鏡開きの意味と由来!関西と関東で違う理由とは?


前回ご紹介した《七草粥》に引き続き、今回もお正月の年中行事!

鏡開きについてご紹介致します。

鏡開きに込められた意味とは?

その由来や、日にちを知りたい!

毎年お正月に行われる恒例行事《鏡開き》

気になるギモンを分かりやすくお届け致します♪

関東で関西では、鏡開きが違うってほんと??

スポンサードリンク

鏡開き(鏡割り)とは?

お正月の行事の一つ、鏡開き。

最近では、保育所でも、鏡開きをするところがあります。

その鏡開きとは??

【鏡開きとは】

鏡開き・鏡割りとは、お正月に供えた鏡餅を、下げて食べる儀式の事。

包丁などの刃物で切るのはNG、
手で欠いたり、槌でたたいて割り、細かくして頂きます。

お雑煮やお汁粉、かき餅などにして食されるのが一般的です。

あったかレシピ!包丁では切らないで♪

鏡開き(鏡割り)の意味は?

お餅を割るのに、鏡開き?

鏡開きの意味とは?

【鏡開きの意味】

お正月にお供えした鏡餅をさげて食べる《鏡開き》

鏡は《円満》を、開くは《末広がり》を意味します。

日本では古来から、
《神様にお供えした食べ物には力が宿る》と考えられていました。

鏡開きには、神様に感謝しながらお供え物を食べる事で、
一年の無病息災を願うという大切な意味が込められています。

鏡開き(鏡割り)の由来は?

では、この鏡開きいつ頃から、言われたのでしょう。

私の生まれたころには、もう始まっていましたが・・・

鏡開きの由来とは?

【鏡開きの由来】

鏡開きはもともと武家から始まった行事。

武家では、お正月に鏡餅を神様に供え、
正月11日に割って食べる風習がありました。

男性は、鎧や兜の呼び名《具足》にお供えした《具足餅》を

女性は、身だしなみを整える《鏡台》にお供えした《鏡餅》を
お雑煮にして食べたのが、現代の鏡開きの由来と言われています。

武家社会において《切る》は切腹を意味することから禁忌、
上述通り手や木槌で割って食べますが

《割る》では縁起が悪いため、《運を開く》にかけ
《鏡開き》と呼ばれるようになったそうです。

2018年の鏡開き(鏡割り)はいつ?

2018年の鏡開きの日はいつ?

【2018年の鏡開き】

2018年の鏡開きの日にちは《1月11日(木)》です。

地域によって、また休日などの関係で異なる場合もあります

が、
基本的に毎年1月11日が鏡開きの日とされています。

が!

これは関東に限ってのこと。

関西では《1月20日》に行われる事が多いのです。

正月の松飾りを立てておく期間である《松の内》ですが、
全国的には《1月7日まで》とされています。

ですが、関西では多くの地域で《1月15日まで》

この松の内の期間が《1月15日まで》となる地域においては、
《鏡開きが1月20日》に行われる場合が多いようです。

鏡開き(鏡割り)が関西と関東で違う理由とは?

鏡開きが関西と関東では違うってほんと??

その理由とは?

【鏡開き 関西と関東で違う理由】

では、関西と関東で、
どうして鏡開きの日に違いが生まれてしまったのでしょうか。

実は、昔は関東でも《二十日正月》と言って、
1月20日に鏡開きを行っていたのです。

ですが、徳川三代将軍・徳川家光が慶安4年4月“20日”に亡くなったため、
月命日である“20日”を忌日として避け、《1月11日》に行うようになったそう。

が!

遠く離れた関西にはこの情報が広まらなかったため、
1月20日のままで行われているそうです。

鏡開きが11日に行われるようになった関東では、
鏡開きの日にちの変更に伴い、

松の内も《1月15日》から《1月7日》へと変更されたそうですよ。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

《鏡開きの意味と由来》

毎年、当たり前のように行ってきている行事ですが、
そんな意味や由来があったんですね。

鏡餅を下げるだけで《鏡開き》と勘違いしがちですが、
下げた後、食べなければ意味がありません。

神様のパワーを有難く頂戴すべく、力の宿ったお餅を頂きながら、
神に感謝し、来たる2018年の無病息災を祈願しましょう!

スポンサードリンク

 
  関連コンテンツ  

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ