お盆の墓参りにベストな時期や時間は?墓参りしないのは非常識?


ご先祖様をお墓からお迎えし、供養を行う《お盆》

故人に思いを馳せながら、
墓前、盆棚に手を合わせるのはとても大切な時間ですよね。

本日ご紹介するのはお盆のお墓参りにベストな時期&時間》

お盆中、いつ頃お墓参りに行ったらいいの?

時期や時間帯など、良いタイミングを知りたい!

お盆中にお墓参りをしないのは非常識??

お盆のお墓参り事情、その詳細をお届け致します!!

スポンサードリンク

お盆の墓参りにベストな時期は?

お盆と言えば、今は、長い休みを利用して、
旅行に行く人が多くなりました。

我が家は、お墓参りに行くことにしています。

しかし、長い盆休みの間のいつ行くかは、いつも迷っています。

お盆のお墓参りにベストな時期っていつ?

【お盆のお墓参り ベストな時期】

お盆は,故人が一年に一度この世に帰ってくる期間とされ、
供物を捧げて、供養を行う行事です。

その時期は

8月13日~16日まで。

迎え盆:8月13日

送り盆:8月16日

8月の13日にお墓参りをして霊をお迎えし、16日にお墓までお送りします。

ですので、ご先祖様をお迎えするお墓参りに一番ベスト時期は《8月13日》です。

ご自宅へご先祖様をお迎えせずにお墓参りだけ・・・という場合、
盆棚へとお迎えした後はお墓は留守になる訳ですので、
やはり8月13日のお迎え前がベストと言えそう。

また、《留守参り》と言って、
留守になったお墓に行き、掃除などを行う地域もあります。

留守参りをする風習がない場合は、お盆のお迎え前であればお墓へ、
ご先祖様が自宅へと戻られた後は盆棚へ、手を合わせるのが良いでしょう。

お盆の墓参りにベストな時間帯は?

お盆は、夏真っ盛り!!

という事で、我が家は、
夕方、少し涼しくなってから、行くことにしています。

お盆のお墓参りにベストな時間帯は?

【お盆のお墓参りにベストな時間帯】

では、お盆のお墓参りにベストな時間帯は??

昔は、13日の夕方に家から提灯を持ってお墓まで出かけ、
お墓参りで灯した火を提灯に移し、移し消さないように自宅まで帰って、
提灯の火をおがくずなどに移す《迎え火》を行う風習があったそう。

いまでも地域によっては行われている場所もあります。

ですので、お迎えは13日の夕方・・・とする場所もあるようですが、
基本的には13日であれば時間帯に決まりはなさそうです。

お墓参りの心得として、《ご先祖様を後回しにしない》という戒めから、
午前中が良いとも言われています。

ですので、それぞれのご家庭で、
都合の良さそうな時間帯のお参りで良いでしょう。

ただし、薄暗くなってからでは足元も悪く危険ですので、
日が出ているうちのお参りがおすすめです♪

お盆に墓参りしないのは非常識なの?

お盆にお墓参りをしないのは非常識??

【お盆のお墓参り】

お盆のお墓参り、仕事や都合で行けそうにない・・・

これってやっぱり非常識??

いえ、そんな事はありません。

実家を離れ遠方に住んでいる場合など、
お盆の帰省が難しい時は仕方のない時もありますよね。

何より大事なのは、お墓へ行くことではなく、ご先祖様を思うこと。

ご先祖様を思い、感謝する気持ちを持つことが一番大切です。

都合でどうしても行けそうにない場合は、
目を閉じ、静かにご先祖様に思いを寄せましょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

《お盆のお墓参りにベストな時期や時間》

地域によって行われている昔ながらの《迎え火》や《送り火》などの風習、
とても素晴らしいものですよね。

お墓参りにベストな時期はありますが、
諸々の事情などで、変更になってしまっても大丈夫!

あくまで先祖を供養する気持ちが一番大切です。

年に一度、ご先祖様が自宅へとお戻りになる《お盆》

場所はどこであれ、
生を受けたことに感謝し、その思いを目を閉じお伝えしましょう。

スポンサードリンク

 
  関連コンテンツ  

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ