mvnoとは?格安simとは何?分かりやすく解説!


今ではすっかり「スマホ」が普及していますよね。
それはもう年齢を問わず、色々な年代の人が持っています。

中には、「最近ガラケーからスマホにした!」っていう人も
いたりするんじゃないでしょうか?

そして月額料金を見てびっくり!
「ガラケーのときよりも倍近い!??」となる人多いはず。

kangaeru

そんな状態を解決出来るかもしれないのが、
「mvno」「格安sim」の登場です。
でも何のことなのか、さっぱり分かりませんよね。

今回はその「mvno」と「格安sim」について、
ちょっと難しいですが分かりやすく解説していこうと思います!

スポンサードリンク


 

mvnoとは?何故安い?

まず、「mvno」についてです。
全くもって何のことを言っているのか、さっぱり分からない。
そんな人が多いと思います。

正直、私も調べるまでは何のことか分からず・・・
何回か読み返して何とか分かったという感じです。

以下にちょっとまとめてみましたので、ご紹介しますね。

< 「mvno」ってなに? >

  • 「mvno(仮想移動体通信事業者)」のことを言う。
    (ニフティや日本通信などが事業参入している)
  • 「mvno」=「格安sim会社」である
  • 大手通信会社(ドコモやau)が自社電波網を貸し出したため、
    「mvno」=「格安sim会社」が流行りだした
  • なんとなく分かりますかね?

    感じとしては、パソコンでネットを使う時に契約する
    “プロバイダ”(インターネットへの接続サービスを提供する事業者)
    のようなものだと思います。

    ちょっとこれだけでは伝わりきれないと思うので、
    次の「格安sim」で詳しくお話しますね!

    格安simとは何?分かりやすく解説!

    「mvno」を話す上で、「格安sim」の説明も必要不可欠になってきます。

    ちょっと分かりづらい部分もあるかもしれませんが、
    頑張って分かりやすいように解説していきますね!

    まずは簡単なまとめからです。

    < 格安simってなに? >

  • そもそも、「simカード」というのがスマホに挿入されていて、
    それが電波をキャッチしている
  • 「格安sim」は、“月額通信費が安い通信会社(mvno)の
    simカードを使用すること”で実現できる
  • 「mvno」が販売するsimカードが安いため、「格安sim」と呼ばれている
  • まとめるとこんな感じですかね。

    simka-do
    出典:http://www.so-net.ne.jp/

    通常、大手通信会社(ドコモやau)のスマホならば、
    ドコモやauそれぞれの電波を使ってスマホを使えています。

    これがいわゆる「simロックスマホ」ですね。

    近年、この大手通信会社が自社電波網を貸し出し始めたため、
    その電波を借りて、「格安sim」を販売しているのが「mvno」です。

    そのため通信料金が非常に安く、低価格に抑えることが可能になります。

    ただし、この「格安sim」を使うには現在のスマホでは使えず、
    「simロックフリースマホ」が必要になります。

    では、なんで格安なのかというと以下の理由が挙げられます。

  • 多くの会社が事業参入しているため、「通信料金の価格競争」が起きている。
    (大手通信会社はドコモ・au・ソフトバンクの3社のみ)
  • 「月に〇GB高速通信出来る」という「データ通信料制限」を設けている
  • 以上の2つが大きな理由になります。

    「価格競争」によってどんどん安くなっていることが大きく、
    さらに携帯ショップのようにショップがないため、
    その浮いた分を値段に反映しているため、さらに安くなります。

    そして

    大手通信会社と違うのが、「データ通信量制限」があることです。

    これによって月額通信料金が決まっているため、安く済むのです。

    そのため、今まで月額料金が6,000~7,000円だった人でも、
    1,000円以下に抑えられる可能性が出てくるんです。

    ただし!この「格安sim」の場合には、音声通信(電話)や
    SMSなどが別料金で組まれているため、追加する必要があります。

    さらにオプションとして追加すると多少金額は上がってきます。

    月額1,600円程度で電話とSMS付きのものもあるようなので、
    それでも通常よりは安くなりますよね。

    他にも注意点があります。

    この「格安sim」を使うには「simロックフリースマホ」が必要だ
    とお話していたと思います。

    ドコモのスマホならば、そのまま使えるものもあるようですが、
    基本的には「simロックフリースマホ」を購入する形になります。

    その際、

    「APN設定」がされている「simロックフリースマホ」
    というのがあるので、それを選ぶと設定が楽になります。

    「APN設定」は、どこの会社の電波を繋ぐのかという設定になります。
    いわゆる回線設定ですね。これが正しくないと使用できません。

    ちょっと面倒だなと思う人は、格安sim用にあらかじめ設定されて
    いるものを購入すると楽なのかなと思います。

    中でも評判が良いのは、Googleの「Nexus5」というものです。
    金額は4万円代ですが人気があるようですね。

    どういうものが良いのか、ちゃんと調べてから
    購入検討していきましょうね。

    まとめ

    いかがでしたか?
    今回は結構難しい内容だったかな~と思います。
    自分で書いていてちょっと混乱したりしました・・・。

    「スマホ=高い!」というのが当たり前でしたが、
    「mvno」や「格安sim」の登場でそのイメージも変わりそうですね。

    どこのプランがいいのかとか、使うまでにちゃんと
    調べておく必要がありそうですよね。

    「simロックフリースマホ」は購入代がちょっと高いですが、
    これ、海外に行ってもその国で売られているsimカードを
    挿すだけで海外の電波を使えるようになるので実は便利なんです。

    出張や海外旅行が多い人は、むしろこっちの方がお得かも??
    購入検討したくなっちゃいますよね!

    設定自体をこなしてしまえば、あとはいつも通り使えるようなので、
    是非、月額通信料金を抑えたい人は検討してみてくださいね!

    スポンサードリンク

     
      関連コンテンツ  

    コメントを残す

    サブコンテンツ

    このページの先頭へ