初めての宝くじの買い方!連番やバラなどの購入方法と心掛けたいことは?


ハロウィンジャンボ宝くじの当選番号が発表になりましたね♪

サマージャンボやドリームジャンボなど、
高額当選を狙える《ジャンボ宝くじ》

そしてこれからの時期と言えば、
大晦日に盛り上がる《年末ジャンボ》がやってきます!!

ところで、宝くじって宝くじ売り場でしか買えないの?

連番・バラの買い方、それぞれのメリットやデメリットとは??

という事で今回ご紹介するのは初めて宝くじ買い方!》

連番とバラでは、当選確率が変わるってホント?!

スポンサードリンク

宝くじを買うにはどんな方法があるの?(ネット・店頭など)

皆さんは、宝くじを買ったことはありますか?

じつは、私は、買ったことはないんです。いわゆる、現実派!!

宝くじは「夢を買う」と言う人もいます。

皆さんは、夢を買っていますか?

宝くじはどんな方法で購入できるの?

【宝くじ 購入方法】

まずは、ジャンボ宝くじを購入できる方法を見ていきましょう!

◎店頭で◎

まずは王道、街中などでよく見かける《宝くじ売り場》で購入可能です。

取扱時間は、
各宝くじ売り場の営業時間となりますのでお間違いのないように。

店舗によって取り扱い商品が異なりますが、
ジャンボ宝くじはどの売り場でも購入できるでしょう。

◎ネットで◎

宝くじ公式サイトの、ネット購入ページからも購入出来ます。

1.会員登録  2.購入時のクレジットカード情報 3.当選時の振込口座  の登録が必要です。

1年中、24時間いつでもジャンボ宝くじ等の普通くじが購入可能!!

ただし、発売終了日の発売は23:50までとなりますのでお気をつけください。

URLhttps://www.takarakuji-official.jp/ec/

ジャンボ宝くじの連番の買い方

今では、ネットでも買えるようになったんですね。

ジャンボ宝くじの連番の買い方はこちら!

【ジャンボ宝くじ 連番の買い方】

宝くじの買い方には主に2通りあり、そのうちの一つが《連番》です。

組、更に6ケタある番号の上から5ケタ目までが同一の番号の宝くじで、
下1ケタを《0~9》の数字で揃えた購入方法
です。

ワンセット10枚単位で購入でき、
10枚購入すると、異なるのは下1桁の数字のみ、という事になります。

売り場で購入する場合は、
《〇〇ジャンボの連番10枚下さい》とお声がけしましょう。

◎ジャンボ宝くじのみ購入可能な 福連100◎

ジャンボ宝くじでは《福連100》という購入方法もあります!

1セット100枚単位で購入でき、
組は10種類、番号の下2ケタを《00~99》で揃えた購入方法です。

1等、前後賞の当選も期待度が上がり、下2ケタの当選が可能となります。

ジャンボ宝くじのバラの買い方

連番でなくても、バラでも買えます。

ジャンボ宝くじのバラの買い方はこちら!

【ジャンボ宝くじ バラの買い方】

続いてはバラくじの購入方法です。

バラくじも1セット10枚単位で購入でき、

組、6ケタある番号の上から5ケタ目まではバラバラ、
下1ケタのみ《0~9》の数字で揃えた購入方法
です。

売り場で購入する場合は、
《〇〇ジャンボのバラ10枚下さい》とお声がけします。

◎ジャンボ宝くじのみ購入可能な 福バラ100◎

1セット100枚単位で購入でき、
組は100種類、各組の番号の下2ケタを《00~99》揃えた購入方法です。

番号確認のドキドキを堪能できます。

◎ジャンボ宝くじのみ購入可能な 3連バラ◎

1セット30枚単位で購入でき、
バラ10枚のそれぞれの組、番号が3枚連続となる購入方法です。

バラでも前後賞当選のチャンスが♪

連番やバラのメリットとデメリットとは?

連番にしようかバラにしようか迷ってしまう・・・・

連番やバラのメリット、デメリットについて見ていきましょう!

【連番のメリット デメリット】

まずは連番のメリットと言えば何と言っても《前後賞》が狙える点です!

1等当選番号の前後の番号が当選となる《前後賞》

2018年末のジャンボでは、
1等が7億円、前後賞がそろぞろ1億5千万円ずつという高額な当選金です。

組・上5ケタともに続きの番号である連番で買っていれば、
おのずと前後の前後賞も当選できるということ。

ただし、当選番号の下1ケタが《0》もしくは《9》の場合は連番であっても、
前賞、もしくは 後賞のみの当選となりますのでお間違いのないように!

そしてデメリットとして挙げられるのは
《ハラハラしながら一枚ずつ番号を確認出来るドキドキがない》ということ。

最初の1枚を見れば察しがついてしまうのが、
連番購入の最大のデメリットと言えそうです。

【バラのメリット デメリット】

続いてはバラでの購入のメリット、デメリットを見ていきましょう!

まず、バラ購入のデメリットは連番と逆《前後賞を狙えない》という点です。

1等当選番号に当選しても、
前後の数字はバラバラですので、前後賞には当選できません。

つまり、2018年の年末ジャンボで考えると、
最高で《1等7億円のみ》の当選金となるワケです。

ですが、バラ購入のメリットと言ったら何と言っても
《一枚一枚じっくりと番号を確認できる楽しみ》!!

次こそ当たるかも・・・とハラハラドキドキしながらの当選番号確認は、
バラ購入ならではです♪

連番とバラはどちらが当たりやすいの?

いくら、「夢を買う」のだから、と言っても
せっかく、買うのだから、大きいのを、当てたいですね。

連番とバラはどちらが当たりやすい??

【連番とバラの当選確率について】

連番とバラ・・・いったいどちらの方が当選確率は高くなるの??

1枚から購入可能なジャンボ宝くじ。

1枚の当選確率は、どんな購入方法でも同じです。

が!!

一般的に多く購入される方法《10枚1口》の場合、
バラの方が連番よりも1等・及び前後賞の当選確率が2.5倍高くなります。

連番の方が1等に当選した際の平均配当は高くなりますが、

当選確率で言えば、

連番 < バラ

となりそうです。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

高額当選を狙える、夢の《ジャンボ宝くじ》

初めての購入は緊張してしまいそうですが、トライすると意外と簡単♪

前後賞を狙いたいなら《連番》

当選確率を上げ、ドキドキを楽しみたいなら《バラ》ですね。

とにもかくにも、まずは購入しなければ当たる確率は0%!!

もちろん高額当選を狙いたいところ!ですが、
購入するだけでも、抽選日まで素敵な夢が見られますよ♪

スポンサードリンク

 
  関連コンテンツ  

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ