スプレー缶の捨て方!中身が残っている時の簡単な処分方法とは?


自治体によって分別方法などが異なる場合もある《ごみの処分方法》

ペットボトルのラベルは剥がして出す。

専用のゴミ袋に入れる。

などなど、ゴミの捨て方について自治体ごとに細かく決められています。

捨てる際に特に気を付けたいのが、そう《スプレー缶》です。

ヘアスプレーや制汗スプレー、殺虫スプレーなど、
お家に必ずといっていい程あるスプレー缶。

捨てる際に困ってしまったことはありませんか??

という事で今回お届けするのはスプレー缶捨て方

中身が残っている際の簡単な捨て方などもご紹介致します♪

スポンサードリンク

スプレー缶の捨て方のルールとは?

たまに、「清掃車から爆発音が・・・」
と言うニュースを見たことはないですか?

今は、少なくなったかもしれませんが、
スプレー缶の破裂が主な原因。

スプレー缶の捨て方のルールって?

【スプレー缶の捨て方のルール】

スプレー缶は中身を使い切って、缶に穴を開けて出すんじゃないの??

実は自治体によって、出し方のルールは違うのです。

ですが、統一されているルールはこちら!

〇中身を使い切ってからゴミに出すこと〇

スプレー缶やカセットボンベなどの中に残っていたガスが原因の
《ごみ収集車火災》が各地で発生しています。

中身を使い切れないものは自ら空にする以外にも、
《消防署》や《地域のリサイクルセンター》などで引き取ってくれたり、

《中身が入っています》と表示すればゴミとして出せる自治体もあります。

ルールを破って出してしまったスプレー缶1本で、
ごみ収集車の火災や、作業員さんの命すら奪いかねません。

必ずルールを守って処分するようにしましょう!

スプレー缶を処分する時に必要な道具と服装は?

【スプレー缶の処分 必要な道具と服装】

スプレー缶を処分する際に、必要な道具と適切な服装はどんなもの?

スプレー缶をゴミとして捨てる際、まずは使い切ることが大切!

中身は出ない状態であっても、中にガスが残っている場合もあります。

中身が出ない=空ではなく、
噴霧口を押して《シュー》っという音が鳴らなくなるのが《空になった》しるし。

ヘアスプレーなどの場合、スプレー口を取り、プラスチックの蓋に先を差し込むと、
ガスが抜けるようになっているものもあります。

このように最後までガスを抜けるよう工夫されている商品もありますので、
蓋やスプレー本体を確認してみてください。

そして、ガスを抜く際、気を付けたいのが静電気による発火です。

中身を抜く、最後までガスを出し切る際も
《ウールのセーターとポリエステルのアウター》など静電気が発生しやすい服装は避け、

汚れても良い、綿の部屋着などで行うのがおすすめ。

ゴム手袋やマスクを着用すると更に万全です。

スプレー缶の捨て方!中身がない場合の処分方法は?

スプレー缶の捨て方!中身がない場合の処分方法をご紹介!

【スプレー缶 中身がない場合の処分方法】

中身がない場合の処分方法を見ていきましょう!

〇中身がなくなっても、シュー―っという音が出なくなっているかを確認しましょう。

〇各自治体のルールに従って、ごみ置き場に出します。

その昔は《スプレー缶はゴミとして出す前に缶に穴を開ける》
というルールがありましたが、

穴あけ時の事故や火災などが発生している状況を受け、
現在では《穴を開けずに出す》方が主流となっています。

ガスボンベの穴あけ作業中に引火、焼死する火災も起きています。

《穴を開けて出してください》とのルールがある自治体の場合は
十分に安全に注意して専用のパンチで穴あけを行い、

記載がない場合は《穴を開けずに》処分しましょう。

スプレー缶の捨て方!中身が残っている場合の処分方法は?

空になったスプレー缶は、捨てやすいですが、
中身が入っていると迷いますよね。

スプレー缶の捨て方!中身が残っている場合の処分方法をご紹介!

【スプレー缶 中身が残っている場合の処分方法】

続いては《中身が残ってしまっている場合》の処分方法をご紹介します。

そのまま引き取ってくれる場所やシステムがない場合、
必ず中身を使い切ってから捨てるのがルールです。

ご家庭でも簡単に出来る処分方法を見ていきましょう!

注意屋外など、換気の良い状況下で行ってください。

注意マスクやゴム手袋を使用しましょう。

〇必要なもの〇

バケツ ゴム袋 トイレットペーパー

①バケツに大き目のゴミ袋をセットします。

②セットしたゴミ袋の中に、トイレットペーパーをロールごと入れます
(多めに残っていれば使いかけでもOK)

③トイレットペーパーに押し付けるようにしてスプレーを噴霧します。

④全て出し切ったら、ガスが抜けるまでしばらく放置します。

⑤ガスが抜けるまで数時間放置したらゴミ袋の口を縛って可燃ごみとして処分しましょう。

  

尚、カセットボンベの場合はこのような方法は行わず、
使い切るか引き取ってもらえる場所に持参しましょう。

分別は自治体のルールに従って!

私の住んでいる自治体では、スプレー缶開けのようなものが、
粗大ごみの日に置いてあります。

缶を挟んで、足で踏みます。(私は。)

顔を近づけていると、中身が噴射することがあるので、危険です。

分別は自治体のルールに従って行いましょう!

【ゴミの分別 自治体のルール】

ご紹介したように、ガスを出し切ってからの処分方法も各自治体によって変わってきます。

中身を空にしなくては!とガスが残ったままのスプレー缶に穴を開けるのも大変危険です。

〇ルールとして定められていない場合、無理に穴はあけない!

〇《中身が空のスプレー缶》として処分する場合は、必ず中身は空にする!

以上は必ず守り、お住まいの各自治体のルールに則って処分するようにしてください。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

処分方法によっては大変な危険を伴う《スプレー缶の捨て方》

これくらい大丈夫だろうの軽い気持ちが大事故を招きます。

お住まいの地域の処分方法がよく分からない・・という場合は、

各自治体のHPをご覧になるか、
ごみ処理担当の部署に問い合わせしてみても安心です。

お引越し直後など、
前の住まいではこうだったからと安易に同じ方法で処分せず、

必ず確認してから収集場所などに出すようにしましょう!

スポンサードリンク

 
  関連コンテンツ  

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ