ひな祭りはいつから始まった?歴史と由来や桃の節句と呼ばれる理由は?


年が明け、大寒を迎え寒さもこれからが本番!

寒い2月を過ぎれば暖かな春、3月3日はそう《ひな祭り》です。

毎年ひな人形を飾ってお祝いしているけれど、
ひな祭りっていつから始まったの?

桃の節句と呼ばれるその理由とは?

という事で今回は《ひな祭りの歴史や由来について》ご紹介致します!

ひな祭りの時期が地域によって違うって・・・ホント??

スポンサードリンク

ひな祭りの歴史!ひな祭りはいつから始まったの?

今では、女の子のいるおうちは、当たり前のように雛人形を飾ります。

一体いつから・・・

ひな祭りの歴史!ひな祭りっていつから始まったの??

【ひな祭りの歴史】

ひな祭りの起源とされているのは《中国》

古来中国では、3月最初の巳の日《上巳》の日に水辺に出て、
身を浄める禊(みそぎ)の習慣、
また不浄を紙の人形に移して川へ流すという風習がありました。

この風習が平安時代に日本へ伝来。

当時、上流階級である“貴族社会”の少女たちの間で楽しまれていた
おままごと《ひいな遊び》と重なり合って、
現在のひな祭りが行われるようになったと言われています。

平安時代のひな人形は主に《立ちびな》で、
現在のような段飾りの物が広まったのは江戸時代中期以降だそう。

ひな祭りの由来と祝う理由は?

ひな祭りの由来と祝い理由とは??

【ひな祭りの由来 お祝いする理由】

中国の上巳の日のお祓いが起源となっているひな祭り。

不浄を取り払うお祓いのための人形と、
おままごととして少女たちが遊んでいた人形がいつしか《同一視》されるようになり、
室町時代には男女一対の人形を贈呈する風習が始まります。

そして、不浄や災難などを人形に移し、
災いから身を守るという意味合いのものから、
次第に《女の子の幸せを願う》意図へと変化。

現代では、女の子の成長を喜び、幸せを願う象徴として《ひな人形》を飾り、
家族でお祝いする年中行事となっているのです。

なぜ桃の節句と呼ばれるの?桃の花を飾る理由は?

どうして桃の節句と呼ばれるの?桃の花を飾る理由とは?

【桃の節句と呼ばれるのは何故?】

《桃の節句》とも呼ばれるひな祭り。

桃の花を飾ったり、桃花酒を頂く風習がありますよね。

唐時代の中国の暦法で定められた季節の変わり目である《節句》は、
季節の植物からパワーをもらい邪気を払うという目的から始まったそう。

3月3日の上巳の節句には桃を、
5月5日の端午の節句には菖蒲を、
7月7日の七夕には笹を、
と季節毎の植物が飾られ、
そこから生命力やパワーを頂くという意味が《節句》には込められているのです。

ではどうして桃の花?

時期的な事の他に、実は桃の花には《邪気払い》の効き目があるとされ、
中国の上巳の日のお祓いでも不浄を取り除く物として使用されていました。

更に、百歳(ももとせ)まで生きられるようにという
不老長寿の願いも込められていたそう。

そういった理由から、わが子の末永い幸せや健康を願い、
ひな祭りに《桃の花》を飾るようになったと言われています。

ひな祭りの時期はいつ?地域によって違うのは何故?

ひな祭りの時期っていつ?地域によって違うのはどうして??

【ひな祭りの時期】

ひな祭りと言えば3月3日!

全国的に3月3日にお祝いしているのかと思いきや・・・実は地域によって異なります。

ひな祭りの3月3日は、実は旧暦での3月3日の事ですので、
新暦に当てはめると《3月の終わりから4月の頭》あたりとなるのです。

4月の頭ともなれば、ぐっとポカポカ春めいてくる時期。

ですので、
ひと月おくれの《4月3日》にひな祭りを行う地域が全国各地に存在しています。

また、ごく少ない様ですが、旧暦の3月3日に行うという地域も。

旧暦の日付に沿い行われてきた年中行事が新暦に変更になった際、
その場所毎により様々な対応が取られたことにより、地域差が生じたとされています。

~ひな祭りの時期~

日付のままに《3月3日》の地域

旧暦の《3月3日》に当たる日にお祝いする地域

旧暦になぞらえ、ひと月遅れの《4月3日》の地域

   

まとめ

いかがでしたか?

ひな祭りの歴史や由来、お分かりいただけましたでしょうか。

地域によっては、3月3日、4月3日と2時期ともに
ひな祭り商品を販売するスーパーなども存在するそうです。

ご自分の生まれた場所や祖父母の家、また嫁ぎ先などの違いなど、
皆と話をするのも楽しそうですね。

前日に一日飾るだけの《一夜飾り》はお正月飾り同様、
縁起の悪いものとされています。

そして《4日は送り節句》《5日に片づける》のが正式だそう。

ですが、天候などもありますので、ひな祭り後なるべく早め、
《湿度の低い晴れた日》にしまうのがおすすめです♪

スポンサードリンク

 
  関連コンテンツ  

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ