お年玉は何歳から何歳まであげるのがいい?いつまであげるかの目安は?


前回ご紹介した《正月飾り》に引き続き、
お正月に欠かせないものと言ったらそう、《お年玉》です。

お正月、子供たちの一番の楽しみですよね。

ところでこのお年玉、何歳のころから貰っていたんだろう??

そして、どれくらいまであげたらいいの??

という事で今回ご紹介するのはお年玉何歳から何歳まであげるのがいい?》

年代ごとの相場と合わせて、一般的な《お年玉事情》に迫ります!!

スポンサードリンク

お年玉は何歳からあげるのがいい?

いくつになっても、お年玉は欲しいですよね。

お年玉って何歳からあげるのがいいの??

【お年玉 何歳からあげる??】

子供にとってのお正月の楽しみ《お年玉》

いざあげる方の立場になったとき、
考えてしまうのが《お年玉をあげ始める時期》です。

兄弟・姉妹に赤ちゃんが誕生!!

可愛い甥っ子、姪っ子に、いつからお年玉ってあげるのがいいんだろう?

一般的には以下が《あげ始める時期》として多いようです。

〇誕生後初めてのお正月、《0歳》から

〇お年玉袋を受け取れる、《1歳頃》から

〇幼稚園入園を迎える、《3歳頃》から

〇お年玉をしっかりと認識できる、《小学校入学頃》から

  

姪っ子や甥っ子などごく近しい関係、

自分の子供にもお年玉を頂いている、などの場合は、
頂き始めた時期・額などに合わせて早めの時期からお渡しするのが良いでしょう。

また、近しい親戚でも、普段滅多に会わない、お正月も顔を合わさない、
自分の子供にお年玉を頂いてないなどの場合、

小学校入学頃からの時期でも問題なさそうです。

持ちつ持たれつの関係性がない場合、
一番の目安は《あげたい》と思った時期!

難しいことは考えずに、
可愛いからお年玉をあげたいな・・・そう思う時期が《あげ時》です♪

お年玉はいつまであげるかの目安は?

親にとっては、痛い出費の一つが、お年玉。

金額はそんなに多くなくても、
人数が多いと、かなりの金額になります。

お年玉っていつまであげればいい?その目安とは?

【お年玉 いつまであげる?】

あげ始める時期は様々なお年玉。

では、あげ始めたお年玉、今度はいったいいつまであげたらいいんだろう??

こちらも一般的な《お年玉卒業時期》を見ていきましょう!

〇高校を卒業するまで

〇成人を迎えるまで

〇社会人となるまで

  

以上の時期までお年玉をあげる方が多いようです。

高校卒業を機に、

成人しても大学生のうちはあげる、

成人式のお祝いを渡したら卒業、

自分でお金を稼げる社会人になったらなし、

などなど、様々なケースが。

こちらも《あげ始める時期》と同様、

持ちつ持たれつ、
先に頂いている場合は同じ時期まで合わせて差し上げるのが良いでしょう。

そうではない場合はやはり、
渡す側の気持ち次第で、というところになりそうです。

お年玉の相場ってどれくらい?

お金となると、金額に悩みます。

「多ければいい」というものでもありませんし。

お年玉の相場!一般的にはどれくらい??

【お年玉 年代ごとの相場】

続いては、気になるお年玉の相場について!

みんなどれくらいのお年玉をあげてるの?

一般的な金額を年代ごとに見ていきましょう。

〇0歳~未就園児:~1,000円

〇3歳~未就学児:1,000円~2,000円

〇小学校低学年:1,000円~3,000円

〇小学校高学年:3,000円

〇中学生:5,000円

〇高校生:5,000円~10,000円

〇大学生:10,000円

  

こちらもあくまで目安ですが、

だいたい年代ごとの一般的なお年玉相場は上記の額が一般的なようです。

親戚が多い、兄弟が多いなどの場合は、

差が出ない様に、予め兄弟で間で金額を決めておくという方も多いよう。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

お正月、可愛いあの子に渡したい《お年玉》

渡し始める年齢、卒業する年齢は、
ある程度の時期に分かれるようですね。

小さな赤ちゃんにあげても自分で使えないから・・・
との考え方もありますが、

ママやパパに《貯金》していただくことも可能です。

迷ったら、あくまでお渡しするこちらの気持ち、
《送りたい思い》を大切にしましょう♪

スポンサードリンク

 
  関連コンテンツ  

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ