豆腐の賞味期限はどのくらい?1週間の賞味期限切れは食べられる?


まだまだ大丈夫と油断していたら、
冷蔵庫の中で切れてしまった食材の《賞味期限》

海苔やふりかけ、レトルト食品なども、
賞味期限が長いと安心してついつい期限切れにしてしまう、

そんなことってありませんか?

そもそも食品に記載されている《賞味期限》と《消費期限》てどう違うの?

冷蔵庫に入れておいた豆腐がうっかり賞味期限切れ!
どれくらいまでなら食べられる??

という事で今回ご紹介するのは豆腐賞味期限について。

賞味と消費、それぞれの期限の違い、
危ない豆腐の見分け方もご一緒にご覧ください!

スポンサードリンク

賞味期限と消費期限とは?

食べ物は、どれも、美味しくいただきたいたいです。

そんなに意識しなかった賞味期限と消費期限。

違いを知って、美味しくいただきましょう。

賞味期限と消費期限、その違いとは?

【賞味期限】

まずは賞味期限からご紹介致します。

賞味期限とは → 美味しく食べられる期限のこと

食品に記載のある方法を守って保存した場合に、
書かれた日付まで《美味しく食べる事ができますよ》という期限です。

カップ麺や缶詰、スナック菓子やペットボトル飲料等、
比較的長期保存が可能な食品に使用され、

製造日から賞味期限までの期間が3ヶ月以上あるものに限っては、
年月での表示が可能。

この期限が過ぎてしまったからと言って、
すぐに食べられなくなってしまう訳ではありません。

食品や過ぎてしまった期間にもよりますので、
食べられるか否かは、消費者の判断に拠るところ、と言えそうです。

ですが、あくまで《未開封》で、
表示通りの保存方法を守って保管しておいた商品のみ!

開封してしまった場合などは、
賞味期限の定義には当てはまりませんのでご注意を。

【消費期限】

続いては消費期限について見ていきましょう!

消費期限とは → 安全に食べられる期限のこと

比較的保存がきくものに使用される《賞味期限》とは異なり、

お弁当やサンドウィッチ、ケーキや生菓子類、
食肉や生めんなど、傷みやすい物に表示されます。

記載の方法を守って保存し、かつ《期限内》であれば、
安全に食べられますよ、という意味である《消費期限》

少しでも過ぎてしまったものは、
腐敗などの恐れがあるため《食べないように》しましょう!

豆腐の賞味期限はどのくらい?

夏は冷奴、冬は湯豆腐と年中大活躍の豆腐。

豆腐の賞味期限てどのくらいなの?

【豆腐の賞味期限】

スーパーなどで販売されている豆腐には、
主に製法の異なる2種類の商品が販売されています。

〇通常の豆腐・・・カットされ、水に浮いて販売されているタイプの豆腐

〇充填豆腐・・・水や空気が入らず、パックいっぱいに豆腐が入っているタイプ

豆腐をカットしてからパック詰めする通常の豆腐に対し、
充填豆腐は容器ごと加熱処理を行って冷却するため、賞味期限が長くなります。

商品により差がありますが、豆腐の賞味期限は

〇通常の豆腐・・・1日~5日程度

〇充填豆腐・・・1~2ヵ月程度

  

となりそうです。

豆腐の1週間の賞味期限切れは食べられるの?

捨てるのがもったいなくて、臭いをかいで、
判断することはありませんか?

「一日くらい」自分は大丈夫と言い聞かせることも・・・

豆腐が賞味期限切れ!1週間過ぎたものは食べられる??

【豆腐 賞味期限切れ】

冷蔵庫で保存していた《豆腐》が期限切れ!

一週間過ぎたものでも食べられる??

まず、加熱処理されておらず日持ちしない通常の豆腐、
更に表示が《消費期限》の豆腐は、

《一週間過ぎたものは食べない》ようにしましょう。

熱処理されている充填豆腐、また表示が《賞味期限》の豆腐の場合は、
一週間程度であれば品質に問題はない場合が多いようです。

が!冷蔵庫内の温度や外気の気温、保存方法などによっても変わってきますので、
豆腐に変化がないか十分に確認してから食べるようにしてください。

〇見た目→変色するなど見た目に変化がないか、中の水が黄色く濁っていないか、パックが膨らんでいないか など

〇味や様子→ヌルついていないか、酸っぱい臭いがしないか など

ただし、傷んでしまっていても、見た目・味ともに変化がない場合もあるそうです。

心配な場合は、
賞味期限切れの豆腐は食べないようにしたほうが良いかもしれません。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

《豆腐の賞味期限について》

賞味期限の比較的長い充填豆腐の場合、

3つ1パックで売られている商品も多く、
食べきれずに期限切れ・・・なんて事態に陥りがちですよね。

賞味期限の記載のある豆腐については、
2~3日程度切れている位であれば、品質になんら問題はなさそうです。

ただし、開封したもの、
開封して器に移したものなどはこの限りではありません。

すぐに頂くようにしましょう!!

スポンサードリンク

 
  関連コンテンツ  

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ