。

冷凍保存用のビニールに保存した日付けを書いておくと、
いつまでに消費したら良いのかわかりやすいですね。

冷凍したかぼちゃの解凍の方法は?

小さくカットして冷凍してあれば、加熱調理をする場合は凍ったままでも大丈夫です。

少し大きくカットしたものは加熱調理の場合でも、
500Wの電子レンジで1、2分温めてから使うと中まで火が通りやすくなります。

ペースト状にして冷凍してあれば、
冷凍したままでもレンジで少し温めてからでも、
そのままスープなどに使えて便利ですね。


   

最後に

かぼちゃは、夏から秋にかけてが、収穫時期です。

私の実家でも、かぼちゃを作っていました。

しかし、食べごろは、秋から冬にかけて。

そういえば、冬至にかぼちゃを食べると、
「風邪をひかない。」なんて言われています。

かぼちゃはウリ科カボチャ属の総称なので、色々な種類があります。

スーパーでよく見かける緑色の皮をしたかぼちゃの他にも、
オレンジ色や黒など、また形もバターナッツなどのように変わったものなど色々です。

何れにしても皮が固くて色が濃く、
ずっしりと重みのあるかぼちゃが美味しいとされています。

かぼちゃは三大抗酸化ビタミンであるビタミンA、ビタミンC、ビタミンEを始めとして、
ビタミン類を多く含んだ緑黄色野菜ですから、
乾燥した季節には風邪の予防に良く食べられていますよね。

豊富な栄養素をしっかり摂るためにも、鮮度の良いうちに食べ切りたいものです。

スポンサードリンク

 
  関連コンテンツ  

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ