手作りスノードームの作り方!中身の素材や液体は何を入れるの?


クリスマスの小物やオーナメントなどが
あちこちの店舗でディスプレイされている今の時期♪

見ているだけで幸せな気分になってきますよね。

そんな中でも目を引くのが、
小さな容器の中に閉じ込められた素敵な世界《スノードーム

その可愛らしさに、
ついつい手にとってしまう方も多いのではないでしょうか。

スノードームって、手作り出来ないの??

オリジナルスノードームを作りたい!!

という事で今回ご紹介するのは《手作りスノードームの作り方!!》

中身の液体・・・・実はアレで作れちゃうんです♪

スポンサードリンク

スノードームとは?

スノードームはクリスマスシーズンのもの。
と言う感じがしませんか?

クリスマスシーズンだけでなく、
お土産にもかわいいスノードーム。

球体やドーム型の小さな容器の中に、

液体と共に家や人物などのミニチュア、
更に雪に見立てたスノーパウダーなどを入れ、
動かすと雪が降ってくる様を楽しむもの。

コレクターズアイテムとしても知られ、
沢山のスノードームをコレクションする方もいるそうですよ。

主に、クリスマスの時期などに多く見られます。

日本ではスノードームと呼ばれますが、
英語では《Snow globe(スノーグローブ)》

1889年開催のパリ万国博覧会で、
エッフェル塔をモチーフにしたスノーグローブを販売し話題となったことで、
世界中に広まったそうです。

スノードームを手作りするのに必要なものは?

スノードームも手作りすることが出来るようです。

スノードームを手作りする際に、必要なものとは?

【手作りスノードーム 必要なもの】

実は簡単に手作り出来ちゃうスノードーム!!

手作りスノードームに必要なものを見ていきましょう♪

〇蓋つき瓶などの容器

〇メインパーツ(水に溶けないものならば何でもOK)

〇スノーパウダーやラメ、スパンコールなど(雪に見立てるもの)

〇グリセリン、液体のり、台所洗剤、など、水にとろみをつけるもの

〇接着剤(耐水性ボンドや瞬間接着剤)

  

続いてはいよいよ、スノードームの作り方をご紹介致します!

手作りスノードームの作り方!

オリジナルのスノードームを作れるので、楽しみです。

手作りスノードームの作り方をご紹介致します!

【手作りスノードーム 作り方】

~中に入れる液体タイプ~

①グリセリンの場合:精製水100mlに対してグリセリン5mlを混ぜる

②洗濯のりの場合:水7に対し洗濯のり3 程度の割合で様子を見ながら混ぜる

③食器洗剤の場合:界面活性剤入りの食器用洗剤を水に数滴垂らす程度。

おすすめは透明度の高いグリセリンです!

薬局などで購入可能ですよ♪

中身を長持ちさせたいならば、水よりも精製水をチョイスしましょう。

~スノードーム 作り方~

①瓶の蓋の内側に、メインパーツやオーナメントを接着剤で固定します。

②瓶の中に液体と雪に見立てたラメなどを入れ、パーツを付けた蓋をしてしっかりと閉めれば完成!!

  

とっても簡単ですよね♪

スノードームキットを使えばもっと簡単に出来る!

スノードームキットを使えばもっと簡単♪

【スノードームキット】

作るのは簡単だけれど、あれやこれや揃えるのが面倒・・・

そんな方には、便利な《スノードームキット》も販売されています!

東急ハンズ:スノードームキット

キットも便利ですが、グリセリン以外は、
百円均一などで全て材料をそろえる事が可能です♪

専用のドーム型容器をはじめ、オシャレな瓶なども多く販売されていますので、
あれこれ考えながらチョイスしてみるのも楽しいですよ!

まとめ

いかがでしたでしょうか。

簡単に手作り可能!《オシャレなスノードーム》

キットを使用するよりも、百円均一などで材料をそろえた方がお安く、
お好みのものを選ぶことが出来そうです。

中に入れるものも、水に溶けなければ何でもOK!

今人気の《プラバン》で、
お気に入りの絵を描いたものをボンドでつけても素敵ですね♪

雪に見立てたパウダーは
《ネイルコーナー》でラメやスパンコールなどが手に入ります!

素敵な作品に仕上げてみてくださいね。

スポンサードリンク

 
  関連コンテンツ  

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ