手足口病の初期症状とは?子供の予防や対策はどうする?


夏になると流行する病気のひとつに「手足口病」があります。

最近はニュースでも取り上げられることが多いので
耳にしたことがある方が多いんじゃないでしょうか?

小さな子供をお持ちの方や子供が集団生活をしているママには
とっても気がかりなこの病気。

ここでは手足口病感染経路初期症状
子供がかかった時の、対処法についてまとめています。

スポンサードリンク

 

手足口病とは?

手足口病は手や足、口の中や口の周りなどに
【水疱性の発疹】が出る感染症です。

必ずしも発熱するわけではなく
発熱するのは3人に1人程度で
それほどの高熱が出ることもありません。

発疹が口内、口の周りや手足に広がります。

最初はただの吹き出物様に見えることもありますが
徐々に水疱性の発疹になっていきます。

お薬は無く対処療法が主な治療になります。

1週間~10日程度で徐々に症状は治まります。

ごくまれに脳炎などの合併症を起こす場合もありますので
高熱が出たり、症状が長く治まらず悪化したりした場合は
すぐにお医者さんを受診してください。

主にコクサッキーウイルスA6、A10、A16、エンテロウイルス71(EV71)などが
原因で起こる病気で、特に春~夏に流行します。

感染報告は主に5歳以下の乳幼児が中心です。

手足口病の初期症状は?

感染してからの潜伏期間は3~5日程度
初期症状は口の中が少し痛い程度から始まることが多いようです。

普通の風邪の様な初期症状が出ることもあり
すぐに手足口病であるとわかることは少ないです。

小さな子供や赤ちゃんの場合
口内の違和感を感じても、それを訴えることは出来ませんので
保護者が目に見える範囲にまで発疹が広がってようやく
手足口病に気づくことも多いです。

また水疱性の発疹が出ることから
水疱瘡との区別が難しいことがあります。

発疹の出る部位が違ったりなどの特徴がありますので
素人判断せずに、お医者さんできちんと診断してもらいましょう。

2-1

手足口病の感染経路は?

主に3つの感染経路があります。

【飛沫感染】

感染者の咳、くしゃみ、おしゃべりなどで
唾液が飛散し、それが他人の粘膜にくっついて感染します。

【接触感染】

感染者の水疱や鼻水、唾液などに含まれている
ウイルスに直接的・間接的に触れることで感染します。

【糞口感染】

感染者の便の中のウィルスが
手などを介して口に入ってしまうことで感染します。

子供の予防や対策方法は?

手足口病には感染を予防するワクチンが無く
また特効薬もありませんので
出来る範囲で自衛するしかありません。

【飛沫感染】

マスクをするなどの対策が有効です。
ですが小さな子供に咳エチケットを徹底することは出来ませんし
夏にマスクも暑いですので、なかなか現実的ではありません。

手洗い・うがいをしっかりとさせることが有効です。

2-2

【接触感染】

どこにウイルスが付着しているかわかりませんので
やはり、ここでも手洗い・うがいが大切になってきます。

また

家族の中に感染者が出た場合、タオルの共用などは避けましょう。

入浴時に水疱がつぶれたりして、洗ってあげている大人が
そのウイルスで感染しないように注意が必要です。

2-3

【糞口感染】

感染後、数週間は便の中にウイルスが排出されています。

本人の手洗いの徹底はもちろんのこと、

オムツ換えやトイレでお世話を
してあげる大人もしっかり手洗いをしてください。

小さな赤ちゃんや子供の場合
いくら予防をさせようと思っても
なかなか難しいところがあります。

赤ちゃんの感染者が舐めたおもちゃを
他の赤ちゃんが触ってその手を口に持っていくことなんて
よくあることで、完全に防ぐことは出来ません。

また集団生活をしている子供は
いずれの感染経路にも常にさらされていますので
完全に対策することは不可能に近いです。

手足口病は大人にも感染する!?

大人の手足口病は全体の1割程度ですが存在します。

感染経路は子供と同じですが、大人が感染した場合
子供の手足口病より重症化する場合があり注意が必要です。

子供の場合はせいぜい38度程度までだった発熱が
40度近くまで上がる例もあるので
手足口病だと油断せずきちんと病院を受診しましょう。

痒みが辛い場合も多々ありますので
その場合は痒み止めが処方されることもあります。

感染経路で多いのが手足口病の赤ちゃんを世話していた
お母さんが、オムツ換えの時に感染する例です。

手洗いの徹底で防ぐことができますので
数週間は油断せずに、きちんと意識的に手洗いをしましょう。

まとめ

手足口病は数日で自然治癒する病気で
症状も一般的には軽いものです。

なので過剰に怖がる必要はありません。

しかし怖い病気ではなくても
子供にとっては不快な症状があり
お母さんも気を揉みますよね。

口内が痛かったりして食べ物を取りづらい場合は
喉越しの良い食べ物を用意してあげてください。

登園・登校などの目安は特に国で定められたものはありませんが
学校・幼稚園・保育園で基準を決めている場合もありますので
確認が必要です。

スポンサードリンク

 
  関連コンテンツ  

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ