初めてアイススケート行く時の子供の服装や必要な持ち物は?


スキーやスノーボードなど、
ウインタースポーツを楽しめる季節になりましたね。

今年は初めて子供と一緒に!

そんなご家族も多くいらっしゃるのではないでしょうか。

数ある人気ウインタースポーツの中から、
本日お届けするのは《アイススケート》!

スケートに子供と一緒に行く際の服装選びのポイントは?

必要な持ち物や、注意点などを詳しく知りたい♪

という事で今回は
《初めてのアイススケート子供服装や持ち物について》ご紹介致します。

ご家族で素敵な思い出作り、冬のスケートを思う存分楽しみましょう!!

スポンサードリンク

初めてアイススケート行く時の子供の服装選びで気を付けることは?

ウインタースポーツもいろいろ。

冬だけに寒い・・・

初めてのアイススケート!

子供の服装選びで気を付けるポイントとは?

【アイススケート 子供の服装選びのポイント】

お子さんと初めてのアイススケート!

出先で、しまった・・・とならない様、
洋服選びのポイントを抑えて行きましょう♪

〇必ず長袖長ズボン〇

女の子でも、必ず長ズボンを着用しましょう。

転んだ時の衝撃を弱めるため、レギンスなどよりも厚手のズボンがおすすめ!

スカートやキュロットにタイツやニーハイソックスなど、
お出かけ着としてはとっても可愛いですが、アイススケートには不向きです。

肌が出ていると、転んだ際に切ってケガをしてしまう恐れも。

アイススケートには、長袖長ズボンが鉄則です!

〇手袋〇

アイススケートに手袋は必需品!

手袋着用でないと、滑走出来ないスケートリンクもあります。

防寒の面はもちろん、

手袋をしないままだと、転んで手を付いた時、
また、衝突時などに周りの人のスケート靴のエッジで手を切ってしまう可能性も!

安全のためにも、手袋は必ず着用しましょう。


   

〇脱ぎ着しやすく、動きやすい服装〇

とにかく代謝が良いのが子供!

滑走前は寒さに震えていても、滑り出すと暑くなって汗をかきます。

上着を含め、なるべくサッと脱いでサッと着られる、
着脱が楽な服装で挑みましょう。

着脱の面倒な、オーバーオールなどはNG!

また、窮屈でなく、普段着慣れた服がおすすめです。

〇水分を吸いにくい素材〇

上達するまではとにかく転びます。

転ぶ度におしりや腰、腕あたりにも水分が付着しますので、

綿素材のコートなどよりも、
はっ水効果のあるパーカーやダウンジャケットなどかおすすめ!

あまりモコモコしすぎていると動きづらいので、
適度な厚みのものが良いですよ♪

初めてアイススケート行く時の子供の服装

始めてのアイススケート!

子供の服装選びのポイントをふまえて、

これで完璧!子供の服装♪

【アイススケートでの子供の服装例】

上記のポイントをおさえた、おすすめの服装はこちらです♪

インナー:ヒートテックなど温かくて薄手のもの

:長袖のトレーナー

:長ズボン(ジーンズなど厚手のもの)

上着:水を通しにくいポリエステルやナイロン素材のものがおすすめ

その他:手袋と厚手の靴下(摩擦や靴擦れ防止のため)

子供とアイススケート行く時の必要な持ち物は?

寒さ対策もふまえて、

子供とアイススケートに行く時、持っていくべき持ち物とは?

【子供とアイススケート 持ち物】

〇着替え〇

お子さんとのお出かけで着替えは必需品!

特にスケートは上達するまでは何度も転ぶため、
お尻や膝が水でビチャビチャ・・なんてことも。

風邪を引かせないためにも、靴下や下着も含め、
着替えは一式必ず持参していきましょう。

〇手袋〇

上述の通り、アイススケートでは必ず手袋を着用しましょう。

はっ水効果のある厚手のものが好ましいですが、
無い場合は毛糸の物でもOKです。

必ず持参しましょう♪

〇タオル〇

転んだ時に氷を払ったり、着替えの際にも必要になります。

フェイスタオルサイズのものを何枚か持っていくと良いですよ!

〇帽子〇

防寒面を含め、万が一頭を打ってしまった際に、
多少はクッションになります。

坊主頭の男の子などは、
とくに厚手のニット帽などを被るのがおすすめです。

幼児で心配な場合は、自転車用のヘルメットを持参しても♪

〇水分〇

出先の自動販売機で購入しても良いですが、
アイススケートは汗をかきます。

知らず知らずのうちに脱水・・・なんて事がないよう、
こまめに水分補給を促しましょう。

〇湿布やばんそうこう〇

もしもの時に備えて持参しておくと安心です。

普段使わない筋肉が疲労するため、
足を痛がった時には湿布が役立ちます。

〇防水スプレー〇

洋服や手袋にスプレーすると、はっ水効果を得られる防水スプレー。

心配な方は持参すると良いでしょう。

アイススケートをする時の注意点は?

怪我なく、楽しくアイススケートをしたいですね。

リンク内のルールを守って滑りましょう。

アイススケートをする時の注意点とは?

【アイススケート 注意点】

それでは最後に、アイススケートをする際の注意点を見ていきましょう!

〇滑走方向を守る〇

滑走方向を守って滑りましょう。

逆走は衝突など、トラブルやケガの原因になります。

〇転んだらすぐに起き上がる〇

とにかくよく転びますが、
転んだらすぐに起き上がることを教えてあげましょう。

そのまま氷の上に座っていては、水を含んで洋服が大変なことに!

また、滑ってくる人の邪魔になったり、接触の要因にもなってしまいます。

転んでもすぐ起きる!が鉄則です。

〇プロテクターがあれば借りる〇

プロテクターの貸し出しを行っている場合は、必ず借りるようにしましょう!

打撲などのケガの予防になります。

〇靴ひもはしっかり結ぶ〇

靴ひもがほどけると思わぬ転倒の原因に!

解けないよう、しっかりと結んであるか確認してあげて下さい。

しっかり結びましょう!

まとめ

いかがでしたでしょうか。

お子さんと初めてのアイススケート♪

服装や持ち物など、是非お出かけの参考にしてみてくださいね。

坊主の男の子は帽子を、
また髪の長い女の子は邪魔にならない様、
まとめてあげるようにしましょう。

その際、転んだ際に危ないので、
ヘアピンはなるべく使わないこと!

貸し出し用のヘルメットを設置しているスケートリンクもありますので、
心配な場合は問い合わせしてみて下さいね。

スポンサードリンク

 
  関連コンテンツ  

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ