物忘れがひどい時のおすすめ対策7選!これで記憶力を改善させよう!


あれ、この人なんて名前だった?

昨晩の夕飯は何を食べたっけ??

何の用事で2階へ上がってきたのかしら???

最近多くなった気がする《物忘れ》

どうして物忘れはおこってしまうの??

病院を受診したほうがいいのかな・・・

という事で今回ご紹介するのは物忘れがひどい時のおすすめ対策7選》

物忘れを出来る限り少なくしていけるよう、
脳と身体を活性化させましょう♪

スポンサードリンク

物忘れがひどくなる原因とは?

「物忘れは年のせい」と思っていませんか?

物忘れにも原因は、色々あるようです。

物忘れがひどくなってしまう原因て何?

【物忘れの原因】

物忘れの原因はどこにあるのでしょうか。

20代や30代の若年層の場合、
物忘れの原因はストレス
が大きく関係していると言われていますが、

40代以降は、普通に起こってしまうこと

更年期によくある症状のひとつと言っても良いでしょう。

20歳のピークを越えると徐々に衰えてきてしまう人間の脳。

加齢に加え、様々な要因から作業記憶とも呼ばれ
一時的な記憶を司ると言われる《ワーキングメモリ》機能の低下によって
物忘れは起こります。

物忘れがひどくて、このままでは先が心配・・・と諦める事なかれ!

運動や食事など、脳に良い生活を心がけることで、回復可能です!

ただし、著しい記憶力の低下や重度の物忘れを感じた場合は、
病気が隠れている場合も。

迷わず、病院を受診するようにしましょう。

物忘れがひどい時のおすすめ対策7選!

物忘れがひどい時にはこんな対策を!

厳選してご紹介致します♪

【睡眠】

脳の疲労回復には睡眠が必要不可欠!!

どんなに若い方でも、睡眠時間が極端に短かったり、
よく眠れなかったりすると頭がボーっとしてしまいますよね。

大事な脳のリラックスタイムでもある睡眠。

寝る3時間前には食事を終え、入浴後1時間以内にはベッドへ、
入眠前のスマホやPCは控えるのが鉄則!

寝すぎも禁物ですが、7時間程度の質のよい睡眠をとり、
脳を若く保てるよう心がけましょう♪

【食事】

栄養バランスの良い食事も、健康な脳を保つため必要な要素です。

中でも、情報をやりとりする“神経伝達物質”の分泌を高める効果がある
納豆などの大豆製品、

脳神経の老化を保護するビタミンD、

抗酸化作用が脳に効くと言われるイチゴやブルーベリー、

神経細胞を作り出すDHAやアラキドン酸と言った必須脂肪酸など

脳に良いとされる物質が含まれる食品を積極的に摂るようにしましょう。

【ストレスをかけ過ぎない】

脳にはストレスも大敵!

過度に負荷をかけないよう、
意識的にリラックスする時間をつくることも大切です。

必要以上に脳を使用しないよう、覚えておかなくてよいものは、
スマホや手帳などにメモしておくのがおすすめ。

メモしておけば済むことを、あれもこれも覚えておこうと頑張ってしまうと、
途端に脳が疲労します。

【運動】

有酸素運動は脳の機能向上に有効です!

全身の血流が良くなることで、脳の血液量もアップ♪

血流不足も脳の老化の一因と言われていますので、
脳への血流増で若返りが望めます。

一日15~20分程度、週3回以上定期的に行うのがおすすめです!

【脳トレゲーム】

脳トレアプリが無料でダウンロード可能!

頭を柔らかくするもの、脳の若返りドリルなど、期待出来る効果も様々!

ただしやり過ぎると逆に疲れてしまう場合もありますので、
ほどほどに、が鉄則です。

【交流・会話】

ストレスをかけ過ぎないことも重要ですが、
と同時に休め過ぎないこともまた大切!

頭を使わない時間が続くと脳に刺激がなくなり、
結果脳の機能を低下させてしまうことに。

友達や家族と話をすることで、ワーキングメモリ機能が活性化します。

会話や読書、旅行など、
脳を楽しく使う機会は十分に持つように心がけましょう。

【薬の服用】

加齢が原因で起こる物忘れを改善する薬も販売されています。

ワスノンhttps://www.kobayashi.co.jp/brand/wasnon/knowledge/

アレデルhttp://www.kracie.co.jp/ph/arederu/products/

まとめ

いかがでしたでしょうか。

《物忘れがひどい時のおすすめ対策7選》

脳のためにも体や心のためにも、
質の良い睡眠とバランスの取れた食事は必要不可欠のようです。

忙しい毎日でクタクタ、ベッドでスマホ片手につい夜更かししがち、
暑さで食欲がなく、食事はもっぱら冷たい麺類ばかり・・・

そんな方は、脳へのダメージが心配です。

更年期の物忘れ予防は、将来の認知症予防にも繋がります。

いつまでも若々しい脳を保てるように、
まずは出来そうな事から対策を行ってみてくださいね♪

スポンサードリンク

 
  関連コンテンツ  

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ