小遣いの平均金額!小学生、中学生、高校生はいくら?与え方は?


大体の人が、毎月必ずもらえるものって何か分かりますか?
もしかしたら人によっては、

「もう卒業した!」「もらってない!」

なんて人もいるかもしれませんね。
正解は・・・『小遣い』です!

okane

子供はもらう立場でもあるので多いと思いますが、
「我が家は旦那も小遣い制」ってところも少なくないですよね。

または「奥さんにも小遣いを」っていうところもあります。

そんな『小遣い』ですが、子供たちは一体いくらもらってるんでしょうか?
他のおうちではどれくらいなのか?平均をちょっと知りたいですよね。

今回はそんな小遣い平均小学生、中学生、高校生別で、
与え方についても一緒に、ご紹介して行こうと思います!

スポンサードリンク


 

小遣いの平均金額!小学生、中学生、高校生

では早速ですが、小学生、中学生、高校生の
小遣いの平均金額っていくらくらいなんでしょうか?

kangaeru

これっておうちごとで事情があるので、
かなりの確率で分かれる気がします。

多すぎても、少なすぎてもダメ。
ちょうどいい金額を知りたいですよね!

もちろん、金額なんかよりも大切なことは
色々ありますが・・・まずは各学年別に見てみましょう!

【 小遣いの平均金額 】

・小学生 約1000円

なぜか意外と「高いな」と思ってしまったのが素直な感想です。

自分の頃はどうだったかな~と考えると、もうちょっとだけ
低かったような・・・あなたはどうですか?

一番低い金額で言うと、「500円」というおうちも
あるようなので本当に分かれるところですよね。

・中学生 約2,500円

やはり年齢が上がるにつれて少しずつ金額もアップしていきますね。

自分で色々考えるようにもなるので、お金の使い道などにも
金額は影響してくる気がします。

・高校生 約5,300円

ここで一気に金額が跳ね上がりました。

友人などと外出する機会も増え、交友関係も広がりをみせます。

そうなってくると「これくらいは使うかな?」という親の視点も
ちょっと想像出来ますよね。

ただし、高校生ともなると“アルバイト”をする子が増えるので、
実際には約2万円近く手にしている、という実態もあるようです。

自分で働いたお金なので良いですが、小遣いも・・・
となるとちょっと高い?それとも低い?

全体的に意外と高いんだなぁという印象ですね。

小学生、中学生なんかは、まだ「欲しい物」の中に高額なものが
ない場合が多いですよね。(例、文具類など欲する)

ですが今は「100均のお化粧関係・おしゃれ関係」
興味を示す子が増えているため使い道が増えてきています。

色や形、素材などが色々あるため欲しい物が溢れてきている、
ということが実は小遣い金額に少なからず影響している・・・
のかも、というふうに思いました。

高校生の場合は、もう大人への第一歩ちょっと手前なので、
やはり金額的にも高くなってくる傾向にあるようですね。

「欲しい物」が増える年齢であり、外出する機会も増えてきます。
お金の使い方が各々違ってくる年齢でもありますよね。

“自分はどうだったかなぁ?”とちょっと思い出してみると、
時代の変化が分かってくるかもしれませんね。

小学生の小遣いの与え方!おすすめは?

各学年の小遣い平均金額が分かったところで、
実際に小遣いを与える場合、どうすればいいんでしょうか?

tyokinbako

私が思うに、おそらく2パターンあります。

①「定額制」

定期的に決まった日にお小遣いを与える

メリット:毎回決まった金額だから、お金を管理しやすい。
デメリット:「もらえて当然」という感覚になってしまう可能性がある。

②「報酬制」

お手伝いなどをして、必要に応じてお小遣いを与える

メリット:「お金を稼ぐことの大変さ」を実感できる。
デメリット:小遣いにならないお手伝いをやらなくなる可能性がある。

これは結構分かれるのかなと思います。
ちなみに、私は①の「定額制」でした。

「もらえて当然」とは思っていなかったですが、
「何もしなくてもお金が貯まる」という感覚ではあったと思います。

これが良いのか悪いのかは分かりませんが、
今思えばもうちょっとお金のありがたみを感じる小遣い制が
良かったのかなぁ・・・と実感しています。

なので、おすすめしたいのは②「報酬制」です。

上記のようなデメリットはありますが、
これもやり方によっては埋められるかもしれません。

以下に簡単にまとめてみました。

< 小遣い「新・報酬制」のススメ >

『 実行 → 思考 → 報告 』

①自分で仕事(お手伝い)を見つけ、実行させる。

②その内容をノートに「なぜその仕事をするといいのか」「工夫点」を書かせる。

③書いた内容に親が納得できれば、お金をあげる。

どうでしょうか?「ただお手伝いすればお金がもらえる」という
感覚ではなく、「どうして(お手伝いを)するといいのか」を考えることを
前提にされているので、「ただやる」という感覚からは離れていきますよね。

さらに「(お手伝いをする上で)工夫した点」を考えることで、
アイデア力を鍛えることにもなります。

親に内容を報告するので、自然とプレゼン力も身に付きます。
「なぜ、どうして、どのように」の部分を小さな頃から養えるのです。

そのときの状況に応じて、同じお手伝い内容でも若干の差が出てきますよね。

そこで「前回と違う」という事実にどう対処していくのか、
そういう部分を親は見ることも出来るのでメリットが多いと思います。

こんな感じならば、「労働の対価としての報酬」である小遣いを、
どう使っていくか深く考えるようになります。

なんせ、ノートに色々書いてまで得た小遣いですからね。
安易に使えなくなっちゃいます。

そういうことから「使うお金」「貯めるお金」についての
価値観を見出してあげるといいのではないでしょうか。

もちろん、この方が「絶対に良い!」とは言えません。
おうちの事情や子供の正確に合う合わないは大きく影響してきます。

だけどもしちょっとでも可能性があるなら、
是非とも試してみてください。

やる価値はあると思いますよ!

まとめ

いかがでしたか?
自分が子供の頃の小遣い金額なんて、正直あんまり覚えていません・・・。

ですが上記で書いた平均金額よりも少し低かった気がします。

私は高校生のときにアルバイトなんかもしてなかったので、
小遣い頼みでしたか幸いあまり物欲がなく。

洋服などのオシャレにも興味を持ち始めたのが大学生から
だったのが幸いしたようです。

子供によって何に興味を示すかでも、小遣いの金額に変動が
起こるような気がするんですが、どうでしょう?

「今は〇〇が流行ってるのね、だったら今の金額じゃ少ないかな?」

なんて考えてしまう親も少なからずはいるのではないでしょうか。

子供からするとすごいありがたいことですが、将来的な金銭感覚を養う
上ではあまりおすすめ出来ないですよね。

なかなか金銭感覚を養うのは難しいと思いますが、
おすすめの「新・報酬制」は試してみる価値があると思いますよ!

お金や小遣いについて話し合う機会なんてないと思いますが、
この機会に是非お話してみてくださいね。

スポンサードリンク

 
  関連コンテンツ  

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ