成人年齢の引き下げはいつから?メリットとデメリットや変更点は?


成人=二十歳

ごく当たり前だと思っていたこの《成人の定義》が、
140年ぶりに変わります!!

20歳から18歳へ。

18歳から大人の仲間入りなの?

成人年齢の引き下げはいつから施行されるの??

引き下げられる理由が知りたい!

という事で今回ご紹介するのは《成人年齢の引き下げ》について。

18歳で成人となることによる、メリットやデメリットも合わせてご覧下さい!

スポンサードリンク

成人年齢の引き下げはいつから施行されるの?

人生の節目と言われる一つの、成人式。

皆さんは、出席されましたか?

二回目の成人式(40歳)も過ぎたという人も多いのでは…

成人年齢の引き下げが、国会で、話題になったのは、つい昔。

成人年齢の引き下げはいつから施行される?

【成人年齢の引き下げ 時期】

2015年から、選挙権年齢が20歳から18歳に引き下げられましたね。

そしていよいよ、成人年齢も20歳から18歳へ!

明治時代から140年もの間民法で定められていた成人年齢が、
18歳に引き下げられることが決定しました。

その施行日は《2022年4月1日》

つまり、2022年の4月1日時点で18歳、および19歳の人は、
2022年の4月1日に《新成人》となる訳です。

成人式年齢引き下げの対象は今何歳の人から?

成人式年齢引き下げが行われるとした場合、
その対象は今何歳の人からになるのでしょうか。

2022年4月1日からという事で、

2004年(平成16年)生まれの人たちが、18歳で、成人式を行うことになります。

2003年(平成15年)生まれの人は、19歳で。

2002年(平成14年)生まれの人は、
今まで通り20歳
で、成人式を行うことになります。

しかし、三学年一緒に成人式をするとなると、
会場もそんなにたくさんの人を収容できるところとなると、
今までと一緒では、狭いでしょう。

女の子は、殆どが、振袖を着ます。

我が家も今年、振袖を着ました。貸衣装で。

三学年一緒になると、
自分の気に入る振袖がないという事にも、なりかねません。

また、受験生の年とううこともそうですが、姉妹で、成人式となると、
親の出費も大変です。

しかし、成人式を18歳で、行うかどうかは、各自治体に委ねてあるようです。

多くの自治体では、まだ、決まっていないのが、実情のようです。

成人年齢が引き下げられる理由は?

高校生の子供を持つ親は、自分の子供が、
何歳で成人式なのか気がかりのようです。

わざわざ、成人年齢を引き下げなくても・・・という意見もあります。

そんな中、成人年齢が引き下げられるのは、どうしてなの??

【成人年齢 引き下げの理由】

いままでずっと20歳だった《成人年齢》

引き下げられるのはどうしてなの??

〇若者により早い社会参加を

〇自立年齢の引き下げによって生まれる、社会的責任、経済的責任の自覚

表立った主な理由は上記の通りです。

が、一番の目的はやはり《成人人口の増加による税収増加》でしょう。

更に、消費の拡大や労働人口の増加なども
成人年齢引き下げによる効果として挙げられるため、
その理由とひとつとなりそうです。

成人年齢が引き下げられるものと変更のないもの

成人年齢、引き下げられるもの、変更のないもの、
それぞれをご紹介します!

何が変わり、何が変わらないのか、覚えておきましょう。

【成人年齢 引き下げられるもの ~18歳から可能に~ 】

〇親の同意が無くても、契約できる→携帯電話・ローンを組む・クレジットカードを作る・部屋を借りる・車の購入など

〇10年有効のパスポート取得

〇医師免許などの国家資格取得

〇性同一性障害の方→性別取り扱い変更審判を受ける

【成人年齢 変更のないもの ~20歳にならないとダメ~】

〇飲酒

〇喫煙

〇競馬、競艇、競輪、オートレースの投票券購入

〇養子を迎える

〇大型・中型自動車運転免許の取得

クレジットカードやローンの契約に注意

成人の年齢が、引き下げることによって、
18歳で、親の同意がなくても、出来ることが増えてきます。

その中の一つ、クレジットカードやローンの契約に関係しては、
一度、契約をしたものに関しては、取り消しができない為、

よ~く考えて契約することが、必要です。

支払いを頻繁に滞納などすれば、

ブラックリストとして手配されてしまうかもしれないので、

その扱いにはより注意が必要になってくるのではないでしょうか。

また、悪徳商法などにも、引っかからないように、注意しましょう。

そのため18歳で成人したとしても、
しばらくは様子を見てからそうした手続きを行った方が良いのかもしれません。

急ぐ必要は決してありませんからね。

お酒やタバコは20歳から

成人年齢が引き下げられて気になるのは、やはりお酒やタバコ関係でしょう。

飲みの席というのが18歳からになるかもしれませんね。

しかし成人年齢が変わってもお酒やタバコの適正年齢は変わらない

これは身体への影響を考えたら納得がいきますよね。

飲酒も喫煙も20歳になってからです。

年齢が引き下げられても、

体も発達するわけではありませんからね。

しかしこれは注意が必要になってきます。

成人年齢が引き下げられたことによって、

飲酒喫煙の年齢も引き下げられたものと
勘違いをしてしまう方は必ず現れると思います。

飲酒喫煙は変わらず20歳からだということを
しっかり頭に入れておきたいですよね。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

2022年4月に施行される予定の《成人年齢の引き下げ》

20歳から18歳へと成人年齢が変わります。

タバコやお酒、公営ギャンブルの投票券の購入などは、
今まで通り20歳からとなりますのでお間違いなく!

また、気になる成人式ですが、
現在と同様、各自治体の判断で成人式は実施される予定です。

対象が18歳に変わるのか、その場合は大学受験シーズの1月に行うのか、
また2022年度の成人式《2023年1月》は18,19,20歳と合わせて行うのか、などなど

成人式の行い方についても、今後の課題となっていきそうです。

スポンサードリンク

 
  関連コンテンツ  

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ