羽田空港最新!おいしいお土産おすすめ10選!


皆さんは羽田空港に行ったことはありますでしょうか。

空港と言いますと、

各地へ旅立つ飛行機に乗る経由地に過ぎない
という認識の方もいらっしゃることでしょう。

しかし実際は空港はお土産が売っていたり、
小さな娯楽施設があったり、
またホテルが隣接していたりして、
非常に興味深い場所でもあります。

たかが空港と思っているだけじゃもったいないですよ。

今回はそんな空港について。

羽田空港におけるお土産にはどんなものがあるのか、
それについてみていくことにしましょう。

10品ご紹介しますので、是非参考にしていただけたら幸いです。

スポンサードリンク

羽田空港の人気お土産10品

一昔前は、東京と言えば「雷おこし」。

そんなイメージがあるのは、私だけでしょうか?

お土産は、いただくのはもちろんうれしいのですが、

今では、お土産の種類もたくさんあって、

人にあげるとなると、悩んでしまいますが、
「どれにしようか?」あれこれ考えるのも楽しいものです。

【羽田空港N.Y.キャラメルサンド(銀座たまや)】

まず一品目はこちらになります。

銀座たまやのキャラメルサンドです。

バターをふんだんに使用して焼き上げたクッキーに、
とろけるキャラメルとチョコレートを挟んだ一品です。

想像するだけでも舌鼓してしまいますね。

その甘くこんがりした風味を味わいながらサクッといって、
とろとろの身を堪能することができます。

このお菓子の入っている箱もおしゃれで飾っておきたくなるほどです。

【メープルフィナンシェ(ザ・メープルマニア)】

お次に紹介するのがこちら、メープルフィナンシェになります。

フィナンシェとは表面をカリッと焼き上げ中身はふっくらとしたお菓子で、
その食感を楽しむことができます。

メープルをふんだんに使用しているため、
パッケージを開けた瞬間、甘?い香りが辺りに漂うことでしょう。

昔のアメリカをイメージしたパッケージということで、
デザインの人気もあるそうです。

【東京レモンチェ】

ザ・レモンと言わんばかりの黄色を目白押しにしたパッケージが特徴のこのお菓子、
お菓子もまばゆい黄色に輝いており、食べるのがもったいないくらいです。

ふわふわとしたブッセのような生地に、
レモンクリームとつぶつぶしたレモンピールが含まれています。

さくっふわっといった感じで、優しい味わいです。

オススメの一品です!

【ソルト&カマンベールクッキー(東京ミルクチーズ工場)】

お次はこちら、チーズ好きにはたまらないかもしれないこのお菓子。

珍しいですね、自家製のチーズチョコレートを使用したクッキーになります。

不思議な組み合わせですが、味は意外といけるそうです。

店頭では試食を配っているということで、
一度味を確かめてから購入することもできそうです。

【東京ばな奈ワールド 「空とぶ東京ばな奈はちみつバナナ味、「見ぃつけたっ」】

東京ばな奈と言えば、かなり知名度が高いのではないでしょうか。

最近東京のお土産と言えば東京ばな奈でしょ
と言わんばかりにどこでも売られていて、
目にすることも多いかと思います。

東京ばな奈にはスタンダードなバナナ味に加え、
チョコバナナ味なんかも存在しています。

なんとこの商品ははちみつバナナ味ということで、
普段滅多にない組み合わせを楽しむことができるお菓子となっております。

帰省時のお土産にはぴったりなんじゃないでしょうか。

ただカスタードクリームが含まれているため、
賞味期限はそれほど長くない模様。

買ってすぐに食べることをお勧めします。

【NEWYORK PERFECT CHEESE 「ニューヨークパーフェクトチーズ」】

チーズお菓子専門店で扱われている本商品。

ミルククリームとデンマーク産チェダーチーズ入りのホワイトチョコレートを
ふんだんに盛り込んだ一品であり、
ラングドシャで包み込んでいい味わいを出しています。

チーズをしっかりと味わいたいという方には
ぴったりの一品であること間違いなしです。

お勧めです!

【パティスリー キハチ 「東京キャラメルウエハースバー」】

ウエハース。

筆者個人的に最近めっきり食べる機会がなく、
その存在すら忘れかけていたわけですが、ウエハースバーは確かに美味しいです。

パティスリーキハチの本商品キャラメルウエハースバーは、
サクサクの生地にコクのあるクリームが挟まれており、
さらに表面をミルクキャラメルフレーバーでコーティングしてある、
これでもかという甘味の主張が楽しめる一品となっております。

味は2種類あり、ミルクキャラメルとビターキャラメル味があるため、
大人の味を楽しみたいという方にも合うでしょう。

【ふるや古賀音庵 「餅のどら焼き」】

半月型のどら焼きで食べやすく、程よい甘さが特徴の本お菓子。

子供でも食べやすいものとなっているため、
お子さんをお持ちの方でも購入しやすいのではないでしょうか。

これぞ和菓子と言ったようなデザインをしており、
おしゃれだけど渋すぎないセンスの良さを感じます。

是非オススメの一品であります。

【資生堂パーラー「ボンボン フロマージュ」】

一口サイズのチーズケーキ。

それがインパクトのあるこちらの商品、
羽田空港や東京駅でしか手に入らないそうで、お土産にぴったりのお菓子です。

キャンディのように小包になっており、
中にまさかチーズケーキが入っているだなんて誰が想像できましょうか。

プレーンとイチゴ、それにショコラの3種類になっています。

その可愛らしい見た目から女性人気がある一品です。

【カールユーハイム 「ホーニッヒアッフェルバウム」】

インパクトであればこちらも負けてはいません。

丸々とした大きなお菓子であり、ケーキのような一品です。

りんご味でしゃりっとした食感を楽しむことができます。

羽田空港限定商品ということで、是非買って帰りたいですよね。

まとめ

いかがだったでしょうか。

羽田空港にはこんなにたくさんの
美味しそうなスイーツのお土産が売られているということを、
お分りいただけたのではないでしょうか。

気になった商品があったという方は
ぜひ購入を検討してみてはいかがでしょうか。

他人にあげるお土産だけでなく、自分用のお土産にもいいのでは。

ちなみに、我が家は、どこに行っても、
自分用(自宅用)のお土産は欠かせません。

スポンサードリンク

 
  関連コンテンツ  

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ