ハウスリースバックとは?メリットとデメリットは何?


夢のマイホーム。

購入した後に売却する場合、
通常の取引では《自宅を手放さなければならない》ですよね。

ところが、売却しても、
そのまま《住み続けられる》サービスがあるのをご存じですか??

その名も《ハウスリースバック

ハウスリースバックってどんなもの?

メリットデメリット、注意点などを知りたい!

という事で今回ご紹介は、

マイホームを売却した後も住み続けることが出来る
《ハウスリースバック》についてご紹介致します!

スポンサードリンク

ハウスリースバックとは?

家を売るにも、買うにも大金が動きます。

今の場所を離れたくないという、人も多いはず。

ハウスリースバックとは何?

【ハウスリースバックとは】

ハウスリースバックとは、

所有している自宅を不動産会社が買い取り、
その後もそのまま賃貸で住み続けていけるサービスのこと。

自宅を売却する場合、売却分を即資金に変えることは出来ますが、
通常はその後自宅から退去しなければなりません。

ですが、このハウスリースバックサービスでは、
あらかじめその後自宅を使用する期間を取り決め買い取ってもらい、

売却後は買い取ってもらった不動産会社とリース契約をして、
そのまま変わらずに住み続けられるのです。

老後、また病気などで急な資金が必要、などの状況下でも、
《自宅を手放したくない》
《引っ越しは嫌》という方などに利用されているサービスです。

~多く利用されている方~

〇住宅ローンの返済が厳しくなっている

〇カードローンなどの借金が払えない

〇老後の生活費が不足している

〇家を相続する人がいない

〇事業資金

〇病気やケガの治療費が必要

〇子供の教育費が必要

ハウスリースバックのメリットとデメリットは何?

何事にも、メリット・デメリットは付きもの。

ハウスリースバックのメリット、そしてデメリットとは?

よく考えて、検討してみて下さい。

【ハウスリースバック メリット】

〇現金化までの期間が短い

〇引っ越しの必要がない

〇売却したことを他者に知られない

〇子供の学区が変わらない

〇将来、買い戻すことが出来る

【ハウスリースバック デメリット】

〇買い取り価格が市場相場よりも安い

〇売却後の家賃(リース料)が周辺の家賃相場よりも高くなる可能性がある

〇将来的に買い戻しも可能、
ただし、売却した際の価格よりも高くなる場合が多い

ハウスリースバックで注意するべきことは?

ハウスリースバックで注意すべき点とは?

【ハウスリースバック 注意点】

続いては、ハウスリースバックを利用する際の注意点についてみていきましょう!

【ローンののこり】

ローンの残債>売却価格 では利用できません。

利用者の中には、住宅ローンの返済が難しい方も該当しますが、
不動産会社の買取金額がローン残債の金額を上回らないと利用は難しそうです。

【賃貸料】

売却後後の家賃(リース料)ですが、年間で売却金額の《8~10%》が目安です。

つまり、3千万円で買い取ってもらった場合、
10%の場合は《年間で3百万円、月額25万円》の賃料が発生するということ。

資金の調達は出来たけれど、
家賃の支払いが追い付かない・・という事態にならないよう注意が必要です。

【リース料>売却料金】

年間で売却金額の8~10%がリース代としてかかるハウスリースバック。

10%である場合、つまりは10年を超えると、
支払うリース料の方が売却料金よりも上回ってしまいます。

10年以上支払うという事は、それ以降は損をし続けてしまうということ。

リース期間やタイミングを十分に予測してからの利用が賢明と言えそうです。

【ハウスリースバック事業主が倒産】

売却した不動産会社などが倒産した場合、
住宅の所有者が変わることになります。

その際、住宅を立ち退かなければならなくなる場合も。

まとめ

いかがでしたか?

急な資金調達などに便利な《ハウスリースバック》

そのメリット、デメリット、お分かりいただけましたでしょうか。

自宅を担保にして金融機関などからお金を借りて、
借りたお金は本人の死亡時に自宅を売却し一括返済する
《リバースモーゲージ》とは少々異なります。

リバースモーゲージでは

60歳以上など下限が決められている場合が多いため、
高齢でないと利用できない商品が多いのが特徴です。

それに比べハウスリースバックは、

事業の成功後、また将来の大きな収入の目途が立っていれば、
買戻しも可能・・・とう事で、若い世代でもOK。

ただし上述通り、10年以上経過すると売却金額を上回る場合もありますので、
十分な注意が必要です。

スポンサードリンク

 
  関連コンテンツ  

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ