ステンレス水筒の上手な洗い方!茶渋や臭いを落とすコツとは?


エコを意識して、ペットボトルの飲み物を買わずに
水筒を持ち歩く人が増えているようですね。

今の水筒は、飲み物の温度を長く保つことができるステンレス水筒が一般的です。

ところで、細長い水筒の底まで綺麗に洗うのはちょっと面倒ですよね。

水やお茶くらいしか入れないからと、
水でザッとゆすぐだけで済ませてはいないでしょうか。

ジュースを入れた時はもちろん水やお茶の時も、
長く使っていると臭いや汚れがついてくるものです。

今回はステンレス水筒についてしまった臭いや汚れを、
綺麗に落とすことのできる洗い方をご紹介しましょう。

スポンサードリンク

ステンレス水筒の上手な洗い方は?

食器を洗うスポンジでは、細長い水筒の奥まで洗うことはなかなか難しいですよね。

入口あたりはスポンジを押し込んで洗うこともできますが、
奥の方をしっかり洗うためには柄のついたスポンジがあると良いでしょう。

柄のついたスポンジがない時は菜箸に輪ゴムなどでスポンジをくくりつけたり、
菜箸の先にアクリル毛糸を巻きつけて使うこともできます。

蓋の部分は分解できるところまで取り外し、
綿棒などでこすって汚れを落としましょう。

洗剤は中性洗剤を使います。

ステンレス部分は、
あまりゴシゴシ強く擦ると傷が付くことがありますので気をつけて下さい。

同じ理由でタワシやスポンジ裏の硬い部分で洗うこともやめた方がいいでしょう。

洗い終わったら洗剤が残らないようしっかりとすすぎますが、
お湯を使うと水切れがよく早く乾きます。

乾いた布で外側を拭いたら、
洗いかごなどに逆さに立てて中の水をしっかりと切って下さいね。

ステンレス水筒専用の洗浄剤もいくつか販売されています。


出典:https://www.amazon.co.jp/

固形の洗浄剤をぬるま湯と一緒にステンレス水筒に入れると、
発泡した泡で除菌洗浄をしてくれるというもの。

暫く置いてからすすぐだけなので、
こうした洗浄剤を使えば道具を使わず簡単に洗うこともできますよ。

茶渋や臭いを落とすコツとは?

・酸素系漂白剤を使う

ステンレス水筒の中が茶色く茶渋がついてしまったら、
こするだけではなかなか落ちないことがあります。

そんなときには漂白剤を使って落としましょう。

漂白剤にはハイターなどの塩素系漂白剤と、
オキシクリーンのような酸素系漂白剤があります。


出典:https://www.amazon.co.jp/

ステンレス水筒の洗浄には酸素系漂白剤を使って下さい。

塩素系漂白剤の主成分である次亜塩素酸ナトリウムは
強力に汚れを落としてくれますが、
金属を腐食させることがあるのでステンレス水筒の洗浄には向かないのです。

ステンレス水筒の中に、ぬるま湯と酸素系漂白剤を入れて30分くらいおきます。

漂白剤の分量は、容器に記載されている分量を参考にして下さい。

時間が来たら中身を捨てて綺麗にすすぎます。

気をつけていただきたいのですが、
ボトルの中に漂白剤液を入れたら蓋はしないで下さいね。

蓋をすると中の圧力が上がって、蓋が飛ぶことがありますから。

蓋は外して別に洗いましょう。

蓋の部品を分解して、酸素系漂白剤を溶かしたぬるま湯の中に浸けおきします。

「それならボトルも一緒につけてしまえば良いじゃない?」
と思うかもしれませんが、
ボトル表面の柄シールが剥がれる恐れがあるのでお勧めできません。

ボトルの漂白剤洗浄は、中のステンレス部分だけにした方が無難ですね。

・重曹を使う

飲み物を入れる水筒に漂白剤を入れるのはちょっと、
と思われる方には重曹がおすすめ。


出典:https://www.amazon.co.jp/

ただ、重曹は研磨剤ですから擦るとステンレスに傷をつけてしまいます。

傷がついたステンレスは、そこから汚れも入りますし錆びが発生してしまいます。

では、ステンレスに傷をつけずに重曹で汚れを落とす方法をご紹介しましょう。

用意するもの60度くらいのお湯大さじ1杯の重曹です。

ステンレス水筒にお湯を8分目まで入れ重曹を入れます。

蓋をして軽く振り、重曹を溶かしてから1時間くらい置いて下さい。

その後、中身を捨てて柄の長いスポンジで洗いましょう。

汚れがこびりついて取れない場合は、落ちるまで同じことを繰り返します。

あまりにしつこい汚れの時は、
重曹と一緒にクエン酸を入れると良く落ちるようです。

  

重曹から出る炭酸ガスの泡が茶渋を落としてくれるのですが、
お湯をいっぱいまで入れると溢れることがあります。

お湯は水筒の8分目までにしておきましょう。

最後に

いかがでしたか?

ステンレス水筒でも、
コップタイプだけでなく直飲みできるものやストローのついたものがありますよね。

歩いている途中で水筒のコップを外して蓋を開けて注いで、
とやっていると時間がかかるだけでなく、不安定でこぼしてしまったり。

その点サッと飲めるのは直飲みタイプやストロータイプなのですが、
直接口をつけますから雑菌が飲み物に移って繁殖する恐れがあります。

こうしたタイプの水筒は、
時間をかけずに飲みきってしまえる量にした方が安心ですね。

そして直飲み、ストロータイプの水筒を洗うときは、
コップタイプ以上に念入りに洗浄することをお勧めします。

スポンサードリンク

 
  関連コンテンツ  

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ