子供の夏の病気代表格プール熱とは?その症状と対処法


「子供の楽しみが子供の大敵?!プール熱の怖さを知っておこう」
夏だ!プールだ!なんて子供は喜んでいますが、そんなとき注意したいのが高い感染力を持っているプール熱であります。

プール熱のほかにも溶連菌感染症といわれる感染症が夏の子供の病気として代表的ですが、こちらは強い喉の痛みと高熱に加え、喉奥が赤く腫れ上がる事、そしてイチゴのようなプツプツが舌や肘・膝の内側などに出るのが特徴です。

今回はプールの季節という事で、学校保健法で指定伝染病とされて注意が必要な子供に流行るプール熱に観点を置き、その症状の怖さや対処法、予防法について勉強していきたいと思います。

スポンサードリンク


 

流行するのはいつ?子供に多いプール熱

プール熱は、アデノウィルスと呼ばれるウィルスによる感染症で、
別名を咽頭結膜熱といいます。

プールの授業が開始され始める初夏から秋口にかけて広く流行する事から、
その名前が通称として使われるようになりました。

夏風邪の一種ともいわれていますが、その感染力は非常に強く、あまりに治らない夏風邪の場合はこの咽頭結膜熱を疑う医師が多いようです。

冬にインフルエンザを疑うのと同じようなものですね。

強い感染力の為、インフルエンザやノロウィルス同様病院が許可を出すまでは
保育所や学校への登園、登校が許可してもらえないというのも大きな特徴です。

子供だけでなく大人も充分かかる可能性が高いので、
感染者が周囲や家に出た場合には充分注意しなくてはいけません。

pu-ru

感染経路はどこ?プール熱の感染原因

プール熱の感染経路はもちろんプールの中の水が媒介となりますが、
残念ながらプール以外でも感染する恐れがあります。

プールの時間になると、シャワーを浴びたり、半身浴槽に入ったり、
目を洗うといった事をしたと思います。

感染してしまうと、そのウィルスが喉や目に多く含まれる為にその二次感染を防ごうと行われているものなんですね。

その感染の大きな原因は、主にくしゃみや咳といった飛沫感染、排泄物などを触った事による糞口感染、そして感染者が触ったものに触れた事による接触感染があります。

子供の場合、そんな事は関係なしにどこでも触ってしまいますし、行動範囲が広いので思いがけないところに行っていたりする事も少なくありません。

感染を拡げないようにするには、家庭内においても感染経路を断絶する事がとても大事。

触ったものや口に入れたものの定期的な洗浄やアルコール殺菌を励行していけるといいですね。

子供に起こる代表的なプール熱の症状とは?

子供に起こる代表的な症状は、38~40℃の高熱強い喉の痛み、そして別名はやり目とも呼ばれている結膜炎による充血と目ヤニです。

突然高熱が出始め、喉の痛みだけでなく目が赤いな、変だなと感じたらプール熱を疑うと良いでしょう。

病院では、プール熱の検査はインフルエンザ同様に個別で行います。

とはいえ、特効薬があるわけではないですから、病院に行っても注射などをするわけでもなく不甲斐なさを感じてしまうかもしれません。

また、発熱などの症状が見られなくなったからといって安心は出来ません。

2週間はウィルスを含んだ排泄物に注意し、処理した後の手洗い、
うがいが欠かせないからです。

幼児以上に注意したいのが乳児です。乳児は基本的にプールに入る機会がないのでかかる可能性は低いですが、兄弟がいる場合はプールを介さなくてもかかる可能性が上がります。

しかも、乳児の場合には結膜炎にならずに高熱と咽頭炎、そして幼児にはあまり見られない嘔吐の症状が出る場合もありますから、大分抵抗力がついた兄弟以上に注意しなくてはなりません。

nakuko

プール熱はお風呂に入ったら悪化する?

一般的に、お風呂に入る事は疲労を伴いますので、体温が37.5℃以上になった時点であまり良いものとはされていません。

その為、

38~40℃以上の高熱が続くプール熱の場合はお風呂を控え、身体を拭くだけにとどめておく事が大事

であるといえるでしょう。

もちろん、症状がある程度あっても熱が下がっているのであれば
無理ない程度の入浴は可能ですが、お風呂は沢山の水分を失います。

湯温は40℃より低いぬるま湯にし、汗を流してあげる程度の短浴

にしましょう。

浴後はしっかりと身体の水気を拭き取ってあげ、素早い着衣が必要です。

経口補水液や麦茶などで失われた水分を充分に補給し、なるべく涼しいところでお腹を冷やさないように休ませてあげるよう心掛けましょう。

ahiruomotya

子供のプール熱…その対処法と予防法

幼い子供が高熱で苦しんでいる姿を見ているのは、親としてもとても辛いものです。

高熱に対しては、あまりに本人が辛そうにしている場合は解熱剤を利用し、下がった時に食事や水分補給が出来るように促すよう心掛けましょう。

もちろん、栄養が取れるものが一番ですが、難しい場合には水分補給を一番に、アイスやゼリーなどでも良いですから本人が欲しいものを与えます。

症状は5~7日間続くといわれていますが、あまりに喉が痛くて水分や食事を取れない、熱が下がる気配がないといった場合にはもう一度受診してみましょう。

さて、そもそも予防するには、プールに入るなというのは難しい話ですから、やはり免疫力の高い身体を作っておく事です。

うがい・手洗いを徹底するのはもちろんの事ですが、ヨーグルトや納豆といった発酵食品を摂ったり、ショウガやハチミツなどでのどやお腹の炎症を抑えつつ免疫力を高める事が普段の食事から風邪を予防するのにとても効果的です。

ついついそうめんなどで済ませがちな夏場の食事ですが、豚の生姜焼き(下味にハチミツ)やキュウリの浅漬けに針ショウガを足すだけでも違いますよ。

また、夏は冬以上に身体の疲労がとても溜まりやすいですから、
睡眠をしっかりと摂る事が大切です。

子供は特にエネルギー循環が大人より激しいですから、
熱中症などとともに気をつけて行きたいものですね。

kodomo01

まとめ

「子供を守る事で自分の身も守る事が出来ます」
子供が熱を出し苦しんでいると、早く治してあげたくてついつい頑張ってしまいますよね。

しかし、看病する際にはマスクを着用したりうがい・手洗いを徹底、洗濯物を別にするなど自分の身もしっかりと守る事が大切です。

子供を病気から守る為に家庭の中の健康的な環境を守る事はもちろんの事、かかってからは家庭内で感染が拡がらないようにしたいものですね。

このくらい重症になる病気ですと、管轄の役所や保健所などで流行る時期にメールなどを送ってくれる場合もあります。

予防、対処法をしっかりと学ぶとともに、周囲への注意喚起も大事にしていきましょう。

スポンサードリンク

 
  関連コンテンツ  

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ