寝付きが悪い原因とは?良くする方法はコレ!


どうやってもなかなか眠れないときってありませんか?
「寝たいのに寝れない!」
これは結構ツライものです・・・。

komaru

ちょっと本を読んでみたり、音楽を聴いてみたり、
色々試してはみるものの結局あんまり眠れずに
翌朝を迎える人もいると思います。

一体何が原因なんでしょうか?
寝付きを良くする方法を知りたいですよね!

今回は、寝付きが悪い原因と寝付きを良くする方法
についてご紹介していきます。

スポンサードリンク


 

寝つきが悪い原因とは?

普段、規則正しい生活をしていれば、
寝付きが悪いなんてことはあまりないですよね。

ですが仕事で遅かったり、
子供を寝かしつけるのに遅くなってしまったりと、
なかなか規則正しい生活を送れない場合があります。

特に、パソコンやスマートフォンなどを使う頻度が
高い人は要注意かもしれません。

それでは、代表的な原因をご紹介していきます。

体内時計が乱れている

毎日の生活リズムがバラバラで、起きる時間・寝る時間、
外出時間などの影響により体内時計が乱れてしまいます。

さらに、パソコンやスマートフォン、タブレットなどを
夜遅くまで使用していると眠りを妨げる原因となります。

pasokon

よく耳にするのが「ブルーライト」です。

これは上記で挙げた機器類の画面から出ているもので、
20分以上浴びていると脳が「朝だ!」と勘違いしてしまうのです。

そのため、せっかく眠くなっているところ使用し続けると、
“睡眠ホルモン=メラトニン”が抑制されてしまうのです。

逆にブルーライトの影響時間を短くすればメラトニンは
大いに活性化し、眠気が強くなってきます。

ストレスによる自律神経の乱れ

これは現代社会において大きな要因とも言えると思います。
まず、ストレスを感じていない人はそういないですよね。

sutoresu

特にストレスを強く感じると、
自律神経の交感神経(アクティブ)が盛んになってしまい、
副交感神経(リラックス)が効果を発揮できなくなってしまいます。

「明日の会議が心配で眠れない・・・」

なんて経験をしたことありませんか?
まさに上記のような状態に陥っている証拠ですね。

心身にかかるストレスにより、常に交感神経が優位と
なってしまうことが原因になります。

なるほど、なんだか思い当たるなぁ~という人が
多いんじゃないでしょうか?

確かに、寝る間際までスマホをいじっていたり、
映画を見て夜更かししてしまったりと、
自ら寝付きの悪い原因を作りだしていたんですね。

ストレスに関しても、お休みの日くらいは
仕事のことを忘れてリフレッシュしたいものですよね。

どうにか改善したいところですが、
具体的にはどうすればいいんでしょうか?

寝つきを良くする方法

原因が分かれば改善もしやすくなりますよね!

上記2つの原因を踏まえ、
具体的な改善方法を以下にまとめてみました。

①体内時計をリセットする

  • 毎日、同じ時間に起きる/寝るようにする

  • 起きたら日光を浴びる

  • 適度な運動をする

  • 12~15時の間に約20分昼寝する

  • 就寝1~2時間前には部屋の明かりを暗めにする
  • あとはもちろん

    パソコンやスマホを寝る直前まで
    操作するのは控えるようにしましょう!

    これだけでも結構違うと思います。

    ②自律神経を整える

  • 深呼吸をする。(鼻から大きく息を吸い、口から長めに息を吐く)
  • 好きな香りを枕元に置く
  • お風呂にゆっくり浸かる。(なるべくなら半身浴で、ぬるめ)
  • ストレッチをして筋肉をほぐす
  • ここで一番おすすめしたいのが、最後の「ストレッチ」です。

    マッサージしてもらうと「いつの間にか寝ていた!」
    なんて経験ありませんか?

    これは、筋肉がほぐされることにより、
    副交感神経が優位になりリラックス出来るからなんです。

    なので、簡単なストレッチでも行うと良いですね。

    このとき、良い香りのするクリームなどをつけて行うと、
    よりリラックス効果が高められると思います。

    意外と香りによる効果は侮れないですよ!

    普段生活していて、実は深呼吸する機会って
    そうそうない気がします。

    やってみると結構気持ちが良いもので、
    ちょっとした習慣になるといいですね。

    「平日なかなか湯船に浸かれない!」

    という人は、金曜日の夜から土日などは、
    なるべく入るようにしてみてはいかがでしょうか?

    それだけでも変わってくると思います。

    まとめ

    いかがでしたか?
    寝れないと結構苦しいもんですよね。
    私もなかなか寝つけずに困った経験があります。

    原因はほとんどにおいて仕事でしたが、
    まさか上記のような方法があろうとは・・・。
    もっと早く知っていたかったですね!

    香りの効果は色々なところで出ますよね。

    「あ~今、私絶対癒されてる!」っていう
    香りを経験したことのある人は多いはず。

    aroma

    今はアロマにハマる男性も多いと聞きます。

    老若男女問わず楽しめるものなので、
    お気に入りの香りを持っているといいかもしれませんね!

    脳をはじめ、心身がリラックス出来るような
    ぐっすり寝れる毎日を送っていきましょう!

    スポンサードリンク

     
      関連コンテンツ  

    コメントを残す

    サブコンテンツ

    このページの先頭へ