半夏生と関西でたこを食べる理由とスゴイ効果


皆さんは、二十四節季って、知ってますか?

夏至・冬至・立春等は、よく知られていると思います。

では、半夏生という言葉を、耳にしたことがありますか?
半夏生は雑節(節分・彼岸・土用等)のひとつです。

fish_tako

半夏生が近づくと、スーパーなどのチラシで、
見ることがあります。

たこを食べる習慣があるって、知ってますか?
それは、関西地方だけのようです。

なぜ?関西地方だけ、たこを食べるのでしょうか?
他の地方は、どうなのでしょうか?

スポンサードリンク


  

半夏生とは?

半夏生とは、夏至から数えて約11日目の雑節。

だいたい毎年7月2日だそうです。
ちなみに今年、平成27年の半夏生も7月2日です。

梅雨も後半になり、半夏(カラスビシャク)という
毒草の生える時期で、名前は、この毒草から付けたようです。

半夏生の期間は、天から毒が降り、地から毒草が生えるといい、
農家では、この日までに、田植えを終わらせたそうです。

そうすることによって、
豊作になると、いわれた時期もあったようです。

ほかにも、井戸には蓋をする・畑のものは、収穫しない。
などと、いわれることも、あるようです。

なぜ?半夏生にたこを食べるのでしょう。

半夏生にたこを食べる習慣のあるのは、
関西地方だけのようです。

明石のたこが有名だからでしょう。

稲の根がたこの足のようにしっかりと根付きますように。

稲穂がたこの吸盤のように立派に実りますように
という豊作の願いが込められているようです。

また、暑い夏に向けて、体力や栄養をつける
と言う意味もあるようです。

では、他の地域は、半夏生にこれといって
食べる習慣はないのでしょうか?

奈良県の一部では、玄米のお餅
  豊作を願って、田の神に供え、農家の人も頂くという習慣。

福井県では、焼き鯖
  田植えで疲れた農民の栄養補給のため。

香川県では、うどん
  作業を手伝ってくれた人の労をねぎらって。

など、その土地の特産物を食べるようですね。

bukkake_udon

たこの栄養効果

たこには、タウリンが多く含まれています。

タウリンには、

1:疲労回復
2:肝機能の強化
3:高血圧の改善
4:血液浄化作用
   (悪玉コレステロールの除去)
5:心機能の強化
6:視力改善
7:美肌効果
8:動脈硬化予防

など、様々な効能があります。

さらに、亜鉛が多く含まれています。

亜鉛には、

1:味覚障害の予防
2:血行促進作用

そこで、暑い夏に向けて、
また稲作をした後、疲れた体を癒してくれる食材として、
とても効果的だったのではないでしょうか。

まとめ

半夏生にたこを食べるのは、関西地方だけですが、
暑い夏を乗り切るために、
その地方にあった食材を食べて、
体力をつけるという目的もあるのでしょう。

健康のためにも半夏生だけでなく、
たこを食べる習慣をつけると、よいでしょう。

また、今年の半夏生には、
スーパーのチラシに注目したみては、いかがでしょう。

スポンサードリンク

 
  関連コンテンツ  

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ