仕事納めの挨拶例文!取引先や上司へのメールの書き方とポイントは?


社会人として大切にしたい、《ビジネスマナー》

仕事納め、お世話になった上司や取引先に送りたいのが
《年末年始の挨拶メール》ですよね。

年末に送る挨拶メールのポイントは?

どんな文面で、どんなことに気を付ければ良い?

という事で今回は
仕事納め挨拶例文!取引先や上司へのメールの書き方&ポイント》
をご紹介致します!

新たな年もより良い関係を築いていけるよう、
一年の感謝をしっかりと伝えましょう。

スポンサードリンク

仕事納めの挨拶メールのポイント

「今年も、後何日かあ~」なんて、
呑気なことを言っている時ではありません。

社会人としての挨拶は大切です。

仕事納めの挨拶メール!ポイントはこちら!

【仕事納めの挨拶メール ポイント】

〇一年を振り返り、感謝の意を伝える〇

まず、何を置いても伝えたいのが一年の《お礼》です。

お世話になった上司や取引先に、心を込めて感謝と労いの言葉を伝えましょう。

〇受け取りやすい時間帯に送る〇

ビジネス上のメールとは言え、送る時間や期間にも気を配りたいもの。

すぐにメールをチェック出来るよう、休日は避け、営業日に送るようにしましょう。

また返信しやすいよう、早朝や深夜ではなく、出来れば業務時間中に。

メールのチェックや返信が、送る相手の負担とならないための配慮が必要です。

時期としては、年末のお休みに入る前のクリスマス前後の時期が良いでしょう。

〇複数人に送る場合は、目上の方から順番に〇

社内の場合は特に、メールを送る順番にも注意しましょう。

まずは目上の人から。

複数送信先のある取引先でも同様に、目上の方からお送りするようにしましょう。

取引先に送る年末の挨拶メールの例文

なかなか自分で考えるのは、大変です。

例文を記載しておきますので、参考にアレンジしてみて下さい。

年末の挨拶メールの例文 ~取引先編~

株式会社〇〇〇 

○○部 〇〇(様、役職名など)

いつも大変お世話になっております。

株式会社〇〇〇の〇〇です。

早いもので、今年も残りわずかとなりました。

本年は格別のご愛顧を賜り厚く御礼申し上げます。

新たな年もより良いサービスを目指し、誠心誠意努力をする所存ですので

より一層のご支援を賜りますよう弊社一同心よりお願い申し上げます。

尚、弊社の年末年始の営業予定をご案内させて頂きます。

年内は12月〇〇まで

年始は1月〇〇より通常通り営業を開始致します。

何卒ご了承のほどお願い申し上げます。

時節柄ご多忙中のことと存じますが、どうぞご自愛くださいませ。

来年も変わらぬご愛顧を頂けますようお願い申し上げて、歳末のご挨拶とさせて頂きます。

上司に送る仕事納めの挨拶メールの例文

年末の挨拶メールの例文 ~上司編~

〇〇部長

〇〇部の〇〇です。

本年も一年間お世話になりました。

〇〇部長をはじめ諸先輩方に教えて頂く機会が多くあり、光栄かつ大変勉強させて頂いた一年でした。

本当にありがとうございました。

来年も、より一層の努力と向上心を持って邁進していく所存です。

ご迷惑をおかけすることもあるかと思いますが、変わらぬご指導ご鞭撻のほど心よりお願い申し上げます。

どうぞよいお年をお迎えください。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

仕事納めの挨拶メール例文!《取引先&上司編》

挨拶はビジネスの、そして人間にとっての基本!

お世話になった方に、感謝の言葉を伝えましょう。

また上司へのメールですが、

会ってご挨拶出来るならば、
可能な限りメールではなくきちんとご挨拶に伺うのがおすすめ。

なかなかお会いできない部署の上司限定でのみ、メールでの挨拶が有効です。

なにはともあれ、文面はともかく、
お世話になった方への感謝と、来年もお願いしますというと気持ちが大切です。

少々拙い文章だったとしても、思いがあれば相手に伝わるはず!

新たな年も前向きに仕事に取り組めるよう、
心を込めてメールを送りましょう。

スポンサードリンク

 
  関連コンテンツ  

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ