地震に備えて準備しておくべき防災グッズリスト!最低限必要な物とは?


地震大国と呼ばれる《日本》

大きな地震から、体感的には殆ど分からないものまで、
毎日のように地震は発生しています。

備えあれば憂いなし、万が一の時に備えての《防災グッズ》揃えていますか?

という事で今回は、地震の時に防災グッズが必要になる理由、

更に準備しておくべき防災グッズリストにしてご紹介致します!

あれもこれもではなかなか大変。

最低限必要なものだけでも、しっかりと準備しておきましょう!!

スポンサードリンク

大地震の時に防災グッズが必要な理由!

そお遠くない未来に、東海地震がおこるのでは?と言われ続けています。

過去最大規模とか?

大地震の時に防災グッズが必要な理由とは??

【地震発生時 防災グッズの必要性】

まず、震災時にはライフラインが一時的にストップしてしまう事が考えられます。

電気

水道

ガス

これらが止まってしまった場合、どんなことになるでしょうか。

夜になっても真っ暗

電子レンジやガスコンロも使えず、

お湯すら沸かすことが出来ません。

更に水が止まることで、トイレはもちろん、
飲み水の確保すら出来ない状態に。

災害時は物資が不足し、
手に入るものも限られてしまう場合がほとんどです。

万が一の時、大切な家族の身体と心を守るためにも、
最低限の防災グッズは備えておくようにしましょう!!

準備しておくべき防災グッズリスト!最低限必要な物とは?

準備しておくべき防災グッズリストはこちら!

最低限必要な物を要チェック!!

【最低限必要なもの 一時持ち出し用】

災害に遭った際は安全を最優先とし、
まずは最低限必要なものを持って避難しましょう。

以下、一時持ち出しリストをご紹介致します。

○水:1人1日あたり2リットル程度は必要ですが、重くなりすぎない程度に

○非常食:一日分の食料。缶詰やビスケットなど手軽に食べられるもの

○懐中電灯:LEDや手巻き式発電のものが望ましい

○ヘルメットや防災頭巾:避難時や余震などに備え準備しましょう。

○ラジオ:電池は別で保管、もしくは手巻き式のタイプを準備

○非常用スマホ充電器:連絡用にあると便利

○救急箱:絆創膏や消毒液、頭痛薬や胃薬なども準備しておくと安心です。

○軍手:ケガを防止

○ポリ袋大:防寒やカッパ代わりにも

○ライター

○ろうそく

○予備の電池

○ナイフ

○缶切り:缶詰を開ける際に

○筆記用具:黒のサインペンなど

○現金:小銭も多めに

○身分証・保険証のコピー

○預金通帳・印鑑:盗難や紛失に注意が必要です。

○トイレットペーパー

○タオル

○生理用品

○赤ちゃんがいるご家庭はミルクと哺乳瓶、おむつ、おしりふき

  

他、必要に応じて衣類や下着、
メガネやコンタクトレンズなども準備しておくとよいでしょう。

防災セットhttps://item.rakuten.co.jp/at-rescue/10000172/

【二次持ちだし用 防災グッズ】

続いては、被災後に生活の支えとなる非常時用備蓄品
《二次持ち出し用》の防災グッズをご紹介致します。

ご家庭の物置や車などに(食料品やコンロの燃料などはNG)準備しておくと安心です。

○食料品○

飲料水(1日1人あたり2~3リットル)、非常食数日分(レトルト品や缶詰、お菓子など)

○食事に必要なもの○

卓上コンロ&燃料、使い捨ての紙食器やコップ、ラップ

○衛生関係○

簡易用トイレ、ウェットティッシュ、水不要のシャンプー

○その他○

ガムテープ、ポリタンクやバケツ、寝袋、台車など

まとめ

いかがでしたでしょうか。

地震が起きてしまった時のため、今から備えておきたい《防災グッズリスト》

きちんと準備しておけばよかった・・・と後悔しないよう、
リストをご参考に早速準備を始めてみてくださいね。

ホームセンターやネット通販などで、
防災グッズのセットをまとめて購入することも可能です。

どれを買ったらいいか迷ってしまう方は、まるっと購入されるものよいかも♪

いざという時のため、備蓄品も多めに準備されるのがおすすめです。

そして、たくさんあるのにすべて賞味期限切れ!という事がないよう、
定期的に確認を行い、入れ替えや補充を行うようにしましょう。

スポンサードリンク

 
  関連コンテンツ  

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ