コーヒーと紅茶!カフェインが多いのは?妊婦が飲むならどっち?


コーヒーが大好き!

おやつと一緒に紅茶を飲みたい!!

今までだったら欲求のままに飲んでいたけれど。

妊娠中・・・カフェインを摂取しても大丈夫??

コーヒー・紅茶好きの妊婦さんにとっての不安要素《カフェイン》

コーヒーと紅茶、カフェインが多いのはどっち?

という事で今回は
コーヒー紅茶カフェイン量について》ご紹介致します。

妊婦さんが飲むなら・・・コーヒー?それとも紅茶??

スポンサードリンク

コーヒーと紅茶!カフェインが多いのは?

いつもは、気にせずに飲んでいるコーヒー。

やはり、妊娠中となると、気になりますよね。

コーヒーと紅茶!カフェインが多いのはどちら??

【コーヒー 紅茶のカフェイン含有量】

コーヒーと紅茶、よりカフェインを多く含むのはどちらなのでしょうか?

他の飲み物と共にその含有量を見ていきましょう!

《いずれも 100㎜あたり》

〇コーヒー(レギュラー)〇

コーヒー粉末10グラムを熱湯150mlで抽出した場合:60mg

〇コーヒー(インスタント)〇

インスタントコーヒー2グラムを熱湯140mlで溶かした場合:60mg

〇紅茶〇

茶葉5グラムに熱湯360ml、1.5~4分抽出した場合:30mg

〇玉露〇

茶葉10グラムにお湯(60℃)60ml、2.5分抽出した場合:160mg

〇煎茶〇

茶葉10グラムにお湯(90℃)430ml、1分抽出した場合:20mg

〇ウーロン茶〇

茶葉15グラムにお湯(90℃)650ml、0.5分抽出した場合:20mg

〇コーラ〇

10~13mg


   

コーヒーと紅茶!妊婦が飲むならどっち?

コーヒー好きには、どうしても止めることは出来ません。

ある意味中毒になっているかも・・・

コーヒーと紅茶!妊婦さんが飲むならどちらが良いの?

【妊娠中のカフェインの影響】

妊婦さんは大量摂取NGと言われる《カフェイン》

そもそも、妊娠中に
カフェイン量に気を付けなければいけないのはどうしてなのでしょうか。

カフェインには、中枢神経を刺激し血管などの収縮を促したり、
覚醒作用や利尿作用などがあります。

まず、妊娠中にカフェインを多量に摂取してしまうと、
血管の収縮による早産の危険性

利用作用によるカルシウム不足からおこる貧血
胃もたれ・吐き気などの消化器の不調
高血圧誘発などがおきてしまう危険性が。

そして妊婦さんの身体だけではなく、

過剰なカフェイン摂取は、
大切なお腹の中の赤ちゃんにも次のような影響があると考えられます。

〇発育障害

〇低酸素症状

〇発育遅延

〇低体重

  

更に、出産後母乳を与えている間も
母乳を通して赤ちゃんにカフェインが送られてしまいます。

身体への影響だけではなく、
なかなか寝付かない、
興奮状態が続くなどの状態がみられる場合もありますので、
出産後も引き続き注意が必要です。

【問題ないとされる妊婦の一日のカフェイン摂取量】

それでは、どれくらいのカフェイン量ならば
妊婦さんでも飲んで影響が出ない??

1日:100mgまで

1日の摂取量を100mg以下にとどめておけば、
ほぼ問題はない量であると言われています。

また、食事と一緒にコーヒーや紅茶、
緑茶を飲むとカルシウムの吸収が悪くなるため、
食後30分以上空けてから飲むようにしましょう。

更に、妊娠中は胃がもたれやすい状態になるため、
すきっ腹での摂取やブラックは避け、
ミルクを少量入れるなどの胃もたれ対策がおすすめですよ♪

【コーヒーと紅茶 妊婦さんに適しているのは?】

どうしても飲みたくなることありますよね。

レギュラー・インスタントともに、100mlで60mgのカフェイン含有量のコーヒー。

紅茶のカフェイン含有量は100mmlで30グラムと約半分量であることが分かりました。

ですので、妊婦さんに推奨される1日あたりのカフェイン摂取量《100mg》に換算すると、

コーヒー:小さめのコーヒーカップで1杯まで(166ml)

紅茶:ティーカップ2杯まで(333ml)

  

となりそうです。

含有量が低く、より量を飲めるのは紅茶の方に軍配があがりました!

ですが、コーヒー好きさんはコーヒーを飲みたいもの。

しっかりと飲む量さえ守れば、コーヒーを頂いても問題はなさそうですよ♪

ただし、抽出方法や濃さによってもカフェイン量は変わってきます。

豆や茶葉を多く使えば使う程カフェイン量も上がってしまいますので、
濃度にも十分注意しましょう!

まとめ

いかがでしたでしょうか。

妊娠中でも飲みたい!《コーヒーと紅茶のカフェイン含有量について》

コーヒーには紅茶の倍のカフェインが含まれていることが分かりました。

ですが、コーヒーも紅茶もきちんと量を守れば、
妊婦さんが飲んでも問題はないようですね♪

また、市販のエナジードリンク類にもカフェインが含まれていますので、
成分表示をしっかりと見て購入するようにしましょう。

妊婦さんコーナーには、ノンカフェインのコーヒーや紅茶、
更に母乳の出をよくすると言われる
《たんぽぽコーヒー》なども販売されています。

飲めないストレスをためずに済みますので、
上手に併用してみてくださいね♪

スポンサードリンク

 
  関連コンテンツ  

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ