七五三とは?お参りの時期はいつ?数え年?満年齢?早生まれは?


3歳・5歳・7歳を迎えると、家族でその成長を祝う《七五三》

可愛らしい晴れ着姿の小さな子供たちを見かける時期が、
今年も近づいてきましたね。

ごく一般的な行事としてお祝いされ、お祝いしてきた事だけれど・・・

けれどそもそも、どうして七五三をやるの?

お参りの時期って決まってる??

祝うべき年齢や日取りってどうやって決めたら良いの??

という事で今回は《七五三について》ご紹介致します!

コレを読めば七五三マスター!

日本の重要な子供の習俗、この機会に是非覚えてみて下さいね♪

スポンサードリンク

七五三とは?

一年で、祭日以外にも、みんなで一緒に祝う行事は、たくさんあります。

入学式・母の日・父の日・誕生日・結婚記念日・・・など。

七五三もそのひとつです。

そもそも七五三とは?

【七五三とは】

七五三とは、3歳・5歳・7歳と子供の成長を祝う日本の年中行事です。

江戸時代の武家社会から、次第に全国へと広まったと言われている七五三。

乳幼児の死亡率がとても高かった当時、無事に成長してくれたわが子の節目に、
健やかな成長と長寿を祝って始められたのがその由来です。

3歳・5歳・7歳とそれぞれに持つ意味は以下の通りです。

3歳 髪置(かみおき)の儀:将来健康な毛が生えてくるようにと、3歳までは男女とにも丸坊主だった当時。3歳を迎えると、晴れて髪を伸ばし始められる事から。

5歳 袴着(はかまぎ)の儀:男子が初めて袴をはくことを許可されることから。

7歳 帯解(おびとき)の儀:女子が大人と同じ幅広の帯を結び始めることから。

七五三のお参りの時期はいつ?

3歳・5歳・7歳と子供の成長を祝うと言っても、
一年のうちいつでもいいの・・・

七五三のお参り、時期はいつなの?

【七五三のお参りの時期】

七五三のお参りは《11月15日》

旧暦の15日が、鬼が出歩かない吉日にあたること、
また実りの感謝を行う時期でもあることから、

満月の日である15日に行うようになったとされます。

現在では、新暦の11月15日に行われるようになった七五三。

ですが、平日の場合もあることから、
今では11月中の土日祝日にお参りをするのが一般的となっています。

都合がつかない場合などは、10月の末頃に行っても問題ないでしょう。

北海道などの寒冷地では、
寒い時期を避けて一ヵ月早い《10月15日》に行う地域も多いようです。

七五三を祝う年齢は数え年?満年齢?早生まれは?

女の子は、3歳・7歳に。
男の子は、5歳祝うと言われますが、実際は、どうなのでしょうか?

七五三を祝うべき年齢とは?

【七五三を祝う年齢】

当時は《数え年》でお祝いされてきた七五三。

満年齢2歳になる年を数え年の3歳、
満年齢4歳になる年を数え年では5歳、
満年齢6歳になる年を数え年の7歳と数えますので、

実際の年齢より1年早くなります。

ですが、現在では《満年齢》の時にお祝いするのが一般的!

2017年では、

3歳:2014年生まれ

5歳:2012年生まれ

7歳:2010年生まれ

  

となります。

ですが、早生まれの場合は来年度に行ったり、
7歳の乳歯の生え変わりの時期の都合などで、数え年で行ったり

と変更しても問題ありません。

前歯がない写真はそれはそれでとても可愛らしいですが、
一生残る写真ゆえ気になさる親御さんもおられます。

また、兄弟で合わせて行うため、どちらかが時期を調整するケースも。

どうしても満年齢の時に!とこだわらず、
状況によって臨機応変に対応してOKですよ♪

七五三を祝う日はどうやって決めればいい?

前にも述べたように、七五三のお参りは《11月15日》というけれど、
なかなか都合がつかないですよね。

11月の土日祝日や10月の末頃に・・・

でも、せっかくなら、大安吉日に、祝いたいですね。

そこで、七五三を祝う日、どうやって決めたら良いの?

【七五三を祝う日について】

本来であれば11月15日に行う七五三。

ですが上述通り、平日の場合もあることから、
11月の土日祝日にお祝いするのが一般的となっています。

家族やご親せきの都合を照らし合わせて、
早めに予定を入れておくと安心です。

また、着物のレンタルやヘアセットも、
直前では予約が入れられなくなってしまう可能性もあります。

お参り後に親戚一同で会食する場合も、
人気のお店は埋まってしまいますので、早めの予約がおすすめですよ♪

そして気になるのが《六曜》

一日大凶と言われる仏滅は出来る限り避け、
可能な限り吉日を選ぶと良いでしょう。

~お祝いをするのに良いとされる順から~

大安:一日を通して最も良い日です。ただ、合わせて行う方が多いため、混雑するのが難点。

友引:朝と夕方が吉。正午は凶ですので、早い時間か夕方のお参りがおすすめです。

先勝:午前中が吉。午前中のうちにお参りを済ませましょう!

先負:午後が吉。お昼過ぎからの参拝がおすすめです。

赤口:凶。正午のみ吉。

仏滅:一日を通して大凶。が、空いているというメリットも。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

可愛いわが子の成長に感謝し、幸せな将来を願う《七五三》

その由来やお参りの時期など、ご理解いただけましたか??

本来行っていたのは11月15日ですが、
現代では柔軟にお祝いの年齢や時期を決定しているようです。

そして七五三と言えば欠かせないのが、そう、千歳飴!

《千歳飴のように長く生きてほしい》という意味が込められているそうです。

節分の豆のように、年の本数だけ入れる袋に入れると良いそうですよ。

スーパーで手に入る材料で簡単に“手作り千歳飴”もつくれるそうですので、
是非お子さんと一緒にトライしてみては♪

スポンサードリンク

 
  関連コンテンツ  

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ