冬の乾燥肌の原因は?対策や改善方法はコレ!


冬になり、気温湿度共に低くなってくると悩まされるのが《乾燥肌》

お顔はカサカサ、ファンデーションのノリも悪くなり、
手足や背中なども痒い・・・

お肌にとっては嫌な季節が続きますよね。

辛い乾燥肌が冬の間中続くなんて耐えられなーい!!

良い対策や改善方法はないの??

という事で、今回お届けするのは《冬の乾燥肌対策

冬に肌が乾燥するメカニズムを知れば、
おのずとその対策法が見えてきますよー!!

スポンサードリンク

冬の乾燥肌の原因は?

冬が近づいてくると、指先がカサカサになりませんか?

私は、早くからクリームをつけることを心がけていますが、
ついつい忘れてしまうことがあります。

そうなると大変です。

指先だけでなく、肌全体が乾燥するんですね。

冬にお肌が乾燥してしまうその原因とは??

【冬の乾燥肌 原因】

冬にお肌が乾燥してしまう原因のひとつ目、それは《湿度》の低下にあります。

夏場などに比べて湿度が低くなる冬。

外気が乾燥することでお肌も潤いを失くしてしまいます。

お肌の潤いを保つために必要とされる湿度は《65パーセント程度》

ですが、12月~4月の間は、外気の湿度の平均が《60パーセント》を下回ります。

湿度60パーセントを切ってしまうと、お肌が潤いを失い、乾燥状態に!!

更に、乾燥肌の原因となるのが《気温の低下》です。

人は寒さを感じると、体温を下げないよう血管が収縮、
結果血液の循環が悪くなってしまいます。

それにより、ターンオーバーの遅れやお肌のバリア機能が崩れ、
乾燥肌を引き起こしてしまうのです。

また、冬場の肌にかゆみが起こる原因は《肌の表面の保護膜が失われるため》

乾燥して皮脂が少なくなる事で保護膜がなくなり、
洗剤やアレルゲンなどの刺激物質に反応してかゆみが生じやすくなるためです。

冬の乾燥肌の対策と改善方法は?

ハンドクリームは、付けるのですが、
他にもいろいろあるようです。

冬の辛い乾燥肌!その対策&改善方法をご紹介致します!

【冬の乾燥肌 対策&改善方法】

〇対策〇

その①加湿器を使用する

お肌の乾燥を防ぐために有効なのが《加湿器》です。

肌のためだけではなく、風邪予防にもお部屋の加湿は効果的。

ただし、過加湿もいけません。

カビの温床となり、新たなアレルゲンに悩まされてしまう恐れも。

お肌に最適とされる《65パーセント程度》を維持できるよう設定しましょう。

加湿器がない場合は、大判のバスタタオルを水滴が垂れない程度に絞り、
部屋にかけておくだけでも大分違いますよ。

楽天 加湿器:https://search.rakuten.co.jp/search/mall/%E5%8A%A0%E6%B9%BF%E5%99%A8/?f=1&grp=product

その②エアコンの風に直接あたらない

エアコンの風が直接当たる場所は避けましょう。

どんなに保湿を心がけても、
温風が顔に当たっていては乾燥がどんどん進みます。

温かい空気は上にあがっていくため、
吹き出し口を床に向けるのがおすすめです。

その③マスクの着用

寒風吹きすさぶ真冬の屋外。

外出の際だけでも、一時的にマスクをすると、
乾燥&肌温度の低下を防ぐ事が可能です。

ただし、紐の擦れや蒸れ過ぎなどでお肌にダメージを与える場合もありますので、
長期の使用はおすすめしません。

〇改善方法〇

その①洗顔方法

洗顔のし過ぎは乾燥肌のもと!

乾燥が酷い時は、朝の洗顔はぬるま湯ですすぐだけでも十分です。

短時間で、また、夜の洗顔も泡をクッションに
なるべく指の摩擦がないようにこすらず洗いましょう。

クレンジングは刺激の少ないミルクやタイプやクリームタイプがおすすめ!

また、暑いお湯はNG、顔はぬるま湯ですすぐのが鉄則です!!

その②お肌の保湿ケア

乾燥肌の保湿で重要なのは《水分を与え、油分で閉じ込める事》

洗顔後速やかにタオルなどでしっかりと水分を拭き取り、
化粧水を肌に馴染ませます。

セラミドなどの保湿成分が配合された美容液を肌に浸透させ、
乳液またはクリームなどの油分を与えて水分の蒸発を防ぎましょう。

ですが、与えれば与えるほどいいという訳ではありません。

化粧水パックなどを長時間してしまうと
角質層がふやけて新たな乾燥の原因になってしまうことも!

貼付の説明書の使用量を守って使うようにしましょう♪

その③お肌に良い食事

食事からも乾燥肌は改善出来ます。

身体を冷やすコーヒーやファーストフード、冷たい飲み物やアイスクリーム、
スナック菓子などの過剰摂取もNGです。

積極的に摂り入れたいのは《ビタミン類》

ビタミンA:代謝を助け、皮膚の潤いを維持する→レバー うなぎ 青魚 卵 乳製品 緑黄色野菜など

ビタミンB:代謝を活発にし、肌荒れなどを防ぐ→レバー 豚肉 卵 納豆など

ビタミンC:コラーゲン生成を促し、プルプルのお肌に♪→パプリカ レモンなど

ビタミンE:抗酸化作用・血行促進→アーモンド アボカド ゴマなど

セラミド:皮膚を刺激から守る・水分の保持→こんにゃく 大豆 黒豆 ひじき わかめなど

   

まとめ

いかがでしたでしょうか。

《冬の乾燥肌の原因・対策と改善方法》

これからいよいよ冬本番、是非対策をして、
辛い乾燥から大切なお肌を守ってあげて下さいね。

洗顔はとにかく《素早く優しく》が鉄則!

擦り過ぎ洗い過ぎは乾燥肌のもとです。

また、ついついやってしまいがちな
化粧水のパッティングですが、おすすめできません。

コットンか手のひらに付けて、肌に押し込むような気持ちで
優しく丁寧につけてあげるのがポイントです!

スポンサードリンク

 
  関連コンテンツ  

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ