ひな祭りの由来を簡単に!子供に分かるように説明してみよう!


あかりをつけましょぼんぼりに お花をあげましょ桃の花♪

家族で女の子の健やかな成長を祈る《ひな祭り》

日本での欠かせない年中行事の一つですよね。

どうしてひな祭りは行われるようになったの??

何故3月3日??

という事で本日はひな祭り由来についてご紹介致します!

小さなお子さんでも分かる
簡単説明バージョン》も合わせてご覧下さいね♪

スポンサードリンク

桃の節句って?

日本には、桃の節句・端午の節句など、いくつかの節句があります。

一般に桃の節句は3月3日。女の子の節句といわれています。

では、桃の節句とはどの様なものなのでしょう?

【桃の節句】

伝統的な年中行事を行う節目の日である《節句》

年間にわたり様々ある節句の中で、
江戸時代に幕府が公的な行事として定めた5つの節句の内のひとつが
《上巳の節句(漢名)→桃の節句》です。

人日(じんじつ)→七草の節句(1月7日)

上巳(じょうし)→桃の節句(3月3日)

端午(たんご)→菖蒲の節句(5月5日)

七夕(しちせき)→七夕(7月7日)

重陽(ちょうよう)→菊の節句(9月9日)

毎年3月3日に、女の子の健やかな成長を祈り行われる年中行事《桃の節句》

日本のよき文化・風習として今に伝えられています。

ひな祭りの由来は?

桃の節句は、女の子の節句でもあるので、ひな祭りといわれ、
雛人形を飾ります。

ひな祭りの由来とは?

【ひな祭りの由来】

3月最初の巳の日という意味のある《上巳》

古く中国では、
上巳の日に川で身を浄める禊(みそぎ)の習慣があったそうです。

川で身を清めて不浄を払うこの中国での習慣が平安時代に日本へと伝来。

日本の貴族社会で行われていた《雛(ひいな)遊び》と結びつき、
祓い人形と共に身の汚れを水に流して清める意味のある《流し雛》
に発展したのがひな祭りの由来とされています。

平安時代に飾られていたのは主に《立ちびな》で、
現在のような、組段・豪華な飾りなどを施すようになったのは
江戸時代に入ってからだそう。

ひな祭りは何故3月3日なの?

ひな祭りはどうして3月3日に行うの?

【ひな祭りを3月3日に行うワケ】

ひな祭りを3月3日に行う理由は上記の通り
《3月最初の巳の日という意味のある《上巳》に身を浄める習慣が日本へ伝わったから》

ただ、最初の頃は女の子のお祝いという概念はなく、
《厄払いや邪気払い》として男女ともに行っていた行事でした。

3月最初の巳の日と変動のあったこの行事を、
江戸幕府が3月3日に制定、更にひな祭りを飾ることから、
女の子の成長を願う日とされたと言われています。

ひな祭りの過ごし方は?

せっかくの、女の子の節句。

盛大にお祝いしたいですね。

ひな祭りはどんな風に過ごす?

【ひな祭りの過ごし方】

女の子の成長を願うひな祭り♪

その過ごし方をご紹介致します!

〇ひな人形を飾る〇

これがなくては始まりません!

厄払いの意味もあるため一夜飾りはNG、
二十四節気の《雨水》の日に飾ると良縁に恵まれると言われています。

2018年の雨水は2月19日(月)です♪

〇桃の花を飾る〇

桃の節句と言われるひな祭り。

《魔除けの力がある》とされていた桃の花を入れた風呂に入るなどして、
中国では上巳の節句に邪気払いとして使用していたそう。

また、ちょうど桃の花がきれいに咲く時期と重なった事により、
ひな祭りには桃の花を飾るようになったそうですよ!

〇ごちそうを食べる〇

ちらし寿司→ひな祭りと言ったらちらし寿司!
具に使われるエビ→長寿 レンコン→見通しがきく と、
縁起の良い食材が使われているのが特徴です。

ハマグリのお吸い物→貝がペアになっていることから良縁の象徴とされます。
またハマグリには、女の子の美徳と貞節の意味も。

菱餅→赤(桃)白(雪) 緑(草) と、3月の季節を色で表し、
桃(生命)白(純白)緑(芽)と健やかな成長を願う意味も込められます。

ひなあられ→外でひな遊びをする際に持って行ったとされる携帯用の食料が由来。

白酒→桃が百歳(ももとせ)に通ずることから飲まれていた桃花酒が江戸時代に白酒に変化。

初節句の場合は、両家の祖父母を招いてお祝いするのが一般的です。

ひな祭りの由来を小さな子供にも分かるように簡単に説明してみよう!

小さなお子さんにも分かる!

簡単説明バージョンはこちら♪

【小さなお子さん向け ひな祭り】

3月の3日はひなまつりだよ。

ひなまつりって言うのはね、○○ちゃんが元気に大きくなってくれますようにって、
家族みんなでお願いをする日なの。

ひなまつりの日が来る前にひな人形を飾っておくんだよ。

どうしてひな人形を飾るかって言うとね、
ひな人形には〇〇ちゃんを悪い事や嫌な事から守ってくれる力があるの。

〇〇ちゃんのお守りでもある《ひな人形》を飾って、
みんなで一緒にひなまつりしようね♪

まとめ

いかがでしたでしょうか。

《ひな祭りの由来や過ごし方》

ひな祭りに頂く食べ物にも、そんな意味が込められていたんですね。

ひな祭りが過ぎた後、
いつもまでもひな人形を飾っておくとお嫁に行くのが遅れる・・・と言われるけれど、

それは何故?

それには、「片付けもできないようではきちんとした女性になれない」との
戒めの意味が込められているそう。

また、可愛いわが子の災厄の身代わりとなってくれるひな人形を
いつまでも置いておくのは《縁起が悪い》ともされています。

節句が終わったら、なるべく早いうちにしまうようにしてくださいね。

スポンサードリンク

 
  関連コンテンツ  

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ