2018年のイースター(復活祭)はいつ?何をする日?由来は?


本日お届けするのは、春を祝う《イースター》

大型レジャー施設などでもイベントが開催され、
日本でも徐々に浸透してきていますよね。

ハロウィンに次ぐ、一大イベントとなる日も近いかも!

けれどそもそも、イースターって何をする日なの?

2018年イースターはいつ??

イースターの意味や由来は??

そんな疑問もこれを見ればまるわかり♪

イースターと言えばコレ!

《イースターエッグ》の作り方もご紹介致します!!

スポンサードリンク

イースター(復活祭)って何をする日なの?

2~3年前から耳にすることが多くなったイースター。

大手スーパーや、ケーキ屋さんでもよく目にするようになりました。

ところで、

イースター(復活祭)って何をする日?

【イースター(復活祭)は何をする日なの?】

イースターの日には、クリスマスと同様に
《家族でごちそうを食べてお祝いする》のが現在の風習です。

更に、エッグハント(卵狩り)やエッグロール(卵転がし)など、
卵を使用した遊びを行うのも特徴♪

綺麗な模様を施した《イースターエッグ》を隠し、
皆で見つけるのがエッグハント、

イースターエッグを割らないよう転がして遊ぶのがエッグロールです。

アメリカのホワイトハウスでも、
毎年敷地の中で《エッグロール》のイベントが行われるそうですよ♪

イースターの日は毎年違う!日の割り出し方は?

イースターの日は毎年違う!?

日の割り出し方とは?

【イースター開催日】

クリスマスと違い、なんとイースターの日付は毎年違います!

それは、《春分の日の後の最初の満月の次の日曜日》と設定されているので、
月の周期によってズレが生じるため。

グレゴリオ暦を採用する日本を含め多くの国では
《3月22日から4月25日の間》に行われることになります。

年により、最大でひと月ほどの違いが出るイースターの日。

気になる2018年のイースターはいつ?

次の項目で見ていきましょう♪

2018年のイースター(復活祭)はいつ?

毎年、日が違うのは、大変ですが、
いつなのか?という楽しみはあります。

2018年のイースター(復活祭)はいつなの?

【2018年のイースター(復活祭)】

《春分の日の後の最初の満月の次の日曜日》に行われるイースター。

春分の日は《3月21日》

2018年、春分の日の後の最初の満月は《3月31日の土曜日》

最初の満月の次の日曜日は《4月1日(日)》

という事で、

2018年のイースターは《4月1日(日)》になります!

ちなみに2017年は4月16日、2016年は3月27日、

2019年は4月28日!!

本当に、日付にかなりバラつきがありますね。

イースターの由来や意味は?

イースターの由来や意味とは?

【イースター 意味や由来】

クリスマスと同様、家族そろってお祝いする習慣のある、
《復活祭》を意味するイースター。

十字架にかけられ亡くなったイエス・キリストが
《3日後に復活》されたことを祝う記念日なのです。

春分の日の後の最初の満月から数えて最初の日曜日に祝うようになったのは、
キリストが復活されたのが《日曜日》だったため。

イエスキリストが行った数多くの奇跡の中でも最大である《死からの復活》

キリスト教において、現代も最も重要な一日として、
多くの教会で特別な礼拝が行われています。

イースターエッグとは?

イースターには、卵らしいけど・・・

なぜ?卵。

イースターエッグって?

【イースターエッグ】

イースターに欠かせないのがイースターエッグ!

卵を使う理由としては、動かない《卵の殻》を破り新しい命が誕生することから、
《死と復活》《生命の始まり》を象徴しているとされています。

更に西欧では、子供をたくさん産むことからウサギを《豊穣の象徴》とする
《イースターバニー》も定着。

ウサギをかたどったチョコレートなどが人気だそうですよ♪

意外と簡単!

イースターエッグを手作りしちゃおう♪

~イースターエッグの作り方~

〇使うもの〇

たまご・ボウル・フォーク・接着剤・色付けの道具・ビーズ、
マスキングテープなどの装飾品

〇作り方〇

①フォークの先1本のみが卵に当たる様角度を付け、
慎重にトップの部分に穴を空けます。

②穴の中に楊枝を刺し、黄身を潰したら中身をかき出します。

③水でよく洗って完全に乾かします。

④ペンや絵具で色を塗ったり、接着剤でビーズやスパンコールをつけたり、
マスキングテープでデコったり・・・とお好みで装飾すれば完成!

   

まとめ

いかがでしたでしょうか。

イエス・キリストの復活を祝う《イースター》

2018年の日付は《4月1日の日曜日》です♪

お子さんと一緒にイースターエッグを作ったり、
ウサギさんの型でクッキーを作ったりしても楽しそう!

これを機会にキリストの愛について勉強してみるもよし、
難しいことはよく分からないけれど、イベントとして楽しむのもまたよし。

年に一度の《イースター》

ご家族やお友達と、とびきり楽しい時間をお過ごしくださいね♪

スポンサードリンク

 
  関連コンテンツ  

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ