師走の候の読み方と意味とは?使う時期や使い方の例文も!


本当に早いもので、今年も残すところ3ヵ月と少し!

年末になるとお歳暮を送ったりと、
何かとご挨拶のお手紙を送る機会も増えますよね。

そんな時に使用する《時候の挨拶》のひとつである《師走の候》

たまに目にするけれど、どんな読み方でどんな意味があるの?

という事で今回ご紹介するのは師走の候読み方と意味》

覚えておきたい、使用時期や例文も合わせてお届け致します♪

スポンサードリンク

師走の候の読み方は?

漢字には、振り仮名を振ってないと、読めない漢字があります。

「師走の候」もその一つでしょうか?

師走の候、何と読む?!

【師走の候】

手紙の頭語の後に用いる《時候の挨拶》

季節や天候などに応じて、
季節感や心情を現す言葉で、礼儀分として使用します。

事項の挨拶の一つである

師走の候

いったい何と読むのでしょうか。

答えは

師走の候(しわすのこう)

です!

次の項目ではその意味についてみていきましょう。

師走の候の意味は何?

12月は、先生も走るほど忙しいという事で、
「師走」と言うと聞いたような気がします。

師走の候の意味とは?

【師走の候 意味】

師走の候(しわすのこう)の意味って?

12月の別名として用いられる《師走》

こちらはごく一般的に使われている言葉ですよね。

お経をあげるために、
師僧があちらこちらと馳せ走る月ということから、シハセ(師馳)→シワス

四季の果てる月であるということから、シハツ(四極)→シワス

12月を師走と呼ぶようになった理由も諸説ある様ですが、

師走の候とは、

〇いよいよ今年も最後の月を迎えましたね〇

という意味で使用されます。

また、《候》と同じように使用されるのが《みぎり》

《~の頃》という意味で《早春のみぎり》などと使用し、
候よりも若干やわらかい印象を与えるのが特徴です。

師走の候を使う時期はいつからいつまで?

時候のあいさつは、だいたい使う期間が決まっています。

12月を師走と言いますが、
師走の候を使う時期はいつからいつまでなのでしょうか?

【師走の候 使う時期】

師走の候を使用できる時期はこちら!

《12月頭~12月中旬まで》

12月中旬を過ぎたころからは、
歳末や歳晩などの表現が適当となってきますので、

12月の上旬頃に使用する事項の挨拶と覚えておくと良いでしょう。

また、12月に使用できる事項の挨拶は他にも

〇寒冷の候

〇初氷の候

〇初冬の候

〇初雪の候

〇歳末の候

などがあります。

師走の候の使い方と例文

師走の候の使い方と例文をご紹介致します♪

【師走の候 使い方】

一般的には

時候の挨拶の後に、相手の体調や安否を気遣う挨拶が続きます。

年末は特に、時節柄風邪などが流行ったり、
多忙な方もおられると思いますので、

必ず相手の健康を気遣う文言を入れるようにしましょう。

【師走の候 例文】

それでは、師走の候を使用した、書き出しの例文をご紹介致します。

〇拝啓 師走の候 お健やかにお過ごしでいらっしゃいますでしょうか

〇拝啓 師走の候 お変わりなくお過ごしのことと存じます

〇拝啓 師走の候 皆様におかれましてはますますご健勝のこととお慶び申し上げます

〇拝啓 師走の候 ますますご多忙の時期に恐れ入ります

〇拝啓 師走の候 〇〇様におかれましては お変わりなくお過ごしのこととお慶び申し上げます

〇拝啓 師走の候 ご無沙汰いたしておりますがお変わり無くお過ごしでしょうか

   

まとめ

いかがでしたでしょうか。

《師走の候の読み方と意味》

更に例文も一緒にご紹介致しました。

冒頭には頭語を、
文末には結語を使用しますが、(拝啓→敬具  謹啓→敬具 など)

少々堅苦しくなるため、
親しい間柄の場合は省略しても問題なさそうです。

時候の挨拶→健康状態や安否を尋ねる→本文→結びの言葉や挨拶

という流れが理想的です。

忙しく何かとせわしい時期ですので、
お相手の心が和むような表現を心がけるのがおすすめですよ♪

スポンサードリンク

 
  関連コンテンツ  

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ