こたつ布団を洗濯する方法とは?クリーニングの相場はどれくらい?


日本の冬はこたつにみかん、これ定番ですよね。

こたつはヒーターを布団で覆うことで暖かさを逃がさない、
とても効率的な暖房器具です。

こたつがあると自然と人が集まります。

家族全員こたつに足を入れて一家団欒もよし、
横になってまどろむも良し。

テーブルがあるので食事をすることも多いでしょう。

そこで気をつけたいのが、布団の汚れです。

布団というくらいですから、
こたつ布団も寝具の布団と同じように厚手のものを使用することが多いですよね。

こたつ布団は家で洗濯することができるのでしょうか。

昔は、家のお風呂で踏み洗いをしていた記憶があります。

便利になった今こたつ布団洗濯する方法』はどんなのがあるのでしょう。

クリーニングに出したら費用はどのくらいかかるのでしょう。

スポンサードリンク

こたつ布団を洗濯する4つの方法

こたつ布団を洗うときには、まず洗濯表示をチェックしましょう。

洗濯機や手洗いのマークがついていれば家で洗うことができます。

水洗い不可やドライクリーニングのマークの場合はクリーニング店に出しましょう。

綿素材でしたら大抵水洗いできますが、
ウールや真綿の場合はクリーニングになりますね。

【こたつ布団を洗濯する方法】

1. こたつ布団を洗濯機で洗う

洗濯機マークがあるこたつ布団を洗濯機で洗います。

できれば洗濯機はドラム式の方が良いでしょう。

洗う前に布団の埃や汚れをざっと落としておきましょう。

準備ができたら汚れた部分を外側に、
くるくると丸めて畳んで布団用の洗濯ネットに入れます。

洗濯機によっては畳み方が指定されていますので、
洗濯機の取扱説明書に目を通しておいたほうが無難です。

洗濯の設定は大物洗いや毛布洗いのコースを選びます。

これらのコースは大物洗い用に洗濯槽の回転を調整してくれますから。

大物洗い用のコースがない場合、手洗いコースで洗うこともできますが、
しっかりと洗うことはできないかもしれません。

洗剤は液体洗剤を、できればお洒落着用の洗剤を使いましょう。

こたつ布団は長い間使うことが多いものですから、
酸素系漂白剤を一緒に入れると除菌や消臭もできますよ。


   

2. こたつ布団を浴槽で洗う

水洗いできるこたつ布団で洗濯機に入らないときは、
浴槽で洗うという方法もあります。

こたつ布団の汚れをざっと落として汚れた部分を表側に畳んだら、
浴槽にこたつ布団が浸かるくらいに水を貯め洗剤と漂白剤を入れてかき混ぜます。

洗剤液にこたつ布団を浸したら上に乗って踏み洗いしましょう。

汚れがひどい場合は、もう一度洗剤液を取り替えて洗います。

汚れが落ちたら、今度は綺麗なお湯を入れてすすぎ洗いです。

すすぎは二回以上お湯を入れ替え、

洗剤が残らないようにしっかりと踏み洗いしましょう。

洗い終わったら再び踏んで水を絞り出し、
物干し竿に掛けてそのまま自然乾燥させます。

物干し竿は2本使って風がよく通るようにこたつ布団を掛け、
2日ほど掛けて中までしっかりと乾燥させることが必要です。

湿気が残っているとカビが生える原因となりますから。

干す前に洗濯機で軽く脱水しても良いのですが、
あまり回しすぎないよう短い時間で止めましょう。

脱水機の激しい回転は、こたつ布団の中綿を傷めてしまうからです。

3. こたつ布団をコインランドリーで洗う

コインランドリーはドラム式洗濯機ですから、
家の洗濯機と同じやり方で洗います。

乾燥機を使う場合は大きいものを選びましょう。

短時間で素早く乾かすためにはスペースに余裕が必要です。

30分から1時間おきに様子を見て、
だいたい乾いたところで自然乾燥に切り替えましょう。

4. こたつ布団をクリーニングに出す

こたつ布団についている洗濯表示のタグにクリーニングとある場合は水洗いできませんから、クリーニング店に持って行って洗ってもらいましょう。

車があれば便利ですが、
大きな布団を抱えてクリーニング店まで持って行くのはちょっと面倒ですよね。

仕事の関係で、
時間的にクリーニング店に行くのが難しいこともあるかもしれません。

そんな方には宅配クリーニングがおすすめです。

 

これはインターネットで申し込んで宅配便で洗濯物を送り、
仕上がると再び宅配便で届くというサービスです。

クリーニング料の他に送料もかかりますが、
それぞれの会社で送料無料のパッケージなどもありますので
検討してみるのもいいでしょう。

こたつ布団のクリーニング代の相場はどれくらいなの?

こたつ布団には正方形と長方形があります。

また敷布団と掛け布団では、
掛け布団の方が厚手なだけに料金は少し高いようですね。

だいたい掛け布団で2500円から3500円ほど、
敷布団は2000円から3000円くらいです。

宅配クリーニングですと料金はもう少し高くなります。

業界最大手の「リネット」では布団一枚8800円と高額ですが、
3枚で12800円、4枚では14800円。

4枚出せば1枚あたり3700円で、店頭に持ち込むのと変わりない値段なんです。

こたつ布団だけでなく寝具の布団も対象ですから、
シーズンの終わりにまとめてクリーニングに出すのであれば
宅配サービスの方が一度に出せて便利で良いですよね。

まとめ

TVで、ちびまるこちゃんがこたつで、
ぬくぬくしているシーンをよく目にします。

子供はこたつが好きですよね。

私も子供の頃は、こたつの周りにいるものを揃えて、
極力こたつからでないこともありました。

懐かしいな・・・

そうしていると、どうしても汚れてしまうこたつ布団。

こたつ布団はカバーをかけて使う方が多いと思います。

カバーだけでしたら洗濯も楽ですしね。

よほど汚れない限り、
布団はシーズンの終わりに洗って片付けるのではないでしょうか。

押入れに片付けることを考えると、
しっかりと乾かすことが大事ですから、

自分で洗う場合は
天気予報を確認して乾燥した晴れの日が続く時に洗濯することにしましょう。

スポンサードリンク

 
  関連コンテンツ  

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ