博多祇園山笠2018年の日程とスケジュール!見所のおすすめはここ!


もうすぐ、博多伝統のお祭り《博多祇園山笠》が始まります!!

福岡市博多区の櫛田神社の夏祭りで、
国指定重要無形民俗文化財にも指定されている博多祇園山笠。

聞いたことはあるけれど、いったいどんなお祭りなの??

2018年の日程やスケジュールを知りたい!!

という事で今回は
博多祇園山笠2018!日程&スケジュール》をご紹介致します♪

ここが見所!のおすすめポイントも、どうぞお見逃しなく!

スポンサードリンク

博多祇園山笠とは?

博多と言えば、どんたくが有名です。

博多祇園山笠ってどんなお祭りなの?

【博多祇園山笠】

正式名称は《櫛田神社祇園例大祭》

櫛田神社に祀られている《素戔嗚尊》に奉納される祇園祭の一つで、
毎年7月1日から7月15日にかけて開催!

鎌倉時代の1241年、博多で疫病が流行した際に当時の住職が街に水を撒き、
祈祷を行ったことが始まりとされています。

その歴史は実に770年余、
博多どんたくと並んで高い知名度を誇る、博多を代表するお祭りです。

国の重要無形民俗文化財にも指定されており、
2016年には《山・鉾・屋台行事》がユネスコ無形文化遺産に登録!

壮麗な山笠を一目見ようと、
祭り期間中、300万人もの人が博多の街に訪れるそう。

博多祇園山笠2018年の日程とスケジュール!

博多祇園山笠2018!日程&スケジュールのご案内です♪

【開催日程】

2018年7月1日(日)~15日(日)

【開催スケジュール】

〇7月1日〇

注連(しめ)下ろし:祭り初日、舁き山笠の流区域を清める行事。

ご神入れ:山笠に神を招き入れる神事。

当番町お汐井(しおい)とり:その年の各流の当番長が、箱崎浜から汐井(真砂)を持ち帰る儀式。

〇7月9日〇

全流お汐井とり:各流の舁き手が揃ってのお汐井とり。

〇7月10日〇

流舁き:舁き山笠の登場!それぞれの流区域内を舁き回ります。

〇7月11日〇

朝山笠:祝儀山とも呼ばれる流舁き。

他流舁き:1日2回舁くのはこの日のみ。

〇7月12日〇 15:59~

追い山笠ならし:追い山笠のリハーサル。

〇7月13日〇 15:30~

集団山見せ :知名士が台上がりを務め、舁き手を叱咤激励!

〇7月14日〇

流舁き:まだ未熟な舁き手には、その年で山笠が舁ける最後のチャンス!

〇7月15日〇 朝4:59~

追い山笠:いよいよクライマックス!大太鼓の合図ととも追い山笠のコースをゴール目指して前進!!

博多祇園山笠の見所のおすすめは?

7月1日~15日の長丁場!!

どこを見ればいいの?

博多祇園山笠、見所のおすすめとは?

【博多祇園山笠 見所】

博多祇園山笠の大きな見所は3つ!

まず一つ目は、12日15:59~から行われる《追い山ならし》

15日の追い山のリハーサルとして、約4キロの道のりを舁き山が走ります。

そして二つ目の見所は、7月13日15:30~の《集団山見せ》

一番山笠を先頭に、七番山笠までが一堂に介して整列!

呉服町交差点の大博通りに集結します。

そしていよいよ最大の見所、

お祭りのクライマックスを飾るのは
7月15日16:59~から行われるタイムトライアル《追い山》です。

一番山笠の櫛田入り奉納を皮切りに、全8つの山笠が次々に櫛田入り。

その後太鼓を合図に、須崎町の《廻り止め》までの約5kmを、
舁き手が全速力で駆け抜ける迫力ある姿はまさに圧巻の一言!!

舁き山がゴール地点である廻り止めを通過した後、
ゴール横の老舗和菓子店の2階の窓から通過した流の全コースタイムを発表、
盛大な拍手と歓声が沸き起こります。

迫力満点の《櫛田入り》を目の前で見られるのは、
人気の《桟敷席券 追い山6,000円 追い山ならしは3,000円》

座席は先着順、6月末頃販売予定です!!

詳細は 櫛田神社社務所にお問合せ:092-291-2951

大迫力!

〇追い山舁廻ルート〇

山列

山留め

櫛田神社 清道・桟敷席

櫛田神社 清道正面

東長寺前 清道

承天寺前 清道

御供所地区

上東町の四つ角

下呉服町の四つ角

大博通り

旧西町筋へ

旧西町筋の狭い四つ角

「追い山」廻り止め

  

櫛田神社: 福岡県福岡市博多区上川端1-41

アクセス:博多駅から徒歩15分

まとめ

いかがでしたでしょうか。

迫力満点、興奮の嵐!《博多祇園山笠2018》

日程やスケジュールをご確認の上、
お目当ての日にちにお出かけしてみてくださいね。

追い山ですが、見所が多い大本命スポット《土居通り》は、
身動きが取れなくなるほどの混雑ぶりが予想されます。

一度立ち止まったら移動できなくなることも多々ありますので、
飲み物などは予め持参し、見たい場所を決めてから向かうようにしましょう。

また、お祭り期間中は交通規制なども行われますので、
お出かけには電車の利用がおすすめです♪

スポンサードリンク

 
  関連コンテンツ  

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ