さつまいものカロリー!一本ではどれくらい?ダイエットはできるの?


あったかい焼き芋が食べたくなる季節ですね♪

ホクホクで美味しく、お腹にもたまる《さつまいも》

甘いしカロリーも高そうだけど、さつまいもでダイエットってできるの?

という事で今回ご紹介するのはさつまいも DE ダイエット》

一本あたりのカロリーは?

さつまいもで痩せるためにはどうしたら良い??

美味しいおいもで上手に痩せるヒント、たっぷりとお届け致します♪

スポンサードリンク

さつまいものカロリー!一本ではどれくらい?

ジャガイモ・里芋・さつまいもと芋も、いろいろあります。

天ぷらから、スイートポテトまで、いろいろと活躍のさつまいも。

さつまいものカロリーってどれくらいなの?

【さつまいも カロリー】

さつまいも、100グラムあたりのカロリーは

《132キロカロリー》です。

Mサイズのさつまいも一本は約《200グラム程》ですので、
一本で《254キロカロリー》程度。

白米のカロリーは、100グラムあたり《160キロカロリー》

大きめご飯茶碗一杯分(200グラム)で《320キロカロリー》

同じ炭水化物ですが、白米に比べると若干カロリーは低めです。

さつまいもでダイエットはできるの?

炭水化物は太るといって、夕飯は、ご飯を食べない人もいるといいます。

実際に、私も末っ子もそのひとりです。

では、ご飯と一緒の炭水化物のさつまいも。

さつまいもでダイエットはできる?

【さつまいもでダイエット】

さつまいもでダイエットは・・・可能です!

腹持ちもよく、満腹感を得やすいというのもダイエットには最適!

そして、さつまいもは高栄養食材です。

食物繊維、ビタミンC、ビタミンE、βカロテンなどなど、
美しさを保つために欠かせない栄養素がたっぷり♪

さらに注目すべきは、
さつまいもを輪切りにした際に出てくる白い乳液状の成分《ヤラピン》

胃の粘膜を保護し、便を柔らかくする作用があるため、
便通の改善に役立ちます。

栄養価も高く腹持ちに優れ、食物繊維&ヤラピンパワーでお腹スッキリ!!

女性が大好き《さつまいも》は、
ダイエットにも効果的な食材であると言えそうですね♪

さつまいもで痩せるためには?

さつまいもでダイエットは可能と言っても、
炭水化物です。

さつまいもで痩せるためにはどうしたらいい?

【さつまいもダイエットのポイント】

〇主食として食べる〇

おかずで食べてもダイエットにはなりません。

主食としてさつまいもを食べるようにしましょう。

《ご飯のかわりにさつまいも》が、さつまいもダイエットの鉄則です!

〇皮ごと食べる〇

さつまいもの皮にはポリフェノールがたっぷり!

健康面はもちろん、
抗酸化作用で身体のサビを防ぐアンチエイジング効果が期待できるポリフェノール。

ダイエット中に是非摂り入れたい成分です。

剥いてしまうなんてもったいない!出来れば皮ごと頂きましょう♪

〇甘みや油を加えない〇

砂糖などで甘く煮たリ、バターをたっぷり縫って食べるのもNG。

そのままシンプルに頂くのが基本です。

〇食べ過ぎない〇

主食の代わりだからと言って、食べ過ぎていてはカロリーオーバー!

お腹いっぱい食べてしまうのはNGです。

ほどほどに頂くようにしましょう。

〇食事の最後に食べる〇

野菜の煮物やサラダ→肉や魚などの主菜→炭水化物(さつまいも)
の順で食べるのが理想です。

血糖値の上昇をゆるやかにして太りにくくするため、
糖質の少ないものから多いものの順で食べるようにしましょう。

痩せるにはカロリーと共にGI値を意識しよう!

ダイエットはカロリーと共にGI値を知ることから!

【ダイエットとGI値】

食後血糖値の上昇率を表す指標である《GI値》

食べた食品が体内で糖に変わり
《血糖値が上昇するスピード》を計って算出されています。

食後、細胞内に取り込まれた糖はインシュリンによってエネルギー消費されます。

が、GI値の高い食品を摂取すると大量のインシュリンが分泌、
エネルギーとして消費されない糖が、脂肪となって身体に蓄積されてしまうのです。

ですので、ダイエットにはカロリーもさることながら、
GI値の低い食材がおすすめ!

GI値が低い程血糖値の上昇が遅くなり、
インシュリンの分泌も抑えることが可能です。

ダイエットに適しているとされるGI値は《60以下》

さつまいものGI値は《55》

白米のGI値は《81》

食パンのGI値は《91》

  

白米や食パンよりも断然糖の吸収がおだやかなさつまいも。

血糖値の上昇がゆるやかになるため、
脂肪を溜め込みにくくなる効果が期待できますよ♪

まとめ

いかがでしたでしょうか。

《さつまいものダイエット事情》

美味しい上にダイエットにも良いなんで、本当に優秀食材ですよね♪

さつまいもの食べ方ですが、
急激に加熱するよりも、ゆっくりと加熱してあげることで甘みが増します。

時間に余裕があれば、
レンジでチン♪よりも、ふかして食べるのが断然おすすめ!!

保存方法ですが、冷やし過ぎると甘みが薄れてしまうので、
冷蔵庫保存はなるべく避けましょう。

新聞紙などにくるみ、
気温10℃~15℃度程度で風通しの良いところにおくようにすると
美味しく長持ちしますよ♪

スポンサードリンク

 
  関連コンテンツ  

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ