飲んでも太らないお酒って?ビールやハイボールはどうなの?


何かとお酒を飲む機会の多い時期!

美味しくてついつい進んでしまうけれど、
このままだとクリスマスから年末年始で体重が大変な事に?!

太りやすいお酒の種類を知りたい!

飲んでも太らないお酒ってある??

という事で今回ご紹介するのは《太る?太らない?? ~お酒の種類~》

太りづらいおつまみの種類、
また太らないために気を付けたいポイントも併せてお届け致します♪

スポンサードリンク

飲んで太りやすいお酒の種類

忘年会・新年会と理由をつけて、飲む機会の多くなる年末年始。

「あ~飲み過ぎた」という事もあると思います。

食べ過ぎは、太ると心配しますが、
飲み過ぎも太る原因になることもあります。

飲んで太りやすいお酒の種類って?

【太りやすいお酒の種類】

まずは《太りやすいお酒》とは、どんなお酒なのかを見ていきましょう。

〇カロリーが高い

〇糖質が高い

  

つまり、カロリーが高い、
またお酒の中に含まれる糖質の値が高いものが《太りやすいお酒》となります。

~太りやすいお酒の種類~

※白米100グラム(こども用茶碗に1杯)

カロリー:168キロカロリー 

糖質:37グラム

  

①ビール 缶ビール1本分(350ml)

カロリー:141キロカロリー

糖質:11グラム

②日本酒 一合(180ml)

カロリー:180キロカロリー

糖質:6.5グラム

③梅酒 100ml

カロリー:162キロカロリー

糖質:21グラム

④甘酒 200グラム

カロリー:162キロカロリー

糖質:36グラム

飲んで太りにくいお酒の種類

反対に、太りにくいお酒の種類を紹介しますが、
くれぐれも飲み過ぎは禁物!!

【太りにくいお酒の種類】

①ウィスキー 30ml

カロリー:71キロカロリー

糖質:0

②ブランデー 32ml

カロリー:76キロカロリー

糖質:0

③ウォッカ アルコール度数55度 30ml

カロリー:74キロカロリー

糖質:0

④ジン 30ml

カロリー:85キロカロリー

糖質:0

⑤焼酎 90ml

カロリー:127キロカロリー

糖質:0

⑥ワイン グラス1杯

カロリー:91キロカロリー

糖質:赤ワイン2グラム 白ワイン2.5グラム

太らないおつまみの種類

お酒は気にしていても、
お酒には付きものの、おつまみ。

おつまみにもいろいろあるので、
太らない物をチョイスしてみましょう。

太らないおつまみの種類とは?

【太らないおつまみの種類】

お酒もそうですが、

お酒の食欲増進効果によるおつまみの量や種類によって、
太る・太らないが決まってきます。

いくら太らないお酒を飲んでいても、
高カロリー・高糖質のおつまみばかりを食べていてはもちろんNG!

以下、太りにくいおつまみの種類を見ていきましょう!

〇食物繊維の多い物〇

酢の物

キノコ類

ほうれん草のサラダやお浸し

切り干し大根

〇カロリー・糖質が少ないもの〇

刺身

煮物

冷奴

豆腐チャンプルー

焼き鳥(塩)

おでん(練り物以外)

アボカドまぐろ

かつおのたたき

しめさば

豚しゃぶ

逆に太るおつまみは
《甘からい味付けのもの》や
《イモ類含む、炭水化物全般》です!

焼き鳥はタレが太るもと、頂くならば塩がおすすめですよ。

〆のラーメンは厳禁!!

お酒を飲んで太らないために気を付けるべきこととは?

「飲み過ぎたぁ~」と後悔することも多いはず。

そこで、
お酒を飲んで、太らないために気を付けるべきことって何?

【お酒を飲む!太らないために気を付けるべきこと】

最後に、お酒を飲む際、
太らないために気を付けるべきポイントを見ていきましょう!

〇お酒もおつまみもほどほどが大切〇

お酒、更におつまみと飲み放題、食べ放題では太ってしまいます。

高カロリー×高カロリーの組み合わせは避け、
太りやすいお酒を飲むなら太りにくいおつまみを・・など、
調整しながら頂きましょう。

〇お酒を飲む前後に水分を摂る〇

お酒を飲む前、また飲んでいる最中でも、
お茶やお水などアルコール以外の水分(カロリーが低くノンカフェインのもの)を多く摂るように心がけましょう。

〇おつまみは野菜を中心に〇

野菜スティックやサラダなど、
食物繊維が多く低カロリー、低糖質のおつまみを積極的に食べましょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

《太りやすいお酒・太りにくいお酒》

太りにくいお酒の代表としては、《蒸留酒》がおすすめのようですね♪

ただし、いくら太りにくいからと言っても、
大量の飲酒ではカロリーの大量摂取に繋がります。

頂く量はほどほどに、調整しながら飲むようにしてくださいね。

また、せっかく糖質ゼロのウィスキーや焼酎をチョイスしても、

割るものが《甘いジュース》などの場合は
カロリー・糖質ともに跳ね上がってしまいます。

水や炭酸水、緑茶やウーロン茶などで頂くようにしましょう!

スポンサードリンク

 
  関連コンテンツ  

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ