小学生低学年向け読書感想文の書き方は?簡単に書くコツや例文も!


もうすぐ待ちに待った夏休み♪

プールやキャンプ、旅行にバーベキュー、
花火に夏祭りと楽しい事てんこもりの夏休みですが、その前に!!

後半になって慌てないためにも、
早めに済ませておきたいのが、そう《宿題》ですよね。

宿題の中でも特に苦手な子が多いのが《読書感想文》!!

どんな風に書いたらいい?

簡単に書けるコツを知りたい!!

という事で今回は
《小学生低学年向け読書感想文書き方!コツと例文》をご紹介致します♪

スポンサードリンク

小学生低学年向け読書感想文の書き方は?

一年生となると、読書感想文を書くのが初めてという人ばかりです。

一人では難しいので、まずは、
お母さんと一緒に、本選びからしてみましょう。

小学校低学年向け!読書感想文の書き方とは?

【小学校低学年向け 読書感想文の書き方】

小学校低学年のお子さんに読書感想文を書かせるのは、
なかなか大変ですよね。

まずは、読書感想文の書き方をご紹介致します♪

〇好きな本 興味のある本を選ばせる〇

読書感想文向きだからと言って、
お子さんが読まないタイプの本を選ぶのはNG!

興味がある分野の本

楽しくてどんどん読み進めてしまう本

などを選ぶようにしましょう♪

感想文を書く作業も楽しく行う事が出来ます!

〇心に残った場面やセリフに印をつける〇

強く心に残ったポイントに付箋などを貼っておきましょう。

どう心に残ったのか、
どう感じたのかも一緒に書き加えておくと更にGOOD!

最後まで読み終わったら、
その中でも特に一番印象に残ったものをピックアップしておきましょう♪

上記をふまえ、いよいよ読書感想文を組み立てていきます。

小学生低学年向け読書感想文を簡単に書くコツは?

本を読み終えたら、思ったことを書いてみる。

それをもとに読書感想文にしていくといいかも?

小学校低学年向け!読書感想文を簡単に書くコツとは??

【小学校低学年向け 読書感想文を簡単に書くコツ】

本を読み、心に残った部分をピックアップすることが出来ました!

続いては、いくつかのポイントに分け、
感想文を組み立てていきましょう♪

以下の項目ごとに当てはめていくのが、
簡単に読書感想文を書くコツです。

①本の説明&この本を選んだきっかけや理由。

②ピックアップした場面の感想。

③この本を読んで思ったことや今後に活かしたいこと。

   

小学生低学年向け読書感想文の例文

小学校低学年向け!読書感想文の例文はこちら!

【小学校低学年向け 読書感想文 例文】

続いては、上記に当てはめた読書感想文の例文をご紹介致します。

《おばけのケーキ屋さんを読んで》

      

 〇年〇組 〇〇 〇〇

私はおばけのケーキ屋さんという本をよみました。

この本をえらんだきっかけは、歯いしゃさんに行ったときにまちあいしつで少し見て、もういちどよんでみたいと思ったからです。

おばけのケーキ屋さんが、女の子のためになんどもなんどもとっておきのケーキを作ります。

けれど、女の子が言うのはいつもきまって「パパのつくるケーキとおなじくらいおいしい」

こんなにがんばっておいしいケーキを作っているのに、どうしてこんなことを言うんだろうと私はふしぎに思いました。

女の子が大人になっておよめさんになる日、おばけのケーキ屋さんが今まで見たこともないようなすてきなケーキを作ります。

「わたし わかってたんだ。おばけさんが 私が小さいころにしんじゃったパパだって」

女の子がなきながらケーキをたべるばめんが、いちばんこころにのこりました。

なんどもおいしいケーキをたべるたびに、なんどもだいすきだったパパをおもい出して、そのたびにいつかほんとうのおわかれがくるとくるしくなって。

女の子のきもちをかんがえると、私もないてしまいそうになりました。

いつもちかくにいてくれるおとうさんやおかあさんに、たくさんありがとうを言おうと思います。

  

なかなかこのように、うまくは書けませんが、
思ったことを素直に書いてみるのもいいのではないでしょうか?

まとめ

いかがでしたでしょうか。

《小学校低学年向け 読書感想文の書き方&コツ》

ちょっとしたポイントをおさえれば、
意外と簡単に読書感想文を書くことが可能です♪

あらすじばかりを羅列したり、感想をいくつも書きすぎたリすると、
文章全体にまとまりがなくなってしまいますので注意しましょう。

まずは、お子さんの好きな本、
興味のある本をじっくりと読むことが大事!

印象深い場面を心に留めて、
コツに当てはめ一気に書き上げてみてくださいね♪

スポンサードリンク

 
  関連コンテンツ  

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ