七五三お祝いのお返しマナー!両親にも必要なの?品物や相場は?


本日ご紹介するのは七五三お祝いのお返しのマナー!》

お子さんの健やかな成長を祝う《七五三》

可愛らしい晴れ着姿に、親戚一同頬がゆるみっぱなし!ですよね。

そんな晴れの日に有難く頂戴する七五三のお祝い、
お返しのマナーもしっかりと心得ておきたいところ。

お祝い返しは両親にも必要?

お返しの相場やおすすめの品物を知りたい!

お祝いのお返しの品に添えたいお手紙の例文も合わせてご覧ください♪

スポンサードリンク

七五三のお祝いのお返しは両親にも必要なの?

どんな時でも、お祝い返しには、頭を痛めますね。

両親ともなると、これからのお付き合いも深いわけですし・・・

七五三のお祝いのお返しは両親にも必要??

【七五三のお祝い返し 両親には?】

お子さんの成長を祝い、健やかな未来を願う七五三。

おじいちゃんおばあちゃんである両家のご両親からも
お祝いを頂戴する方も多いかと思います。

基本的には、
子供の成長を祝う節目でのお祝い(初節句や七五三、入学や入園、成人など)では
お返しは不要とされています。

ですが、礼儀を重んじ、
知人や親せきなどの場合はお返しを送る方も少なからずおられるようです。

出産祝いやお見舞いなどと違い、お返しをしなくてもマナー違反にはなりませんが、
頂きっぱなしというのも何だか気が引ける・・・という方は、

《ありがとう》の思いを込めてお返しを送るのも良いでしょう。

両親から頂いた場合のお返しも基本的には不要ですが、
上記の理由から準備してももちろんOKです。

ただ、手放しで孫の成長を喜んでくれているであろうご両親。

礼儀やマナー云々よりも何より、
主役であるお子さんやパパ・ママが笑顔になってくれる事を望んでくれています。

品物でのお返しよりも、七五三のお祝いでご自宅に招きごちそうを振舞ったり、
素敵なお店を予約して皆でお祝いしたりで感謝を伝えるのがベストかも♪

もちろん、遠方にお住まいの場合や忙しくて時間が作れないなどの場合は、

お手紙や写真と共に、
感謝の気持ちを込めてお礼のお品を添えても良いと思いますよ。

七五三のお返しの相場や品物は何がいい?

お祝い返しは、高価過ぎると、かえって、失礼になってしまいます。

と言って、安くすると「え!これ」と思われないかとも心配です。

七五三のお祝いのお返し、相場やおすすめの品物とは?

【七五三のお祝い返し 相場&品物】

お祝い返しの相場は、七五三に限らず

《頂いた金額の3割~半額程度》

とされています。

間違っても頂いた金額同等のもの、
またそれを上回る金額の物を差し上げるのはやめましょう。

《お祝いを頂いたことが迷惑である》
という意思表示と受け取られてしまいます。

頂いた金額の3割~半額程度でお返しをとは言っても、
例えばご両親から10万円のお祝いを頂いた時などはこの限りではありません。

10万円頂いたからと5万円程度のお品を購入して
差し上げてもご両親が喜んでくれるはずもなく・・・

高額のお祝いを頂いて品物でお返しを送る場合は、
1万円程度までの予算でおさめたほうが良いでしょう。

品物としては、対面でお渡しできる場合は
お赤飯や千歳飴に菓子折りを付けて・・・が定番のようです。

遠方へ送る場合は、
日持ちする地元の銘菓や、無難にタオルや石鹸などの日用品などでもOKですよ!

楽天 七五三お返しhttps://search.rakuten.co.jp/search/mall/%E4%B8%83%E4%BA%94%E4%B8%89%E3%80%80%E3%81%8A%E8%BF%94%E3%81%97/?f=1&grp=product

お返しの品と一緒に添えるお礼の手紙の文例

昔は、一筆添えてと言う人もおられたようですが、
最近はどうなのでしょうか?

LINEや、メールが主流の、今は、一筆添えてと言う人も少ないとは思いますが、
お礼の手紙を添えてみてはどうでしょう。

貰った人も心温まることでしょう。

お返しの品と一緒に添えるお礼の手紙の文例をご紹介!

【お返しに添えたい手紙 文例】

続いてはお返しに添えるお手紙の例文をご紹介致します。

〇知人に〇

日に日に秋が深まり露寒の季節となりましたが、お変わりなくお過ごしでしょうか。

このたびは 息子(娘)の七五三のお祝いを頂戴いたしまして、ありがとうございました。

お陰様で つつがなく七五三のお参りも済ませることが出来ました。

これもひとえに 皆さまの温かいお見守りあっての事と心より感謝致しております。

時節柄 どうぞご自愛くださいませ。

甚だ略儀ながら 書中をもちましてお礼申し上げます。

                           名前 〇〇

   

〇親戚に〇

日増しに秋が深まってきましたね。ご家族の皆様さまはお元気でお過ごしでしょうか。

このたびは ○○の七五三にお祝いを頂きましてありがとうございました。

家族共々 温かいお心づかいに感謝致しております。

お陰様で無事お参りを済ませることが出来ました。

ささやかですが 内祝いの品と嬉しそうな晴れ着姿の写真をお送りいたします。

前寒の候 皆さまどうぞお元気でお過ごしください。

改めてご挨拶に伺わせて頂きますが まずは書中にてお礼申し上げます。

                           名前 〇〇

   

〇両親に〇

朝晩冷え込むようになってきましたね。

お父さんお母さん 風邪など引いていませんか?

先日は〇〇の七五三にお祝いを頂きまして ありがとうございました。

〇〇が無事にこの日を迎えられたのも お父さんとお母さんが温かく見守ってきてくれたお陰です。

本当にありがとう。

心ばかりですが 内祝いの品と○○の描いた絵 嬉しそうな晴れ着姿の写真を送ります。

これからますます寒くなるけれど どうぞお体大切に。

またみんなで会いにいくね。

                         〇〇より

   

まとめ

いかがでしたでしょうか。

《七五三のお祝いのお返しのマナー》

是非ご参考に、ありがとうの気持ちを伝えてみてくださいね♪

基本的には必要ないとされている《七五三のお祝いのお返し》

ですので、お返ししなくともマナー違反にはなりませんが、
お礼状は出すようにした方が良いでしょう。

お礼のお手紙と共に、
お子さんの書いたお絵描きや七五三での晴れ着写真などを添えると喜ばれますよ♪

スポンサードリンク

 
  関連コンテンツ  

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ