東武動物公園のプール営業はいつから?料金はいくら?割引券情報も!


そろそろ夏本番を間近に控え、
夏のレジャーが待ち遠しい時期になってきましたね。

夏のレジャーの代表格は、やっぱりプールでしょうか。
子供たちが大はしゃぎする姿が目に浮かびます。

そんなプールですが、埼玉県にある『東武動物公園』スーパープールは、
今年で25周年を迎え、リニューアルオープンする注目スポット!

動物園としても楽しめる東武動物公園ですが、
今回は東武動物公園プール営業開始日や料金などについて
ご紹介して行こうと思います!

スポンサードリンク


 

東武動物公園のプール営業はいつからいつまで?

プールの営業開始日は、大体が7月入ってからのイメージですよね。

東武動物公園のスーパープールも例外ではなく、
7月から利用可能となります。

ただし、日にちが飛び飛びのところもあるので、
行く場合は確認してからにしましょうね。

【 2015年 プール営業日 】

7月12日(日)・18日(土)~8月31日(月)
9月5日(土)・6日(日)・12日(土)・13日(日)

【 プール営業時間 】

9:30 ~ 17:00

今週の12日(日)が営業開始日のようですね!
まだ梅雨時期なので雨が心配ですが、
晴れてくれたらプール日和かも!?しれませんね。

今年の目玉は、なんといっても25周年記念ということ!
「ウォータースライダー タイガースプラッシュ」として
ウォータースライダーがリニューアルオープンするんです!

さらにエントランス付近には多目的トイレも設備されるし、
温水シャワーやドライヤーなども充実するという、
まさに25周年にふさわしい内容となっています。

他にも、プールには欠かせない「流れるプール」
まるで海にいるかのような「ウェイブプール」もおすすめです。

東武動物公園のプールの入場料金

では、東武動物公園のスーパープールへの入場料金
いくらなんでしょうか?

< 東武動物公園プール利用料金 > ※入園料含む

大人(中学生以上) 2,400円
こども(3歳以上) 1,100円
シニア(60歳以上) 1,700円

※入園券・招待券を持っている場合は、
プール入場料金(大人・シニア1,200円、こども600円)で利用可能。

時間に縛りはないので、心行くまで楽しめますね!

ちなみに、入園料のみの金額はと言うと、

< 東武動物公園の入園料 >

大人(中学生以上) 1,700円
こども(3歳以上)  700円
シニア(60歳以上) 1,000円

乗り物券 100円(1枚)

ということは、入園券などを持っていて後からプール入場料金を払う場合、
最初からプール利用料金を払う場合よりも金額が高くなっちゃうんです。

・最初からプール利用 ・・・2,400円(大人)

・後からプール利用 ・・・・2,900円(大人)

これはちょっとした落とし穴かもしれませんね。
でも、途中からプールっていうのは水着など準備の問題もあるので、
大体は最初からプール利用目的なのかな?と思います。

とは言っても、「混み具合を見てから決める」という人も
いると思うので、そういう場合にはちょっと高くなっちゃうことを
ご了承くださいね。

東武動物公園のプールの割引券情報

東武動物公園のプール入場料金が分かったところで、
やっぱり少しでも割引が欲しいところですよね。

どうにかないものか・・・と調べてみたんですが、
プールに関しては割引情報がないようです。

入園券に関して言うと、

①公式「東武動物公園メールマガジン」に登録をする
(入園券・ワンデーパスに適用可)

②コンビニ前売り券(ワンデーパスのみ)

③鉄道セット券(鉄道往復券・バス往復乗車券・入園料)

主にこれらがあります。
割引額は①②は大人で200円こどもで100円になります。

③は鉄道・バスを利用する人にとってはお得かもしれません。
わざわざ別々に購入せずに済みますし、入園券も含まれています。

ただし、プールを利用するには別途「プール入場料金」が発生するので、
プール目的だとちょっと難しいかもしれませんね。

“動物園も遊園地の乗り物も全部ひっくるめて遊びつくしたい!”
という人にとっては、上記の割引で少しでも安くしつつ、
更にプールでも遊び倒す・・・というのも良いかもですね。

見所は多いので、1日じゃ足りないかも!?

東武動物公園のプールの混雑状況や持ち物情報

さて、ここまでくると気になるのがプールの混雑状況ですよね。

プールと言えば、見渡す限り人・人・人!
正直、歩くところが見えない・・・という光景を思い浮かべ、
ちょっと行く気が失せてしまう人も多いはず。

ですが、

この東武動物公園の最大の特徴である「動物園」「遊園地」。
この2施設があることによって、人が分散されます。

プールオンリーで来る他の施設とは違い、まさに“複合施設”なので
ぎっしりギュウギュウとまでは、どうやらいかないようなんです。

とは言え、

子供や学生たちが夏休みに入る「7月後半」からは
混みやすい状況になるので注意が必要です。

もし行くならば、

おすすめは「7月中旬までの平日」「8月末~9月」

です。
お盆時期は確実に混むことが予想されるので、そこは避けた方が無難ですね。

プールでの持ち物についてですが、
実は東武動物公園のプールではテント使用OK
ただし、使えるのはドーム型のみです。

camp_tent

あんまり大きいと他の人へ迷惑になっちゃいますが、
ちょっと着替える用として持っていくと便利ですね。

日除けとしても、もちろん大活躍なので
結構行く回数が多くなりそうな場合は購入するのもアリだと思います。

もしテントはちょっとなぁ・・・という場合には、
「有料席」というパラソルが置いてある場所があるので、
そこを是非とも利用しましょう!

・ロイヤルシート(有料席)・・・場内24か所 5,000円
(椅子4、サマーベッド2、テーブル1)

・パラソルシート(有料席)・・・場内135か所 3,000円
(パラソル1、椅子3、サマーベッド1、テーブル1)

意外と値が張りますが結構な争奪戦になるそうなので、
着替える前に行くことがポイントです。

利用したい場合には、「プール場内サービスカウンター」
申し込むことが必要になります。

長時間プールで過ごすという場合には、是非とも利用したいですね!

まとめ

いかがでしたか?
プールというと子供がメインなイメージですが、
今は大人もはしゃげる時代です。

子供が喜ぶ「じゃぶじゃぶアドベンチャー」は屋外最大級!
親子で大いに楽しめるのが良いところです。

「スーパースライダー」はまさに大人向け!スリル満点です。
長さが違うレーンが3つあるので、色々試せますね!

大いに楽しめそうですが、ここで忘れちゃいけないのが、
持ち物の紛失などについてです!

どうしても楽しくなっちゃって自分の持ち物が見当たらない!
なんてことにも・・・自分のだと勘違いしちゃうこともありますよね。

そうならないためにも「しっかり管理しておく」ことや、
「名前を分かるように書いておく」ことが重要になってきます。
楽しく1日過ごせるように、ちょっとだけ工夫をしておきたいですね。

友人同士や恋人同士、小さなお子さん連れの家族までもが楽しめる
東武動物公園スーパープールを、心行くまでガッツリ楽しみましょう!

スポンサードリンク

 
  関連コンテンツ  

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ