QRコード決済のおすすめアプリはこれ!使用方法やメリットは?


いつもニコニコ現金払い…と言っていたのは昭和の時代。

今ではクレジットカードや電子マネーなど、
支払いはキャッシュレスが当たり前になってきていますね。

クレジットカードだと、
不正されないか心配と思ってる人も少なくないはず。

そこで最近注目され始めているのが、
QRコード決済といわれる支払い方法です。

スマホが主流になってきた現代の、
一番手軽なキャッシュレス決算です。

QRコード決済とはどんな決済方法』なのか、
使い方やメリットデメリットを調べてみました。

スポンサードリンク

QRコード決済とは?セキュリティーは大丈夫なの?

チラシやレシートの隅によく見かけるようになったQRコード。

白黒の小さな四角形のドットで構成された正方形の図形ですが、
このドットの配列で数字や文字、記号などを表しています。

QRコード決済は文字通り
QRコードをスマホやタブレットで読み込んで支払う決済方法です。

QRコードは二次元、つまり縦横の平面に情報を記録するので、
一次元のバーコードと比べると数十倍以上の情報を持つことが可能になりました。

しかもバーコードのように専用の読み取りセンサーを使わず、
スマホなどのカメラ機能で読み取ることができるので、
誰でも簡単に使うことができます。

QRコード決済では、
あらかじめスマホにダウンロードしたアプリで
店舗が用意したQRコードを購入者がスマホで読み取るなどして決済します。

利用者はアプリにあらかじめ銀行口座や
クレジットカード情報を登録しておきますので、

インターネットの環境さえあれば
キャッシュレスの買い物が可能になるのです。

クレジットカードと違って、
カードを店員に渡すことも店側のレジにデータが残ることもありません。

いざカードで支払おうとしたら磁気不良などで情報が読み取れない、
なんていうトラブルもないですし。

そして、カードを持ち歩かなければ
スキミングされたり紛失する心配もないですよね。

QRコード決済アプリの情報は暗号化されて送られます。

スマホ本体は指紋認証やパスワード認証などでロックされますから、
セキュリティー面でそれほど心配する必要はないのではないでしょうか。

QRコード決済のおすすめアプリと使い方

【LINEPay】

無料でメールや通話ができるコミュニケーションアプリのLINE。

このLINEのおサイフサービスがLINEPayです。

スマホさえあれば、LINEPayの使える店舗での支払いはもちろん、
LINEの友達同士での送金や割り勘までできるという便利なシステムがLINEPayなのです。

まずはLINEアプリのウォレットで規約に同意して会員登録をします。

アプリでの登録が済んだら、LINEPayのアカウントに
銀行やコンビニなどで残高をチャージしておきましょう。

LINEPayの会員登録は簡単にできますが、
決済や送金などにはパスワードの設定が必要になります。

銀行口座を登録して本人確認をすることで送金や出金も可能です。

ただし、送金する同士が互いにLINEPayに登録していなくてはなりません。

相手が登録しておらず7日経過しても送金が完了しない場合は、
自動的にキャンセルされてしまいます。

【PayPay】

2018年10月からサービスを開始したのがPayPayです。

この頃、よくTVで、見ることがありませんか?

このPayPayはソフトバンクとYahoo!JAPANが共同出資した会社で、
12月には大々的なキャッシュバック・キャンペーンが話題になりました。

こちらもアプリをスマホにダウンロードして、
会計時にレジに置いてあるQRコードを読み込むか、
又はアプリのバーコードを店側に読んでもらうことで支払いができるというもの。

支払い方法は
PayPayにチャージした残高から、
Yahooマネーで、
そして登録したクレジットカードからと3通りあります。

登録は簡単、アプリをダウンロードしたら電話番号とパスワードを入れて、
SMS認証で本人確認の後ログインするか、
またはYahoo!JAPANのIDでログインできます。

ログインしたら、クレジットカードや銀行口座の情報を登録しましょう。

これで銀行口座からPayPay残高にチャージすることができますし、
直接カードから引き落とすこともできるのです。

PayPay同士で送金入金ができるのは、LINEPayと同じですね。

QRコード決済のメリットは?

まず一番のメリットはお財布を持ち歩く必要がなくなることでしょう。

今財布の中にいくらあるか気にすることなく
買い物ができるのは安心だと思います。

もちろん銀行口座には残高が必要ですが。

会計の時に小銭を探す手間を省くこともできますから、
スムーズに買い物ができますよね。

時間がない時にはとても便利だと思います。

大抵のQRコード決済はポイントや割引などの特典がありますので、
現金で買うよりもお得な買い物ができるでしょう。

QRコード決済のデメリットは?

QRコード決済をするためにはスマホが必要です。

ガラケーではダメなんですよね。

会計の時にスマホのバッテリーが切れていてはアプリが使えませんし、
スマホを家に忘れてしまってはどうしようもありません。

今はまだ使える店も限られていますので、
せっかくのアプリがなかなか使えないことも。

そして、アプリを悪用されないためにもスマホの管理は重要です。

まとめ

日本は世界の中でもキャッシュレスの普及率が低い国です。

クレジットカードなどは、
特に年配の方を中心に個人情報漏洩などの危険性の方が心配されて
敬遠されてしまうようですね。

2020年のオリンピックを控えて、
海外からの観光客を取り込む目的で政府は
キャッシュレスを普及させようと躍起になっています。

QRコード決済もそんな中で登場してきました。

昨年2018年はQR決済元年の年だとか。

QR決済は次世代の決済方法として今、
とても注目されている決済方法なのです。

スポンサードリンク

 
  関連コンテンツ  

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ