甘酒の効能!ダイエット効果はある?その方法とは?


少し前からスーパーなどでチラホラと甘酒関連の商品が
増えているのにお気づきですか?

最近、この甘酒の優れた栄養やその美容効果に注目が集まっています。

日本に昔からあるこの甘酒
日本人の体質にも良く合いやすいと言われています。

ぜひうまく取り入れておきたいところですよね。

ここでは甘酒について、甘酒効果ダイエットに取り入れる方法などを
まとめてみました!

スポンサードリンク


 

甘酒とは?

6-1

甘酒と一口に言っても大きく分けて2種類あるんです。

【酒粕から作る甘酒】

ご存知、お酒を造ったあとに残る酒粕を使って作ります。

酒粕を水に溶いて、更に味を調えるために砂糖を加えます。

少量のアルコールが含まれますので、未成年や妊婦さん
車を運転する前などに飲むのは注意が必要です。

【米麹から作る甘酒】

米、米麹、水を合わせて発酵させて作ります。

発酵する途中で自然の甘みが加わりますので
砂糖を加える必要がありません。

またノンアルコールですので、どなたでも心配なく
飲むことができます。

栄養素が非常に豊富。

栄養素が優れていてダイエットや美容に効果大
かつノンアルコールで飲む人や場所を選ばない
【米麹から作る甘酒】がおすすめです。

甘酒の効能

甘酒に含まれる栄養素の主なものとして

  • ブドウ糖
  • ビタミンB群
  • オリゴ糖・食物繊維
  • 必須アミノ酸
  • コウジ酸
  • などが挙げられます。

    【ブドウ糖】

    甘酒の甘み成分はブドウ糖による甘さなのです。

    これは速やかにエネルギーとして消費され、体に蓄積しないのに
    脳には非常に満足感を与える糖です。

    甘酒を飲むことで満足感が得られ、ドカ食いや間食を防いでくれます。

    【ビタミンB群】

    肌荒れやお肌の保湿効果など、さまざまな効果がある
    ビタミンB群が豊富に含まれます。

    摂取した炭水化物などの糖質をエネルギーに変えるには
    ビタミンB群が必要なんです。

    また余分な脂肪を蓄積させないようにする効果を持つ
    ビタミンもこのビタミンB群で、ダイエットには不可欠な成分と言えます。

    【オリゴ糖・食物繊維】

    腸内の善玉菌を育ててくれるオリゴ糖と腸内の老廃物を
    体の外に出してくれる働きのある食物繊維が含まれます。

    ですから便秘にとても効果的なんです。

    腸内環境が整っていることはダイエットや美容の基本ですから
    これはとても嬉しい効果ですね。

    【必須アミノ酸】

    体内で生成することが出来ない必須アミノ酸が豊富に含まれます。

    血液をサラサラにする効果や内臓の働きやホルモンの分泌を
    安定させる効果など、様々です。

    中性脂肪値の抑制効果もあり、体重増加を抑えてくれる働きがあります。

    【コウジ酸】

    杜氏の人の手が非常にきれいなのはご存知ですか?

    それは米麹に含まれているコウジ酸の効果なんです。

    昨今、それに注目した日本酒の化粧水などもありますよね。

    甘酒にもそのコウジ酸がしっかり含まれていますので
    美肌、美白効果があります。

    主なものをざっと挙げてみましたが
    ダイエット効果以外にも非常にたくさんの嬉しい効果があるんです。

    これは試さない手は無いですよね!

    甘酒ダイエットの効果はある?

    6-2

    上で挙げましたビタミンB群、アミノ酸が
    特にダイエットに効果を発揮します。

    また食物繊維&オリゴ糖も腸内環境を整えてくれますので
    ダイエットの強いサポートをしてくれるでしょう。

    更にブドウ糖の効果で間食などが抑えられれば
    ダイエットはスムーズに進みますよね。

    また発酵食品であることや米がベースであることから
    日本人の体質に馴染みやすくなっています。

    たくさんのダイエット方法がありますが
    外国から来た食材などを使ったダイエットが
    イマイチ合わなかったという人も、効果が期待できるのではないでしょうか?

    甘酒ダイエットの方法とは?

    置き換えダイエットが一番おすすめです。

    【1食をコップ1杯の甘酒に置き換えてしまう】というものです。

    たいていは朝食が簡単でおすすめですが
    それ以外の方がやりやすい、という方は昼食、夕食でも構いません。

    1食を甘酒に置き換え、その他の2食はバランス良く食べるようにします。

    また小腹が空いたな、という時は少しだけ甘酒を飲んだり
    食間、食前におちょこ1杯程度の甘酒を摂ると
    食べすぎや間食を防ぐことが出来ます。

    ただし

    甘酒の摂り過ぎはカロリーオーバーになりますので
    1日にコップ1杯~2杯までにしましょう。

    甘酒の作り方

    米麹の甘酒は酒蔵などでも売っていますが
    自宅で作ることも出来ます。

    炊飯器ヨーグルトメーカーがあれば簡単です。

    材料は米・米麹(生麹が良い)・水だけですので
    ぜひトライしてみてはいかがでしょうか?

    炊飯器バージョン

    ヨーグルトメーカー(ヨーグルティア)バージョン

    まとめ

    飲む点滴とも言われる栄養豊富な甘酒。

    発酵食品ですので健康によく、さらにダイエット効果や美容効果まであるなんて
    嬉しい限りですよね。

    市販のものを買い続けるのはハードルが高いですが
    簡単に自宅でたくさん作ることができますので
    長く続けることが出来そうなのもいいですよね。

    甘酒ダイエットは劇的に痩せる効果より
    長く続けることでゆっくりと体を改善していく
    ダイエットなので焦らず、一ヶ月ぐらいは続けてみてください。

    きっと効果を感じることが出来ると思いますよ!

    スポンサードリンク

     
      関連コンテンツ  

    コメントを残す

    サブコンテンツ

    このページの先頭へ