大阪舞洲ゆり園に行きました。


梅雨の季節が、本格的になってきました。

紫陽花が有名ですが、ゆりはとても優雅です。

DSCF3257

関西にも有名なゆり園が、いくつかあります。

その中でも、たくさんのゆりの花が、咲いている
大阪の舞洲ゆり園
見どころ食事アクセスなど紹介したいと思います。

スポンサードリンク

 

大阪舞洲ゆり園開園

2013年に開園して、今年で4年目

50000平方メートル約50種類約30万球250万輪の
色とりどりのいろんな種類のゆりを鑑賞できます。

DSCF3305

開花時期:5月28日(土)~7月3日(日)

開園時間:平日9:00~17:00
     休日9:00~19:00

入園料…大人(中学生以上)1200円
    小人(4歳~小学生)300円
    学割(中~大学生)平日600円・土日900円

団体割引(20人以上):大人1000円
           小人200円

障害者料金:大人600円
      小人無料
      付き添い(障害者一人につき一人)600円

開園中は無休

駐車場料金:500円(1800台収容)

舞洲ゆり園の見所

入場すると同時にいいゆりの香りが漂ってきます。

会場は6エリアに区切られていて、どのエリアの見ごたえ十分です。

まず、ミックスゾーンです。
色とりどりのゆりが咲いていて、とてもカラフルです。

DSCF3246

次に、ジグザグゾーン、シーサイドゾーンと続きます。

ジグザグゾーンからシーサイドゾーンに行くところに
近道があります。そこでの写真撮影はお薦めです。

シーサイドゾーンは、オレンジエリア、
イエローエリア、ピンクエリアに分かれています。

DSCF3262

それどれ、そのエリアの色のゆりが、斜面一面に咲いていて
とても見ごたえがあります。

写真撮影をするなら、踏み台がお置いたあるので、
それに登って撮影すると、少し違った感じに撮れると思いますよ。

次に、ボーダーゾーンです。
手前から、赤→黄色→ピンク→白→オレンジと
虹のように咲いています。

DSCF3289

写真撮影をするなら、
ボーダーゾーンの横からがお薦めです。

次に、ミックスゾーンコンビネーションゾーンと続きます。

もう一周したい人は、再順路がコンビネーションゾーンの所にあるので、
二週目を楽しめます。

ゆり園のそばは大阪湾なので、夕陽の時は、格別にきれいです。
写真撮影をしたくなるのもわかります。

DSCF3301

土・日は19:00まで開園しているので、
夕涼みをかねて、行くというのは、いかがでしょう。

また、

天気がいいと、神戸タワーや六甲山、
明石海峡まで見える

みたいです。

DSCF3249

食事は出来るの?

園内は、食べ物の持ち込みは禁止です。(飲み物はOK!)

園内は40分くらいで、1周できるので、‘どこか違う場所で’
と考える人もおられると思いますが、
園内には、ゆり根を使ったオリジナルメニューがあるんです。

DSCF3309

  • ゆり根カマボコ揚げ串:350円
  • クリームコロッケ(ゆり根入り):120円
  • その他にも

  • 揚げ天(紅ショウガ、ねぎたこ):300円
  • 鶏もも唐揚げ串:300円
  • 大粒揚げたこ焼き(5個入):300円
  • スパイシーポテト:300円
  • ビールやコーヒーもあるみたいです。

    暑いと冷たいものも欲しくなりませんか?

    ここにしかない、カサブランカソフトクリーム(350円)
    はいかがでしょう。

    落ち着いて食事をしたいという人は、
    少し贅沢にホテルのランチバイキングは、いかがですか?

    ゆり園とランチバイキングのセット券が購入できます。

    大人:3000円→2300円
    小学生:1400円→1100円

    DSCF3244

    営業時間:11:30~14:30(最終入店14:00)

    期間  :5月30日(土)~7月5日(日)

    場所:ホテルユニバーサルポート

    ゆり園とホテル間で、直通シャトルバス(無料)が、
    10分~15分間隔で運行しています。

    土・日は大変混みあいます。

    我が家も日曜日に来園し、
    夫婦だけだったので、ランチバイキングにしました。

    11:15のシャトルバスに乗って行きましたが、
    ホテルに着いてみると、たくさんの人で、
    12:30頃になりました。

    待つのが嫌いな人は
    11:00のシャトルバスをおすすめします。

    舞洲ゆり園へのアクセスは?

    電車・バスの場合

    ①JR桜島駅下車。
    北港観光バス舞洲アクティブバスに乗車後、「ロッジ舞洲前」下車(15分)

    ②大阪市営地下鉄中央線コスモスクエア駅下車。
    北港観光バスコスモドリームライン「ロッジ舞洲前」下車(20分)

    ③JR九条駅下車。市営バス(81系統・舞洲スポーツアイランド行)
    終点「舞洲スポーツアイランド」下車(35分)

    車の場合

    ①阪神高速5号湾岸線湾岸舞洲出口より此花大橋方面約5分

    ②国道43号線梅香交差点を西に直進約15分

    ③南港(咲洲)方面から夢咲トンネルを通過し、約5分

    ※駐車場を利用する際は、舞洲アリーナを左折し、
    道なり時計回りに進んでください。

    ※カーナビを利用する場合:まだ3年目なので、カーナビに載っていません。
    「ロッジ舞洲」をカーナビに設定すれば、ゆり園の横まで案内しれくれます。

    DSCF3322

    此花大橋を過ぎた辺りから、ゆり園駐車場の立て看板がありますので、
    それに従って進んでいけば、駐車場まで行けます。

    まとめ

    今年もフォトコンテストをしています。
    写真が趣味の人は、応募してみてはいかがでしょう。

    DSCF3291

    お誕生日当日は無料ご招待!!(身分証明書提示)

    名前に‘ゆり’の付く人も無料(身分証明書提示)

    上の条件にピッタリの人は、ぜひ、行ってみてください。

    また、出口のところで、他のゆり園(箱館山ゆり園・ちぐさ高原ゆり園)
    の割引券もいただきました。

    開園が7月中旬ごろなので、そちらにも、行ってみようかな?

    今回は、昼間に行きましたが、

    次回行くときは、ぜひ、夕陽に包まれたゆりを見に行きたいと思います。

    皆さんも一度、行かれたらいかがでしょう。

    スポンサードリンク

     
      関連コンテンツ  

    コメントを残す

    サブコンテンツ

    このページの先頭へ