箱根美術館の入館料や割引クーポンは?駐車場やアクセス情報も!


チームラボ デジタルアートミュージアム
加茂荘花鳥園》とご紹介してきた人気お出かけスポット!

本日お届けするのは、この時期、苔庭が美しい《箱根美術館》です♪

箱根美術館てどんなところ?見所は?

入館料などの営業情報を知りたい!!

そんな詳細と合わせ、お得に楽しめちゃう《割引クーポン》も大特集♪

この夏、素晴らしい日本庭園を見に出かけてみませんか??

スポンサードリンク

箱根美術館の見所は?

皆さんは、美術館に行くことはありますか?

私は、学校からの校外授業くらいかな?

箱根美術館の見所とは?

【箱根美術館 見所】

中世の焼き物を中心に、
縄文時代から江戸時代までの日本陶磁器を常設展示している箱根美術館。

展示品と並び、美術館最大の見所は、
四季の美しさを演出してくれる《日本庭園》

新緑の春、緑が眩しい夏、紅葉が素晴らしい秋、雪の冬と、
一年を通して日本庭園の美しさに圧倒されます。

梅雨は、美しい苔庭が楽しめる季節。

と同時に、お庭には額アジサイやヤマユリ、
ギボウシなどの花々が瑞々しく咲き誇ります。

11月には庭園内の200本を越えるもみじが一斉に紅葉し、
紅葉の名所としても大人気♪

素晴らしい庭園ですね

箱根美術館の入館料など営業情報

ゆっくりと、鑑賞したいですね。

箱根美術館の入館料など、営業情報のご案内です♪

【開館時間】

4月~11月:9:30~16:30

12月~3月:9:30~16:00

〇茶室 真和亭 開席時間〇
四季の庭園を眺めながら、お抹茶や季節の和菓子を味わえます。

10:00~15:30

【休館日】

木曜日(祝休日の場合は開館)、年末年始

※展示替えのため一部閉室する場合あり 11月は休まず開館

【観覧料】

一般:900円

高大生:400円

中学生以下:無料

シニア(65歳以上):700円

箱根美術館の割引クーポンの入手方法は?

え!美術館でも、割引クーポンてあるの?と思っている方に。

箱根美術館の割引クーポンはこちらから!!

【箱根美術館 割引クーポン】

《公式サイト インターネット割引》

該当ページをプリントアウトして持参すれば、
インターネット特別割引が適用に!!

〇観覧料〇

一般:900円⇒800円(11%OFF)

高大生:400円⇒350円(13%OFF)

URLhttp://www.moaart.or.jp/hakone/wp-content/uploads/sites/3/2016/09/ticket.pdf

《アソビュー割引チケット》

前売り券利用で最大22%OFF!!

〇観覧料〇

一般:900円⇒700円(22%OFF)

高大生:400円⇒350円(13%OFF)

有効期限:購入日から6か月以内

URIhttps://www.asoview.com/item/ticket/ticket0000000143/

《HIS 割引クーポン》

HISなら、観覧料が最大200円割引に♪

〇観覧料〇

一般:900円⇒700円(22%OFF)

高大生:400円⇒350円(13%OFF)

URLhttps://his-coupon.com/ja/shop_7500214.html?utm_source=listing&utm_medium=listing

《パスミー 割引クーポン》

Amazonアカウントで支払いOK!お得な観覧チケット♪

〇観覧料〇

一般:900円⇒800円(11%OFF)

高大生:400円⇒350円(13%OFF)

有効期限:購入日から180日間

URLhttps://pass-me.jp/facilities/KS001606/tickets/E1004165

箱根美術館へのアクセスと駐車場は?

箱根美術館へのアクセス&駐車場情報!!

所在地: 神奈川県箱根町強羅1300

電話番号:0460-82-2623

【電車】

小田原駅から

小田急・小田急ロマンスカー⇒箱根湯本駅下車 箱根登山鉄道⇒強羅駅下車 ケーブルカー⇒公園上駅下車

【車】

東京方面から:東名高速・厚木道路 《箱根新道湯本出口》から国道一号線経由で強羅方面へ

静岡方面から:東名高速《御殿場IC》から仙石原経由

【駐車場】

あり 100台 無料

利用時間:9:00~17:00

まとめ

いかがでしたか?

四季の庭園が美しい《箱根美術館》

その素晴らしい日本庭園に、心奪われ癒されること間違いなし!

静かな時間を味わいに、是非お出かけしてみてくださいね♪

美術館内にある茶屋《真和亭》では、苔庭の四季折々の風景を眺めながら、
季節のお菓子と自然農法産の抹茶をお楽しみいただけます。

一服700円、美しい庭園を愛でながら、
ゆっくりと時の流れを楽しんでみてはいかがでしょうか♪

スポンサードリンク

 
  関連コンテンツ  

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ